ずいぶん前から、小池さんがきんしゃあて聞いとったばって、
だ~れも「いっしょに行こ」とか言ってくれん 
ま、64歳じゃ一般的には、お年寄りよ 
気持ちは、「16歳ておばちゃんやね~」と思った時と、なあもかわっとらん 
「悲しき16歳」歌った人も、一人は亡くなんしゃったし 

誰か、「ひとみちゃんとなら行く~」て言う人おらんかね~ 

7月29日(日) 午後2時
 福岡国際ホール16F

7月29日(日)午後2時~



後援会ニュースに載せる原稿を頼まれたのですが、字数が2倍に
いろいろ言われんうちに公開しとこ

新政権の動向をー市長 強調文

議会の一般質問で「農業問題に本気で取り組め」「保育所の民営化は
止めて充実を」と。 答えは、「新政権の動向をみて」。
政権発足から数ヶ月、政府の方針もだいぶ明らかに。
日々の暮らしをみると「よくなった」などとはとても言えない。

急激に改悪!

よくなったどころか保育所についていえば、今でさえ劣悪な保育環境
なのに、その最低の基準さえ緩和し、
子どもはどんどん詰め込みましょう、
企業も参入していいですよ、株主配当も出していいですよ、
給食も外部委託でいいですよ、と、
こどものことは考えず、企業には至れり尽くせり。

財源の作り方が問題

しかも、子ども手当てなどの財源確保のため、扶養控除を無くすという。
扶養控除が無くなれば当然、住民税・所得税は高くなる。
そうなれば税金の額で決まる保育料も上がる。
子ども手当てをもらってもマイナスになる人がでるだろう。

選挙公約破り捨て!

また、ますます悪くなろうとしていることの一つに、
後期高齢者医療制度がある。
すぐに廃止します、という公約を破っただけでなく、
4年後の新しい制度は、これを65歳にまで拡大するという。

日本共産党を大きく!

新政権は、普天間基地の問題でも国民の声は無視してアメリカ言いなり。
しかも、沖縄の負担を減らす、と訓練を日本全土に拡大。
この政権にはもう任せられない。
ましてや、元の名前では戦えない、と雨後の筍のようにでてきた新党にも。
国民の立場でがんばる日本共産党をのばすしかない。今ががんばりどき。



今日、演説会です。

ふくとぴあで午後7時半から

 昨日、選挙管理委員会から、演説会のOK(会場使用)を。
   電話では、先週末に。「志位和夫様」宛てよ。初めて見たばい。
 ばって、みんなには、どうやって知らせるの
 音は出せないしね~

 とにかく、ここでお知らせを

 ふくとぴあ 3階 午後7時半~

  比例の候補者が話すのは、8時からよ。


         私、何をしゃべろうかなあ
           いっぱいありすぎて、迷うばい。5分やき

街角演説会もあります


またまたトイレに

 貸し切りバスで行きました。まん前で降りるつもりだったのに、
 雨に濡れ、クーラーで冷え、我慢できなくなり、とうとう
 昔のダイエーショッパーズ(今もこういう名前かどうか?)前で下車。

 終わったらまた、トイレ。
 親切な人がいて、これを降りたらすぐよ、と、天神地下街を指差します。
 見よんしゃあもんやき、ながいなが~い階段を降りたと。
 いえ、私はこちらから行きます、というのがね~言いきらんと。
 せっかく教えてやりよんしゃあとい、そげんこと言われんばい。

  父が労金に勤めていましたのでこの辺は、小学生の頃から
  ウロウロ。党の常任になったらなったで、万町まで忘れ物を届けに。
  新しい店でのショッピング、というのはしませんが、足が元気な時は
  天神郵便局前でバスを降り、大名、赤坂、電気ホールなどへ。
  ウインドーショッピングは、岩田屋か新天町でした。
  長女妊娠中、ウインドーショッピングに疲れ、初めて喫茶店に入った時は、
  ドキドキしました。真面目な真面目な若い時の思い出です。
  労金の跡って、三越あたりかなあ


 かってしったる地下街ですので、今度は、天神コアの方から、
 エレベーターで地上へ。
 連絡無しに遅れたので、責任者からは叱られるし、さんざんな天神行き。
    責任者は、私の家族です。

 もしかして、誰かに会ったら渡そう、と、ふれあいで、まんじゅうなどを。
 でも、誰にも会わず、バスの中で友人に。

 夫は、こどもに会ったと、帰宅するなり。それを聞くとなお疲れが。
 一行書いて、また眠ってしまいました
 で、今、朝です。雨、やんだかしら

やっと志位さんの顔がわかる写真    この端に綱を持って立っていました・望遠が欲しいけど重いのはね~


なんで天神まで、というのを忘れとったや

 公開後、読んでみると、あら~、やね。
 中身は書かんばって、志位さんの全国遊説第一弾に行ってきたとよ。
 記事は、他の人のを見てください

日刊紙を見たら、全国遊説スタートが、麻生さんの地元よ。
全国的に見ると大きな意義があったっちゃね~
麻生さんのことやら、すっかり忘れとったばい。
聞きたくもない、見たくもないばって、なんて言いよんしゃあか
チラッと聞いて、反論はせないかんね、と、反省。


9月30日追加
お片づけをしていたら、当日の新聞報道がでてきました。

西日本新聞


今日の朝刊に、またまた「福津市」が
  (西日本新聞だったかしら?)
効率的財政運営全国6位


私が昨日作った市政懇談会のお知らせには「効率化」と

 おんなじことを考えようわけじゃないばって、両方に「効率」が。
 そりゃ、効率的にやるこた悪いことやないばって
 誰にとって「効率的」か、やね。

 私の原稿は、まだ、大久保さんに見せとらんき、ボツになるかも
 その前に、公開しとこっと
 隣は、家族に言われて手直しをした分です。7日日刊紙に。

もしかしたら、幻のチラシになるかも(笑) 家族に手直しを、と。「手紙の文章みたい」だって


文章のコピーもしとこうかね

 
    市政懇談会のお知らせ   日本共産党福津市議団 

9月議会が、9月2日から始まります。
後期高齢者医療制度が大きな怒りや不安の中で始まりましたが、6月議会では、4月に始まったばかりの、この制度関連の国民健康保険税条例が、3月に続き議会にかけられるなど、後期高齢者医療制度は廃止しかない!という感をますます強くしました。
また、年金からの医療保険料天引きだけでなく、来年10月からは、住民税まで天引き、というのが、決められました。
来年度は、「効率化」ということで、福間小と福間南小の給食調理が民営化されようとしています。浮いたお金で、食器をアルマイトから強化磁器に、とか、アレルギー食対応を、というのです。ぜひ、多くの方から、意見を聞かせていただければ、と思います。参加をよろしくお願いいたします。

             記

と き 8月19日(火) 午後7時半~9時
ところ ふくとぴあ 2階研修室(わくわくルーム)




私は六月議会で、高齢者の暮しを守る手立てを、と質問しました。
言わずにはおれなかったからです。

今、政府は

 大企業や大資産家には減税、国民には、負担増や福祉の切り捨て
 など、際限のない痛みを押しつけています。

痛みは、高齢者を直撃。税負担5倍・介護保険料負担2倍に

 2年前に比べると、年金・200万円の高齢者(一人暮らし)の
 税負担(所得税と住民税)は、1万1200円から5万6100円に
 もなっています。

 介護保険料は、05年度は、月に2千730円が、06年度からは、
 住民税増税・保険料値上げとも重なり、今年度は、4千428円に、
 来年08年度は、5千248円にもなります。
 そして、後期高齢者医療保険料、消費税増税など、さらに弱いもの
 いじめが続きます。
 (旧福間は、合併前の介護保険料は、2415円。合併で、2,730に)
  (数字は、高齢者一人暮らし、年金収入のみで、年金200万円の例)

危険な安倍内閣

 「過去の戦争が正しかった」、その戦争を遂行した日本は「美しい
  国」だったと、戦前の日本へと、歴史を逆行させようとしています。
 
日本共産党のがんばりどき

 反戦・平和をつらぬいて八十五年の日本共産党こそが、この危険な
 安倍内閣に正面から立ちはだかり、ストップさせることができる政党
 だと考えています。
 憲法改悪でも、格差社会拡大の問題でも、自公に手を貸し、競い合っ
 てきた民主党では、安倍・自公政権の危険な暴走は止められません。
 たしかな野党・日本共産党の議席必ずのばし、この悪政をストップ
 させ、暮らしを守る政治へ切り替えたい、そのためにがんばる決意です。


以上で原稿は終わりですが、次女が打ってくれた上に、また、打つわけ
ですが、なかなかならず、行間を狭く、という注文にも応じられず、
とうとう、狭い別の文章の上に、打ち直しました。
もちろん、大幅に削除した上での話です。
ニュースに載るのは、グッと短くなっています。

今日は、新婦人のパソコン教室の初日です
会費は要らず、何でも訊いていい、ということなので、時間があったら
行こう、と、思っています。失敗作を持ってね。



待ったなし。悪政との競争
                  
 三月議会で総合計画が決められました。(日本共産党は反対)
 自主財源が不足するから、逆風に負けない力を、というのです。

 今までは、自主財源の不足を、国からの交付税や、補助金、借金など
 で補ってきた。しかし、国の借金も 約一千兆円に。
 今、国は交付税や補助金を減らし、地方に税源を移譲する三位一体の
 改革をすすめている。
 だから、これからの自治体は、国に依存せず、これまで以上に適正化
 効率化をすすめ、収入につながる事業には積極的に投資するめりはり
 のある行政経営へと変革しなければならない、というのです。


 税源移譲というのは、今までは国が徴収していた所得税などを減らし
 ますから、市が直接徴収する市民税を増やしなさい、というものです。
 それで、今年の予算は、国からの所得譲与税(3億7千6百万円)と
 いうのがなくなり、市民税が4億6千万円も増えています。

 収入は同じでも、所得税は少し減ったけれど、市民税は大幅に増えた
 のです。
 特に、今まで非課税だった高齢者は、年金は減った上に所得税が
 かかる、しかも住民税は増える、税金が高くなれば、介護保険料が
 上がる、と、大変になっています。


しかも、その上に、後期高齢者医療制度であらたな保険料が

 七十五歳以上の高齢者だけの新しい医療保険をつくり、保険料を徴収。
 しかも年金から天引き。保険料は年々高くなり、払えなければ保険証
 取り上げです。同時に国保税も 65歳から年金天引きにする、と
 いうのです。(来年4月から)


 安倍首相は、少子化対策や企業誘致などに「頑張る」自治体へは地方 交付税の財源配分を増やす、成果を出せば、さらに上乗せする、と。
 そして大企業にはさらに税金をまけてやる。これでは、格差は ます
 ます広がります。


今、ここで変えなければ

 普通に暮らしたい、その願いさえかなわない世の中になろうとして
 います。今からが踏ん張り時です。



ワードでB5に3段、でつくりました。次女が保存していた原稿の
上に打ちました。
印刷すると、文章は消していても、2枚目の紙が出てくるので、
ちょっとだけ、あせりました。
大きな字も、ブログの下書きにくると、み~んな同じになるっちゃね。



新年のごあいさつ     松尾ひとみ

 市議選でのご支援、ありがとうございました。
 市議選直前に右足首を骨折し、入院中です。
 このニュースが届くころには、装具を着けてリハビリ中だと思います。
 今度の選挙ほど「すぐ、お会いしなければ」と思った選挙はありません。
 選挙カーからのうったえを、じっと聞いておられるお年寄りの方が
 何人もおられました。
 ある人などは、私の話が終わると、両手をきちんと揃え、「ありがとう
 ございました」と言われるのです。
 「共産党」というだけで、ビラさえ受け取らない人もまだおられる
 地域です。思わず涙が出そうになりました。

 自民・公明の政治が、いかに人々を苦しめているのかを、まざまざと
 みせつけられた思いです。
 来年は、更に医療制度の改悪で、社会保険の家族となられている高齢
 者からも医療保険料が引かれようとしています。
 早く政治を変えなくては!の思い、ますます強くなります。
 七月の参議院議員選挙を、その突破口にしたい、そのために一日一日
 を大事にし、日本共産党をみなさんの中に広く知らせていきたい、と
 決意しています。
                       2007年1月8日


これで880字。後援会からの、原稿依頼は、20字×15行で300字よ。
難しいね~。
今晩寝れそうにないね~。





| Top |