いつもの金曜日です。

 みちこさんを送った足で、いつもの宗像署へ。
 途中から ものすごい雨
 これはやばい!と思いましたが、ここまで来たからには、とそのまま。
 畦町から大穂へ抜ける道の八並近くの畦町では、自分が跳ね上げた水で
 前が見えず、「うわっ、もうだめ!」と思いました。
 ゆっくり走っても、同じようなことにその後、2度ほど。
    横は川と田んぼでも、道の構造でこんなに水はけが悪いのか、と。

雨はやみましたが

 苅目川へ行きました。
 市の車が数台。業者の車も。
 「ああ、やっぱり!」と。

ポンプ2台で吸い出します。「2台やき、早い」と浸水被害の方    雨量計・こんなに水は減っています。


 「この前は、浸からんやったとい」
 「いやあ、この前より早かったですよ。車やら動かす暇が」
 「小学生が。危ないですよ」
 
 あまりにも度重なるので怒りをぶちまける人、あきらめの境地の人。
 もくもくと片付ける人。
 何言いようも無いけれど、何かできるわけじゃないけれど
 やっぱり行かずにはおられない。

同じパターンだったのに

 2日前、激しく降った時は大丈夫だった、で思い出しました。
 今まで、初めての豪雨で あふれる、ということはあまりなかったなあと。
 団地になったとはいえ、まだ少し雑種地が残っています。
 そこも水を吸収できない時に、少ない雨量でもあふれるのです。
 少ない、といっても、時間雨量にすると、40ミリ以上でしょうが。

安心して眠れる日が早くくればいいのですが

  今、朝です。あまりの眠たさに書きかけで
  寒くて目が覚めましたが、「もう起きとこ」と、残りを
  


5時ごろから原稿を、と。でも雨が気になります。

 6時ごろとうとう出かけました。
 橋にぶつかり、あわや氾濫か、と市に連絡はされたみたいです。
 福岡地方は、夕方にかけて、と言ってましたので油断はできませんが
 とりあえず、今は、小雨です。

心配でたまらない住民の方    あいかわらず古賀市との抜け道です。危ないのにね~

私が来る前、この橋に水が    雨量計?を見てから帰ろう、と。はがれていました。



朝方の雨で濡れた事務所の中を拭いて、苅目川へ

 夜が明けるとが遅なったっちゃね、暗かったばい。
 あそこらへんやね、と、見当つけて、シャッターを。
 3枚とも、きちんとピントが合っていて感心したばい。
 他の日のとも、たくさんあるばって、今日のとだけにしとこ。
 デジカメへの感謝記念にね。

            朝、4時44分               10時16分
真っ暗でも。拭き掃除後でしたので、引いていました。    同じ日、10時16分

                                    10時34分
18分、メモリのあるところで    10時34分、だいぶ水位が低くなりました。


時間雨量130~140mm・10分間26mm
 昨日の全員協議会で市長が報告。
 日にちは言んしゃれんやったごとあるばって、「冠水」て言んしゃったき
 8月9日のことと思うよ。その日だけ福津におらんやったとよ



長崎から帰ったあと、父の原稿の手直し中、緊急電話あり

 「苅目川が今日氾濫した。市役所からもみえるので、来てほしい」と。
 昨日の雨では、かろうじて逆流しなかった。

 長崎の帰り、金立サービスエリアでトイレ休憩できないほど降った。
 福津では、それより1時間ほど早く、午後3時ごろ、激しく、しかも雹まで、と。
 美爾依さんのカナダでは、雹も降ると、ブログに書いてあったが、
 日本もカナダみたいな気候になったのか

水は、排水済みでしたが    まだまだびっしょりです

押入れにも水が    タンスも被害にあいました


30年間、大雨のたびに

 「30年もの間、雨のたびに心配してきた。どうかなりそう」
 今年、やっと立ち退きのための調査費がつき、少しホッとしていたのに。
 
 調査とか設計とか、1年に一つの予算しかつかない時も。
 緊急性のあるのは、1年の間にすべて終るように予算をつけたらいいのに。
 調査せな、立ち退き料やら、わからん、と、言んしゃあかもしれんばって
 その気になったら、案が出てくると思うばい。
 近くの町じゃ、3月の予算議会で調査費をつけ、6月議会で建設費の
 補正予算を組んだところがあったばい。

とにかく、市が下水道予算でやる、と認めたっちき、
期待するしかないとばって、一刻を争うばい、この異常気象やったら。


 畳も、床の板も水につかっとうき、寝るとこから確保せないかんし、
 それを片付けるのにも人手がいるし、ガスも点検してもらわなやし、
 何より緊急なのは、駐車場の確保やね。
 大雨の時、車を避難させていた空き地にまで、水が来た、という話よ。

もともとは、千鳥の調整池を無くしたとが問題と思うとよ

 なんかしらんばって、この問題は、執行部は、いい返事やないと。
 公団から福間と古賀が受け取った(雨水管渠)き、公団には責任がない、
 みたいに考えとんしゃあみたいやしね~

開発、開発できた自民党政治が
みんなを苦しめようとよ。
まともに考えたら、調整池を埋めて家を建てる、
なんて、信じられんばい。
食料不足・飢餓が叫ばれても、
田んぼを埋める区画整理事業
認可するぐらいの政府やきね、仕方がないか
はよ、変えるしかないばい
 

♥ More..Open


朝、事務所の前は、びっしょり。一晩中しとしとやったのかしら

 今日は、お出かけなので、朝、苅目川へ・7時過ぎよ
 途中、虹を見ました。朝の虹なんて初めて

朝の虹

 苅目川は大丈夫でしたが、空はあやしい~

朝の苅目川  あやしい~(もうすぐ家)



帰宅して、頼んでいた友人に

 「大丈夫でした」を聞いて一安心。
 今から、明日の議会の準備をします。


9月18日追記

昨日は、帰る途中、うちばちゃんに
 出かける時、電車に乗る寸前に、うちばちゃんからがあったと。カミナリはなるし、真っ暗に、と。
 それで、あとどうなったかな、と
 そしたら、返信メールが
 「あれから、雷はなるは土砂降りになるは、すごい雨でした。しかし時間はあまり長くなく、その後はしとしと。でも長く降ってたみたい」
 で、帰り着いてすぐ、友人に電話した、というわけよ。
 しとしとでも、降り続いたら、逆流寸前やもんね。




朝、我が家の前で
 
 今日の空はと、西の方を
 ポーチュラカは、2個に

朝の空  雨の前のポーチュラカ


「雨がポツポツ」という うちばちゃんからの苅目川

 古賀市に降ったら、苅目川にきます。
 で、降り出したら教えて、と、頼んでいました。

途中・太郎丸付近


雨は降ってはいませんでしたが、大久保さんが来ると、ちょっとの間

苅目川14時10分ごろ  苅目川14時10分ごろ 2

雨が降り出しました  すぐ小雨に

雨のあとのポーチュラカ


昨日のようには降りませんでしたが、夕方は、けっこうな水量でした

 暗渠に入る時の音はすごいし、流れも速いとよ。
 そして、相変わらず、車は多いいと。
 排水溝からの逆流が無かったき一安心はしたばってね。
 水位が下ったき帰ったけど、台風の影響があるき、心配やね。

苅目川水位19時ごろ  水位19時30分ごろ

逆流は無し!



まだ午後6時半だというのに、真っ暗

 あまりのきつさに、ちょっと横になって、カミナリが光るのを。
 だんだん近くなったので、が心配になってきた。
 が、と言うものだから
 「そげー心配なら、事務所に行ってくればいいったい!」と言われた。
 すぐ近くで落ちた音。もう、間に合わんかなあ、と、心の中で。

 
すごい雨・こんなの初めて

 事務所に行くのを躊躇するほどの土砂降り
 思い切って車へ。乗る時は、濡れんとよ。車庫の中やき。
 車から事務所入り口まで、1メートルぐらい。びっしょりよ。


関係の線は、引っこ抜いたけど

 網戸にしとったもんやき、部屋の中、水たまりよ
 今までに、2回こういうことが。で、予防はしとうとよ。
 ばって、それが、役にたっとらんと。大事なものは濡れとらんけどね。
 何度も雑巾で溜まった水を拭き取ったとよ。
 もうその間に雨は止んだとよ。

濡れました・事務所

カーテンもぐっちょり  水が溜まっていたプレーヤー


こんだけ降ったら

 苅目川が氾濫すると、現地へ
 何人か立っとんしゃあき、どうもなかったのかな、と思ったら
 あっちゅうまに水かさが増して、床下まできたげな。
 私が着いた時は、水が引いた後やったとよ。
 今日は、降り始めて、5分、て言いよんしゃった。
 あの雨じゃ、ポンプやらつけても、解決にはならんやろね~


みんな、見に来て

 第1団地の人が通りんしゃったとよ。そして、「さっきの雨で?」と
 100mも離れると、知んしゃれんとよ。
 知らせていかないけんし、市長さんも職員任せにせず、1回見に来ん
 しゃったらどうね。
 この辺の人は、倒れんしゃあばい。
 とりあえず、撮ってきた写真を。

床下浸水9月15日  床下浸水 2

ポンプで排水  とりあえず。残りは明日


排水やら掃除やらしよんしゃあばって、車がひっきりなしよ。
福間と古賀の抜け道になっとうもんやき、横目で片づけを見ながら
通りんしゃあとよ。
抜け道で通るとも問題やけど、こげな時は、通行禁止よ

抜け道・通行禁止に!

♥ More..Open


苅目川には、どの地域の雨水が流れてきているのか

   と、またちょっとオーバーな言い方で
    オーバーフローに負けんようにね

 一般質問の時、古賀市からは、千鳥地区以外からも雨水が苅目川に
 と、いうのがわかったとよ。
 で、今日、委員会が終わって、津屋崎庁舎へ


またまた、小さながんばっている花を

 このごろ定位置よ、ひとみカーを停めるとこ
 角やき停めにくいっちゃろうね~空いとうとよ
 降りたら、パッと目が
 挿し木で増やすと思いよったばって、種もできるっちゃろうね
 それやないと、あんなとこには生えんばい

小さなガザニア  大きくしてあげようね

ここから落ちたのね


補正で でてきた児童手当のポスターを見つけました

 けちけちせんで、もうちょっと増やさんね

児童手当・ポスター


流域図、もらったことはもらったばって

 ものすご小さいとよ。どこがどこかようわからんし、土地の高さも
 あんまりわからんし、実際の高さと合わせるのが大変やね。

苅目川流域図

 古賀市の区画整理事業の図と、古い千鳥・千鳥東の市街化予想図も
 つけとこうや。見にくいけど、ね。

古賀市土地区画整理事業  千鳥・千鳥東地区市街化予想図



検証・苅目川(ちょっとオーバーな

 福津市と古賀市の境。古賀市舞の里の雨水64%が苅目川に。
 よって、古賀市の雨量は重要である。

  ○ 少量の降雨量で氾濫寸前
   2003・7・11(平成15)の
    地域住民の請願要旨では、降る雨は少なくても、氾濫、に。


 それを、これから、ぼつぼつ検証していきたいと思います。

 まず、福津に降らなくても、上流の古賀から流れてくる、ということ。

 千鳥の雨水管には、計画区域外の雨水も入っているのではないか。
 昔なら、古賀市にも苅目川があった、その川が、ずっと上からの水を
 海へと流していた。
 雨が降り続けば、吸水しきらず、一気に、舞の里・千鳥の雨水管へ、
 と計画区域外の雨水が流れてくるのではないか。


浜山・花見第二団地・原町の雨水は
  
 イロイロ今から資料集めです。
 この記事、長文で2回も書いたのに、保存を押すと、2回も何とか
 時間が、と、消えてしまいました。
 毎日、この記事に取り組んでいる気がします。
 最初と違ってしまった書き方になりましたが、これで閉じます。

苅目川浸水の流れ

♥ More..Open


「ケッタトバイ」

今日で一般質問終わり

 9月議会の最後の質問者やったとよ。
 議会運営委員会に提出された案では、最後から2番目やったとに。
 始まる前は、同期の人から、終わったら先輩議員から、イロイロとね


「ケッタトバイ」

 質問が終わった後と思うばって、私の顔を見るなり、先輩議員が
 「あれは、2千万の予算をつけとったとに、地元が蹴ったとばい」と
 「7千万じゃなかったですか」と、私(調べなくっちゃ)
 「議会が決めたとに」と、先輩議員
 そして、何も知らない津屋崎の議員に


そのあたりを、ひとみちゃんが、わかる範囲で説明しましょう

 私の質問3番目、床上・床下浸水などの抜本的な対策を、について
 旧福間の人は知っていますが、苅目川という都市下水路が時々氾濫
 するのです。

 氾濫しないように、下水路を拡幅したのです。なのに
 でも、JRの下の部分は、扱わなかったのです。で、やっぱり氾濫。
 オーバーに言えば、下水路は、JRのところで、キュッと細くなると

 町が調査をしました。
 調査結果、10分間雨量がすごいポンプをつけろう
 あふれる前に、駐車場にたまった雨水だけでも JRの向こうに持って
 いこう、と、町が提案しました。地元の人は、反対しました。

 
「解決にならない。税金のムダ遣い」と、地元の人が(ひとみ推理)

 ここは、いろいろあつかっとうとよ。それでも、氾濫すると。
 関係ないご近所の人が「この前なんかしよったやない、また氾濫?」
 「税金のムダ遣いやない?」など、いろいろと関係住民に。
 
 いたたまれんとよ。しかも、町が提案したのが、何の解決策にも
 ならない、とわかっていては、断るしかないとよ。
 で、「ケッタトバイ」と、なるわけです。
 

「ケッタ」理由

 地元の人は、少雨でも氾濫しそうになったき、ポンプやないで、
 ネックになっている、JRのところの拡幅工事を、と、町長にお願い
 したと。10分間のすごい雨量、という町の言い分が崩れたとよ。
 実際に、少雨やったら、ポンプは、働かんもんね。

請願・苅目川

♥ More..Open




| Top | Next»