社会保障推進協議会から送ってきました

 県庁付近で配るげなばって、行かれんきブログで紹介
 ちょっとだけ着色

 県庁に怒鳴り込んでいきたい気分ばい
 75歳にもなっとらんとい、後期高齢者よ、友人たちは。
 後期高齢者医療に加入せんと障がい者医療の助成が利用されんとよ。
 保険料計算時は、家族の年金も算定基準のひとつよ。
 保険は別々にしとってからに
 矛盾しとうばい
    安い年金から保険料が天引きされるとよ。
    22年度は全国平均で8千なんぼ上がるなら
    年間保険料、7万円超すかも


後期高齢者医療制度の即時撤廃を!


案内いただきましたが、久山の本田さんの事務所開きと同じ時間です
   案内文をコピーします。

障害者自立支援法裁判の勝利をめざす福岡の会で、
街頭大宣伝行動が計画されています。

天神街頭大宣伝は、初めての街頭行動となります。

日   時  9月6日 
            10時30分旧岩田屋前集合

     11時から1時間の街頭行動です。

             
            宣伝場所  旧岩田屋前、天神コア前






北海道から沖縄までインフルエンザ、福津も時間の問題よ、と

 友人と話したすぐあと、夫が、「神興の学童にインフルエンザが」と。
 「神興?神興東?」と私。
 「東福間やき、神興やろ」と、夫。

 市役所で訊く。「上西郷もですよ。新聞に載っていました」と。
 「え~朝見たのに」と、新聞の名前をきくと、我が家未購読紙
 さっきHPを見ると、しっかり載っていた。

 うちの家から右と左よ。真ん中の神興東に拡がるとも時間の問題

 


中央からのFAXよ。一人でこっそり見るのはもったいないき、ブログに書いとこ

各先進国における医療費の自己負担

原則無料(外来) カナダ、チェコ、ギリシャ、ハンガリー、イタリア、オランダ
              ポーランド、 スロバキア、スペイン、トルコ、イギリス

原則無料だが一部の高額所得者は有料(外来)  オーストラリア、
デンマーク  メキシコ、アイルランド

定額制、あるいは償還などで実質的に低負担となる(外来・入院)
          オーストラリア、フィンランド、フランス、ドイツ、アイスランド、
          ニュージーランド、ノルウエー、ポルトガル、スウェーデン

かかった医療費に応じた定率負担   ベルギー(外来:10%、入院:定額) 
          スイス(同) ルクセンブルグ(外来:5%、入院:定額)
           韓国(外来:30%、入院20%)                              日本(外来・入院とも30%[現役世代])

保険料滞納者からの医療の取り上げ:各国の状況

ドイツ   生活苦などで公的医療保険(疾病金庫)に加入できない人は、
         国が保険料を拠出して疾病金庫に加入させる。

フランス    生活苦などで公的医療保険に加入できない人は、
        「普遍的医療給付=CMU」を適用し、無料で医療を保障
        (日本でいえば「生活保護の医療費補助」にあたるものを
        広範な低所得者に給付)。

カナダ    100%の国民への医療保障を州に義務付け、保険料の支払の
        有無によって加入者を排除することを法律で禁止(カナダ保健
法=CHA)。患者に自己負担を求めた州には国がペナルティ。

イタリア   全国民を住民登録に基づいて居住地域の公的医療制度
        (SSN)に強制加入。
        保険料が払えない人を含め、医療を無償給付。

イギリス  税方式なので「滞納者」は発生しない。

スウェーデン  税方式なので「滞納者」は発生しない。

オランダ    生活苦などで公的医療保険(疾病基金保険)に加入できない
人は、国が保険料を拠出して疾病基金保険に加入させる。

障害者福祉への応益負担:各国の状況

イギリス   障害者ケアは応能負担(低所得者は免除)。
         日常的な福祉器具の利用や簡単な住宅改修は無料。

ドイツ   介護保険による障害者ケアは利用料ゼロ。
         リハビリ・就労支援・日常生活支援などは全額公費。

オランダ   障害者サービス法(WVG)によるサービスは応能負担。
北欧4国    (スウェーデン、ノルウエー、フィンランド、デンマーク)
         障害者サービス法に基づくケアは無料。

福津市の場合

 合計数が合わんき、正確じゃないかもしれんばって予算審査時のメモよ。

 国民健康保険証交付件数  8537件(自宅外の学生には別発行)
  交付件数中  短期保険証   764件(3ヶ月有効)
           資格証  185件(窓口で全額払う・資格を証明するだけ)

 短期と資格証は滞納している人に。
 払いたくても払いきらん人が。払える保険料にしてほしいね。
 保険料払えんのに、窓口でぜ~んぶ払えるわけないやない

報告・総括のテープをやっと見つけました

 総括の後、予算審査やき、重たいカバンは置き、ポシェットにしとったと。
 これだけ片付けて無いというのは、何かのカバンの中しかない、と家へ。
 タンスにぷら~っとぶら下がっとったばい。
 あせったね~それからテープ聞きよ。
 答弁ちょっとだけ聞いて、原稿終わり!よ。
 今日の広報委員会じゃ、バッサリ削ったばってね。




買い物に行けば、新型インフルエンザへの対応のまずさをききます。

 「お役所ってあんなもん?」とも。
 あんなものかもしれないけれど、福岡県は、特にね。
 私の記憶に間違いが無ければ、なんたって、
 県立病院5つを無くしてしまったぐらいやきね。民間にしたとよ。

 マスク女も梅雨に入れば、普通のおばさんになるとよ。
 まわりで咳をする人がいると気になるね。
 ま、マスク女でも、ガーゼマスク女やき、効果はほとんど無いみたいやけど。

 患者が増えだしたき、宗像の病院では、新しく発熱外来が。
 又聞きやき、ちゃんと確めなや。

テレビでは数日前に
お医者さんの声


西日本新聞6月10日朝刊
西日本新聞6月10日1面    同じ日の社会面?

毎日新聞 6月10日朝刊
1面    社会面?

保健所の発熱外来案内板
別な入り口があるっちゃね    案内板がいくつか(宗像署横付近です)

タチアオイがきれいです・宗像署前(隣が保健所・土木事務所等)
                 (宗像保健福祉環境事務所ってゆうっちゃね)
交通安全協会前    タチアオイっていろいろ色があるっちゃね。テレビで。カメラをかばんから取り出す間にいい場面は消えちゃった


今夕、食事中にむせて咳が続く家族、
普段マスクなぞしない子が、「貰った」とマスクして就寝。
議会では議場でも咳が聞こえます。
なんか、ハラハラドキドキの毎日です。
私はどうでもいいけれど、高齢の父・母、余病があるので心配です。
本当に60歳以上は、罹らないの


裁判長の「(憲法の)健康で文化的生活水準を下回っているとは
     認められない」の字幕スーパーを見て


 あの原告の人の生活が、本当に「健康で文化的な生活」
 「健康で文化的な生活」ちゃとても言えんばい。
 普通の、あたりまえの暮らしともほど遠いいと思うばい。
 まわりの多くの人が、貧しいくらしになったき、それと比べよっちゃないと
 NHKのテレビ画面を紹介しとこうかね。

 老齢加算の廃止 憲法違反でない
NHKのニュース    判決字幕スーパー

判決字幕スーパー    続き

判決続き

判決続き    傍聴者はいっぱいやったといね~

ニュースは原告の人の生活を紹介していたけど、そこは、カット。
しんぶん赤旗のコピーをちょっとだけね。

 福岡生存権裁判で3日、福岡地裁前で、判決を知らせる弁護士が掲げたのは「不当判決」の垂れ幕でした。
 傍聴席に入れず地裁前で待っていた原告や支援者らからは悲鳴ともため息とも言えない声がもれました。「抗議する」「裁判所は憲法25条を守れ」との声がその後に続きました。

 判決後、原告や弁護団弁護士、支援者らが集まり福岡市内で報告集会と記者会見を開きました。弁護団長の高木健康弁護士は「仕方がないという判決ではない。極めて不当な判決」と批判しました。

 高木弁護士が「不当判決」として例に挙げたのは91歳の原告でした。家のなかでつえをついて歩くのが精一杯で自分で外出することは困難で買い物に行くことすらできません。自宅の蛍光灯は自分で取りかえられず、冷蔵庫を置いている床は傾いたまま。生活に関して援助が必要ですが、生活保護費は70歳になると老齢加算がなくなったためにそれまでより減額となります。
 「本当に誰が見ても援助が必要な人に裁判所は『援助は必要ない』といった。裁判を通じて高齢者の生活実態を見てきたが、この判決は認めるわけにはいけない。今後も全力で頑張っていきたい」

 原告の女性(76)=八幡東区=は「これからも苦しい状態が続くと思うと、何が何だか分からない。もう少しこんな貧困な年寄りのことを考えてほしい」と語りました。
 原告団、弁護団、支援する会は、判決について3者合同でコメントを発表。「司法が職責を放棄し、貧困スパイラルを容認したものといわざるを得ず、憤りを禁じ得ない」としました。


知り合いのおばちゃんの年金

 だいぶ前から一人に。父たちと同じ大正13年生まれよ。
 民生委員さんに「生活保護を受けたい」と相談したら、「家があるき」と。
 ちょっとだけ残った畑を売って電気代などの足しにしたげな。
 食べる分だけならどうにかなるばって、払いもんがどうげもならん、と。
 どげ~かなる前に私に電話せなよ、と帰ってきたけど、
 その前にどげ~かせないかんね~
 こげな人がイッパイやき、裁判長が
  「健康で文化的生活水準を下回っているとは認められない」
 なんてゆうとばい。

国民年金の掛け金が「100円」の時代から掛けてきたげな。
その100円を払うのも大変やった、と。

今の年金額(と、言っても二年ぐらい前)
  1年分で 35万4千円  引かれた介護保険料2万7440円
   1年と少し前のお知らせハガキも見せてもらいました。
    2ヶ月で、5万8966円。それから天引きの介護保険料が4200円。
   おじちゃんの遺族年金?が2ヶ月で1万8千円でした。

 後期高齢者医療保険料が5千円と少しやろうき
  年間35万の年金から、3万3千円の保険料が天引きされるっちゃね。
  おじちゃんの分が年間で、10万8千円くるばって、これが毎月きたって
  おかしくないばい。
 やっぱあ最低5万円に自分の掛けた分の半分を上乗せ、とゆうとは
 年金の最低ラインやね。
 そしたら私もちょっぴり上がるかな。


 ひとみちゃんは、65歳でもらえる年金が10万ないと。
 5万に掛けた分の半分をプラスしても10万にはならんばい。
 こりゃやばいばい。消費税やら上げさせんごとせなね
 
 


夕方帰宅した家族が「あげとって」と弁護団声明を

 ブログに書いてくれ、という意味ばって、テレビ局も来ていた、というので
 夕方5時のニュースをカメラで撮ってから、と、しばし待つ。
 5時に地方ニュースは無く、結局、この時間に・30日1時20分で~す。
 もちろん写真もありません。夕方は、上妻と会議で忙しかったと。

とにかく、あげとこ。後でもらったチラシといっしょにね。

弁護団声明    後でもらったチラシ・新聞記事のコピーかな
♥ More..Open


昨日の夜は、ちょっとだけ麻生知事をNHKで

 いやあ、昨日は班会議のあと、遊んだもんね~リコー待ちながら。
 夕食の準備をして、食べながらニュースでも、と
 そしたら、北朝鮮が核実験
 インフルエンザは、志免町に。
 ま、インフルエンザは予想はしとったけどね。
 こんだけ人が出入りしときゃ、出るよね~

 おんなじ地区委員会よ。
 会議の時は、一応マスクをしていこうかね。
 いっつもしとうき、いっしょやけどね
 マスクの材質は変わるけどね。

これでなあも言われんばい

 日曜日の運動会、空気はカラカラ風強し。
 マスク無しじゃたまりません。
 運動会観戦マスクで行けば、知人に会うたび
 「インフルエンザ予防ですか?」と。
 そのたびに、マスク女の説明を
 ばって、もうだ~れも な~も言わんやろ

5月18日、市民福祉委員会研修先から戻ると、市役所玄関に。

 委員会の日に、夕方、市の対策委員会?があったみたい。
 市長も出席してね(という話を聞いたと)。


日刊紙パッと。おかしいというより頭にきたばい

 「家族がいたら、介護サービスが受けられません!」と相談が。
 なのに、認定そのものの内容を変えてしまうなんて

 モデル事業での検証も抜きにテキストにこっそり重大な変更を
 加えるなんて許されんばい

寝たきりでも自立?


介護保険は3年ごとに見直し

 4月から要介護認定が新方式になるとよ。
 利用者から聞き取り調査をする際の判断基準が大きく変えられ、
 重度の寝たきり状態の人などが複数の調査項目で「自立(介助なし)」と
 認定されることがわかったげな。
 認定がますます軽くなって受けたいサービスがますます受けられんごと
 なるばい。大変ばい
 やっぱあ、はよ政治を変えらないかんばい。

国会におくろう! 篠田さん入れなくてごめんなさい。

久しぶりに3人並びましたので、記念撮影14日議員団会議で
田中みゆきさん、小林とき子さん、田村貴昭さん




初めて介護保険事業計画に意見を

 学校給食では出していたので、市にはこれで2回目
 議会最終日に貰っていたのに、締め切り日の5日にやっと読んだ。
 娘の付き添いで、じ~っと数時間。この間にね。

 読んだばって、パッとわかる、っちゃならんばい。

 「計画策定の背景と趣旨」のところに、
 「新たに発生した問題や課題も少なくありません」
、と。
 まず、この内容がなんなのか、課題を解決するために
 どげ~しようとしてるのか、が私にはわからんと。

 「計画の位置づけ」のところでは、「その目的とするところは、
 全ての高齢者が住み慣れた地域で」
、とあるとばって
 計画の中では、どこにそれが出てくるのかが、わからんと。
 一回読んだだけじゃダメやね~

 高齢者の現状調査の家族介護者の状況は、女性の占める割合や
 高齢者の占める割合が高くなっていて、「老老介護」の状態にある、と
 ゆってるわりには、その解決はコレですよ、というのが どこに
 書いちゃあかわからんやったと。

 家族介護慰労事業は、3年間も利用が無かったとい、
 また、続けると。たぶん同じ条件と思うばって。
 だいたいこの事業が曲者よ。
 介護保険が始まった時、介護度が重い人を、施設に入れないで、
 自宅で介護しているところに、10万円/年を出すごとしたと。

 ちょっとの利用はしてもいいばって、自宅で介護なんて無理で
 3年間だけでなく、ほとんど利用が無いと。出来んとよ。
 しかも、介護保険が始まると、町独自の寝たきり介護手当て・月2万円
 を段階的に無くしてしまったとよ。

介護保険が始まって、この4月から10年目ばって、いいこたなかった気が

 今までなら、住民税非課税、という世帯は、福祉サービス無料。
 9割の人が、そうやったね~
 保険料は年金から勝手に盗られるし、年金が少なくて保険料を
 滞納すれば、サービスは、受けられんしね。

 お年寄りが増えれば増えるほど、サービスを利用すればするほど
 お年寄りの保険料に跳ね返ってくるとよ。
 しかも、3年毎の見直しで悪くなるばっかし。
 家にいても電気代やら食事代やら要ろうが、とぜ~んぶ個人に。
 その上、税制の改悪で、非課税世帯が課税世帯になって
 保険料が、ど~んと上がったばい。
 激変緩和措置があります、とゆうばって、ちょっとだけ遅らすだけたい。
 
 事業の仕組みまでいじったき、サービスを受けられん人は増えるし、
 保険料は高くなるしで、1億円も黒字が出とったばい。
 それやき、見直し計画には、黙っとくわけにはいかんやったと。
 今日の日刊紙介護制度抜本見直しをには
 「うんうん」頭の中で言いながら、一気に読んでしまったばい。


花はすっかり春なのに



 





| Top | Next»