FC2ブログ

 朝、ヤエ子さんは、また、眠りの中。
 しばらく待ってみる。ずいぶん待ったのち、やっと茶ゼリーが終わった。朝食はこれまで、と、顔もきれいに、はみがきも。
 いざ、帰ろうとすると、目をパッチリ開けて、私をみる。
 「ご飯、食べる?」うなずくヤエ子さん。
 結局全部食べてしまい、10時半を過ぎてしまった。
 それから自分の用事を済ませ、昼ごはんも食べて、今度は、母の病院へ。
 「まっとったちゃが」と、そして「あんたの顔をこげー見たいと思ったことはないばい」と言う。そう言いながら、「明日の先生の説明は、お父さんも一緒のほうが ようなかね。手術、とかいうたとき、お父さんがおったほうがよかろうも」とも言う。
 看護師さんは、「娘さん(ムスメサン、だって。こんな言われ方久しぶり)だけでいいですよ」と。
 私、「お父さんは、きついきいいよ。誰も82歳に、保証人になれ、とか言わんよ」と、母に。言いながら気がついた。もう、82なんやねーと。

 家に帰り、母からの頼まれ物を探す。
 それを持ったまま、今度はヤエ子さんのところへ。
 めずらしー、ご飯食べおわっとった。




| Top |