福津にもありました。
 南小の給食用に一基。今のところ問題は発生していない、との報告。
 
 防火扉は?の質問に
  シャッターを扉にと、消防署から指摘を受けているところも。
  手動の防火扉は、煙を感知するものに。
  {委員}今のは、障害があると止まるようになっている、安全に。
  {教育長}緊急性、順位をつけてね。

 この件の最後に「事故は無いですね」「ハイ」というのが聞こえた。
 私の聞き間違い?
 聞き間違いでないのなら、ちょっと言いたい。
 「あったら、遅かろうもん」

委員さんにお願い。もう少し大きな声でしていただけないでしょうか。
 ま、無理かな。窓から聞こえる西鉄電車の音にかなう声は、無かろうきね。

~ 教育委員会(6月27日)傍聴 ~


 今日30日付 西日本新聞 県総合 HUKUOKAの最下段
   福岡市は二十九日、愛知県瀬戸市発注の下水道工事に絡む
  談合事件で名古屋副支店長が逮捕された大手ゼネコンの大林
  組(大阪市)を、十二日から八ヶ月間の指名停止処分に・・・
   福岡市によると、副支店長は今月八日、競売入札妨害(談合)
  の疑いで逮捕された。
   また、同社をめぐっては、北九州市内での建設工事で、安全
  義務を怠り下請け業者の作業員を死亡させるなど二件の不適切
  な行為があったとして、福岡市は同社を二十日から一ヶ月間の
  指名停止処分にした。

大林組 福津市で福間汚水幹線築造工事(5工区)を 70.1%で落札

賛成多数で委員会・本会とも通ったけど、反対は、共産党だけやっ
たとかいな。横と前は見えるばってね。議事録は『賛成多数』とか
じゃなくて、名前で記録してほしいや。賛成誰々、反対誰々とね。

 建設環境委員会(21日)審議のとき、普通は部長が出席して挨拶するのに、今回は、その上の助役が出席して、いろいろ言い訳?を。

 逮捕のニュースを知ったのは、議案を提出(12日)したその日の午後4時。下水道課で確認。
 13日朝、市長に。財政課・確認。
 5月30日仮契約にいたるまでの経過も聞く。

 委員からは
  大林組から辞退はなかったのか。(あってない)
  どのようなペナルティを科すのか、あるのか無いのか。

  大林組、片田舎に初めて。
  今後の対応、安からえー、というもんじゃない。
  おかしいと思わなかったのか。
 などや、地元育成をどのように考えているのか、などの質問が。  

 賛成討論、「安いということは、悪いことではない」と、N氏。
 私は、「本会議まで態度を保留します。」と。

 談合とか逮捕とかも許せないけど、今回の議案には、

    (最低制限価格の決定)
  第113条 ・・・・・・・
  2 ・・・・・
    予定価格に100分の70から100分の90までの割合を乗じて
   得た額の範囲内において適正に定めなければならない。
  3 ・・・・・・・・・・・
                       
 という内容が記された紙が、入札結果と一緒に配られた。

 建設関係の委員になってすぐの時、
  何でこちらの安い方の業者の落札ではないんですか。
 と、聞いたことがある。
 その時、いろいろやりとりしてわかったのは、
  予定価格は公表する。
  最低価格を決めていて、それ以下の額を出したところは失格。
  最低価格は、予定価格のだいたい80%ぐらい。公表できない。
 というような内容で、落札率は、90%台(94ぐらい)だった。

 それが突然70.1%、そして『最低制限価格決定』の紙切れ1枚。
 そりゃー、説明はいろいろあったくさ。
 最低制限価格の決め方がね。
 でもなんか釈然とせんとよ。
で、結局、本会議(26日)で、反対討論したったい。

 「新聞報道によれば大手ゼネコン大林組名古屋支店副支店長が6月8日談合容疑で逮捕されています。下水道の整備は急がれますが、こういう企業に対しては、厳しい態度で臨むべきだと考え、反対といたします。」とね。

 賛成討論した人もおったっちゃが。
 「・・・否決されれば、5000万円の追加予算・・・・厳重な条件を・・・」(全部メモをとる、ということがなかなかできません)

5工区というのは、ウエスト付近から光陽台の郵便局付近までです。
県道の工事があっていますので、それと一緒に、と、あせっているのかも?


 朝6時、事務所に来て、パソコンを起動させる。
 何気なく福津市のホームページへ。
 今日の会議予定で、定例教育委員会をみつける。傍聴、先着5名。
 あわてて、仕事をしてしまい、津屋崎庁舎へ。

 条例を作れば、市独自で少人数学級ができる!文科省4月1日通知。
 国から県へ、県から市町村へ。担当課長会議があっているので、市にも、情報が伝わったはず。心弾ませ駆けつける。
 
 ところが、課長会議の報告はあるが、そのことについては一言も触れられない。
 うーん、あの資料が曲者だな、と、思いつつ聞く。
 資料請求をして、来月また委員会を傍聴しよう。


 数日前、事務所に入ると、暗がりに赤い点が。モデムの警告の所に赤い光です。
 パソコンを起動させましたが、インターネット・メールができません。人から聞いたり、書いてあるのを見て試してみたり、と。
 で、最終的に、モデムの交換となり、昨夕到着しましたので、さっき恐る恐る立ち上げました。

 いつもなら、インターネットをクリックすると、日本共産党がバーンと、でてくるのですが、また、ページが見つかりません、とかいろいろ書いてあって、「わー、どーしょうか」と思いました。更新というところもクリックしてみましたがだめ。
 だめもとで、ヤフーのページ(ここは出てきました)を開き、そこから「福津市議松尾ひとみ ひとみちゃんにもちょっと言わせて」と打って、検索し、入ってきました。

 最初にメールの受信をしました。これはちゃんとできました。
 大事な用件があるといけないので、先にしたのですが、変なメールばっかし、10件、溜まっていました。
 まずは一安心、今から議会広報委員会提出用の原稿をワープロで(まだワープロです)打ちますので、パソコンを閉じます。

モデム配達の人が言っていました。何軒も配達したそうです。
これを聞いた人が、「カミナリ」のせいではないだろうか、と。
そういえば、木曜のBS2は、画面がものすごく乱れていたなあ。
上空が大雨よ、と、誰かが言ってったっけ。
一週間に一度のお楽しみ(韓国ドラマ・クッキ)が、昔のテレビみたいやったもんね。


建設環境委員会終了後、浄化センター建設現場へ

  1月に見たときは、処理場や管理棟の鉄筋がまだ見えていたが、
 その部分は、もうコンクリートに覆われていた。
  あとは、上屋が建つのを待つのみであった。
  3号線をくぐって最初に汚水が到着するところ、流入ポンプ場は、
 足元から約20メートル下にある建設機械が見えた。
  この底に自然流下で入ってくる。それを処理場へポンプアップ
 するのだ。

   


工事は順調に進んでいます、と説明が。
  19年度供用開始、と、なっているが、第1次の計画に入っている
 私の実家には、水洗化の工事をするお金が無い、と、思う。他にも
 そういう方が多いだろう。


駅東の区画整理事業を説明してほしい、と言われ、持っている資料を
コピーして出かけた。事務所でコピーした分は、すべて裏紙を使った。
最後のページには、ちゃっかりと、自分の考えを述べた意見書の裏を
使った。初めて見た、と言われたので、日記に記すことにした。


福間駅東土地区画整理事業についての意見書   2004・1・14

 福間町に住んで45年をすぎました。
 大水・台風で怖い思いをしたことは何度かありましたが、大変
住みやすい所だと思っています。
 今回、この区画整理事業のことについては、大変危惧しています。
 それは、大雨のときのことです。
 町の水田の五分の一がこの区域に入っていると聞いています。
 私が小学生のとき、西郷川はあふれ、道も田もわからなくなり、
橋も流されてしまったことがありました。
 地球環境の悪化のせいでしょうか。最近は、福間でも時間雨量50
から70ミリの雨が降るようになりました。海もすぐ近くです。満潮と
重なるとどうなるか、調整池だけでは大変心配です。

 世界では飢餓人口が8億ともいわれ、それが減ってないばかりか、
食料不足はますますひどくなると予想されています。
 そういうなかで、コメ・水田・稲作があらためて見直され、国際コメ
年となったのではないでしょうか。
 JR福間駅に降り立ちますと、目の前の田園風景にホッといたします。「帰ってきたんだな」と、しみじみ思います。

福間駅東   福間駅東02


 様々な、そして重要な役割を持つ水田をなくすことは、地球環境の
面からも人類生存の面からも大変なことではないでしょうか。
 小さな町に住んでいても、考えることは大きく、地球全体の問題と
して、とらえる必要があるのではないでしょうか。

 この事業で、開かずの踏み切り(鞍手踏切)の解消や福間・古賀間の
通り抜けのために大変危険な原町団地の交通事情の改善を、住民の
みなさんは期待されているのではないでしょうか。
 そしてより多くの人は、この事業そのものを知らないのではないで
しょうか。町が便利になればいい、という問題ではなく、それはそれで
考え、できるだけ少ない予算で満足のいく解決をするべきだと思います。

 予算の面でも、住環境の面でも大きな事業です。地権者だけへの説明
でなく、町民全体の意見を聞くべきではないでしょうか。
 広報と一緒に1枚の計画書(案)を配られたぐらいでは十分な説明
とはいえません。

 まちづくり、特に住環境の整備は、計画的に行政がやるべきでは
ないでしょうか。
 「住みやすくしてやるから土地を提供しなさい。精算金を払いなさい。」では地権者の方も納得されないのではないでしょうか。
 地権者の、減歩、という犠牲の上に成り立つ区画整理事業、事業が
終わってから「しなければよかった」ということのないよう、悔いの
残らないまちづくりを、子や孫に胸を張って誇れる福間町に、と思って
います。

いてもたってもおられず、生まれて初めて『意見書』というものを
書きました。
2004年1月、県に提出。7月、国土交通省は「この事業そのものが
水田を無くさないとなりたたないので」というような回答をよこし、
7月30日事業認可を出しました。



 JR福間駅前で
 しんぶん赤旗号外
   えっ?3兆円も
     米軍にはみつぎ
        国民からは 4人家族で10万円
           とりたてる           を、配る。
 
 合唱団の子が3人、駅に。ありがとうございました、の声に、こちらこそありがとう、と言いたいっちゃが。と、心の中で。
 何人か顔を覚えたので、これからは、駅立ちが楽しみです。


コンサート、ご協力ありがとうございました。                                            何度もリハーサルはみましたが、通しのリハは、みていなかった、というか、できなかったので、朝はちょっぴり不安。
 お客さんがホールに入ってしまうと、ほっと一息。
 
 一部が終わると帰られる方も少々。ウーン、このあとが、なおいいのに、と思うが引き戻すわけにはいかず、笑顔でお礼を言う。
 二部のぞうれっしゃが終わると、涙のあとがはっきりわかる人たちでロビーはごった返した。
 こどもたちと握手をする人、アンケートを書く人、書いて箱の中に入れる人、ごった返しはしたけれど、こどもたちの歌声に送られて、みなさん気持ちよく会場をあとにされた(と、思っている)。
 なぜか昨日は、ふくとぴあの方もたくさんの車がとまっていて、不便な思いをさせたのに、出口では、文句一つ出なかった。大きな感激だったのを実感した。

 合唱団「福岡あらぐさ」の人、北九州の合唱団の人、全国で何度も「ぞうれっしゃ」を聴いている人たちが、「こんな『ぞうれっしゃ』は初めて!」と、感激の言葉を残していった。
 
 今日は今日で、小学生のこどもさんとコンサートにこられていたお母さんが、道で会うなり、「昨日は、ありがとうございました。良かったですねー。」と、昨日の余韻が残っている顔で言われた。

 言われた時、瞬間、「何やったかなー」と、思うたっちゃが。
 昨日は、コンサートのことが、みーんな終わって、ヤエ子さんのところ、そして、わがまちづくりの会議へ。
 今日は今日で、朝、一週間に一度の日刊紙を配り、ヤエ子さんのところへ。昨晩、私が帰ったあと、嘔吐があり(多量に)、着替えが無くなったということなので、無けりゃ無いで、また吐くっちゃなかろうかと不安になり、家にとりに帰ったとよ。
 そのあと、けい子さんとアンケート(今年はじめに行った市民アンケート)結果の印刷のことなどで打ち合わせ。
 やっと家に帰り着き、分別収集に出しにいこうとしよったところでお礼を言われたもんやき、一瞬、わからんやったったい。
 コンサート終わって、ものすごーく時間がたったごとあるばい。
 まだ一日しかたっとらんといね。

   ピースコンサート(リハーサル) ← リハーサル時の写真です


一般質問4日目。最終日。
 私の質問四つの内、一つは、運動場(校庭)の改善。
 5月28日は、神東小も南小も運動会だった。
 前日は一日中雨。ヤキモキさせられたが、神東小の運動会に初めて地域からも参加。
 夕方、南小の人にたまたま会う。
 「議会で取り上げてください。南小、今日、運動会だったんですが、水を取り除くのが大変だったんですよ。スポンジに吸わせて外に出したんですよ。」と、言われた。

 6月9日、前日が雨だったので、午前中何校か見てまわった。
 南小、やはり水はけはよくない。特に、校舎から校庭に出る階段の下は、水たまり。
 他の学校も水はけが悪いところがあった。

   南小校庭     南小ブランコ
 
 6月16日、質問に臨む。
 いろいろきいた後、南小の校庭の改善をきいた。
 すると、整備の予定はあったが、耐震調査を全校に実施(私への答弁では、順次、と言ったが、今年度全学校を耐震調査するというので喜んでいたのに)するので整備が行われなかったということだ。

 それなら、来年は実施するのか?と、きくと、それは予算決めの中で、という回答。
 ああ、これは、しない、ということか、と、思った。
 南小は、駅東区画整理事業の区域内にある。事業は刻々と進み、まもなく仮設道路もでき、地形は変わり、校庭の周りもあわただしくなるだろう。
 校庭の整備をしても、またすぐあつかうなら、あとでいっしょに、と、トップは言うだろう。
 なんとかして、「整備します」と、言う言葉を引き出すことができたらなあ。


一般質問3日目

 今日の1番の人の質問は、市有地の有効活用について。
 (いつもどおりに質問要旨を広げ、出されていた資料・市有地の一覧に目をやっていた。)
 突然、『社会福祉センター』という言葉が耳に飛び込んできたので顔を上げた。
 
 質問者は、市有地である市の駐車場の管理の悪さをついて、
  駐車場の管理がずさん。
  総合計画で、庁舎が一箇所になったら、広い駐車場が。
  福間庁舎になれば、社会福祉センターがそうなるのではないです   か。
 と、言ったのである。

 エッ、そんな使い道があったの、と、びっくり。
 築28年・鉄筋の社会福祉センターを壊すというからには、何か使うあてがあると思っていたが、そういうのもあり、か。
 大和保育所に隣接のセンターだから、こどもの国構想で何か建てるのかな、という人もあるし、住民の皆さんの、こうしてほしい、という声は、チラチラ聞こえてくるが、駐車場に、というのは、初耳。考えもしなかったことだった。

 自分の任期中に、一箇所に決める(今、福間庁舎・津屋崎庁舎。福祉は福間、教育は津屋崎、というふうに部をきっちり分けている)、と言った市長だから、この線、質問者の単なる思い付きではないかもしれない。


一言言って寝たい!

今日から一般質問。

 『農業対策「担い手づくり」』を質問した人がいた。
 通告では、(1)進捗状況、(2)今後の計画、とだけあったので、
 どんな質問か少し期待してノートも広げた。
 (普通は、市長の答弁のみ簡単に質問の横に書いている。)
 
 政府の農業対策、現在食物自給率40パーセントを45パーセント
 に、といったところまではまあまあ我慢できたが、日本経済新聞の
 社説
(6月7日付)を紹介しだすと反論したくなった。

 社説の一部は
   農地集約へ全力を
    残された時間は少ない。自治体は集約に全力をあげてほしい。
     今、北海道を除けば平均1.3ヘクタール
     耕作放棄は、東京都の1.8倍。
   市場開放を。支援はあくまでやる気のある農家に。などなど。

 国は、補助対象の農家の規模を4ヘクタール以上(北海道は10
 ヘクタール以上)、集団だと20ヘクタール以上しか認めない。
(この秋の麦の植え付けから)
 農業にやる気が出るようにするのが政府の仕事ではないのか。
 農家のやる気を失わせたのが政府ではないのか。
 ミカンを奨励し、選果場も造り、オレンジロードも造り、やっと
 ミカンがなるようになったら、オレンジ輸入自由化で、補助金を
 やってミカンの木を倒させる。
 田の4割減反を強制しながら、コメを輸入し、水田の拡大にと
 有明海の干拓を進める、という、しっちゃかめっちゃかの農業政策。

 今度は農地を集約して、株式会社の参入も認める。
 小さなところは補助金も出さない。
 その小さなところが、日本の国土を守ってきたのに。
 このままでは、地球環境の悪化と重なり、国土は崩壊するだろう。
 国土を守る面からも、今、日本農業の大きな転換を
 政府とは別の方向で。



初めてのメール

 母が昨日退院。気が緩んだのか家に帰り着くなりバタッ。
 サッカーのテレビ中継の音や家族の声もするがひたすら無視。
 さすがに早く寝ると早く目覚め、事務所に早く行きたいのに我慢をして、6時過ぎに事務所へ。(新しいコメントが入っています、と娘から携帯に連絡あり)

 コメントより先に、いつもメールをチェックしていますが、送受信をクリックすると、ダダダダーッときました。
 女の人の写真や、変な文がいっぱい。その中に、まともなのが一件ありました。 
 初めて、市内の人からメールです。
 今までの睡眠不足が吹っ飛んでしまいました。
 早速返事を。
 福津市の人からの初めてのメールをその日のうちに見なかったのが残念!うれしさを今日に持ち越した、と、思えばいいのかな。

 みなさん、お便り待ってます、ひとみ。


音合わせに感激!

 ピースコンサート、森岡先生と津屋崎少年少女合唱団の音合わせ。
 エーデルワイスとフニクリフニクラ。ホールではなく、大研修室なので、音がびんびん響く。こどもたちの後ろのほうで、私も時々声を出す。もちろん、邪魔にならないように。
 
 山陰での1日3ステージ(歌ではなく講演)、3日間をやり終えた熊丸先生も8時15分には到着。
あらためて熊丸先生指揮で通し練習。
 その後、ぞうれっしゃを。衣装こそ着けていないが、こどもたちが生き生き動く様をまじかで見れる幸せを実感。

 11日の日曜日、衣装を着けてリハーサルをします。
 本番とは違うワクワクをぜひ味わいませんか。
 18時・午後6時から、福津市中央公民館です。


なんともろいことよ!

 パソコンの練習を始めてからは、ナポレオンではないけれど睡眠時間1日3時間が続いた。
 そして母の入院、ピンチヒッターでの早朝の「しんぶん赤旗」配り。
 2時に寝ても3時に寝ても、4時過ぎには目が覚めるようになってきた。早起きの習慣がついた、と思った。                                               数日前に「しんぶん赤旗」配りの代役が終わった。が、その翌日、いつも通り4時過ぎに目が覚めた。その翌日もやっぱり目が覚めた。
 布団の中で2日間じっと辛抱した。
 どうせ早く目が覚めるなら何か読もうか、と決意。

 その夜、テレビで、膝の痛みをとる方法を放送していた。
 これは見なくちゃ、と、最後まで見る。
 そのあと、テレビで見た膝の体操をねっころがってした。
 そしてそのまま朝まで寝てしまった。
 こどもや夫の「風呂」「2階に」という声が聞こえはするが、体が動かない。
 
 目が覚めると6時半。
 何日も何日もかかって早起きできるようになったのに、ひとりでに目が覚めるようになっていたのに、2日間でこわれてしまった。
 こどもが小さいとき、保育所の先生が言っていたなー。
 「し・つづけるからしつけですよ。習慣になるのに90日かかります。けど、壊れるのは早いですよ」と。
 私の習慣は2日でこわれてしまった。壊れたのか、それとも疲れに壊されたのか。


一般質問打ち合わせ中

昨日打ち合わせ予定のこども課へ
 (早朝からの母の電話でころっと忘れとったもんねー。
  ま、手術は せんでいいごたーき、よかったばって。)

 集中改革プランで、保育所や学校給食、幼稚園が民営化される
ばって、市が責任をもってやらないかんとやないやろか、と、いう
ようなことを通告しとったもんやき、
「全部民営化するわけじゃないとですよ。公立保育所も残すし、
民間でもちゃんとやりよんしゃーでしょうが。」
というようなことをいわれた。
 
 そこで私は、
「だいたい3月議会のときから頭にきとうとよ。
最終日に、職員の給料を下げる条例を可決して、その同じ日に、
決めたばっかしの日によ、補正予算を組んで4千万下げたろうが。
 そげーして、時間をどんどん無くしていって、最後に集中改革
プランの説明よ。『時間がありませんから質問は別な日に受け付け
ます』やろ。そして、議会には説明しましたから、とか、了解を得て
います、のようないいかたをしとろうが。
説明なんてまともにはしてもろとらんとに。
(市長に)細かいことは聞かんき。
以前、福間には、宗像市には無い公立保育所が四つもあるし、学童
保育所もあるから、と、わざわざ引っ越してくる人もおったとよ。
それが今はどうね。
「その辺を市長に聞くき。」というようなことを言った。
 
 こどもの問題は市長が町長時代から何度もやってきたが、なかなか
かみ合わない問題である。
でも、いうことはいうとかなくっちゃね。


  高齢者サービス課へ

 打ち合わせの最中、たまたま同じテーブルで仕事をしていた人の
口から、「共産党さんとは・・・・・」という言葉がでてきた。
それからいろいろ私に説明をしてくれる。
だんだん気分が悪くなった。
その人にちゃんと説明できない自分がはがゆい!


  収税課へ

 督促状の見本(というわけではないのですが、印刷前の用紙です)を
もらいました。
 書いてあります、書いてあります。
 
 ◎ 滞納処分
  この督促状を発送した日から起算して10日を経過した日までに
 表記の金額を納付されないときは、財産の差押えを受けなければ
 ならないことになりますので早めに納付してください。 

 この文章見たら、やっぱ普通じゃおられんよねー。督促状がきた
から、と、私に相談の電話をしてきんしゃった人が、
「放っておいていいですよ、財産も貯金も何も無いのですから。
それより今後のことを・・・・」
といっていたのに、今後の対策をたてないうちに市役所に一人で
行ってしまわれた。


私の質問は、16日(金)午後の後半になります。



まずは一安心

 朝早く母から電話あり。先生が、午後には時間がとれるので話をしたい、という内容。
 気になるので、議会終わり次第病院へ。(こども課に寄る約束をすっぽり忘れてしまった。ごめんなさい)
 先生は手術中。一度家(父母の家)に帰り、洗濯をしながら昼食を。

 2時すぎにまた病院へ。説明を聞く。
 手術はしなくていいそうな。ドキドキを薬でおさえる。副作用で血栓ができることも。血栓ができないように,血が固まらない薬を飲めば、転んだときなど、血が止まりにくいので、その薬は使いません。というような内容だった。
 聞いているときは、分かっているつもりだったのに、いざ思い出そうとすると、言葉がでてこない。記憶力も落ちたねー。


 三日、1日11時過ぎ、無事に質問通告提出 25番目で16日です、と、いわれた(頭が重くなってきた。もう寝ることにしよう)

 四日、スッキリ目覚め。頭も軽い。頭が重い・軽いは、初めて体験。睡眠が大切!を身をもって知る。
 配達、環境美化(草取り)、集会へ。友人の車で築城へ。1時間半。
 何十年ぶりかしら、というほど久しぶりの麦秋に出会う。

 基地と暮らしてきた築城。米軍だけはイヤ!という地元の人の思いを聞く。久しぶりのデモ行進。初めての築城の町は、何も知らない私に、歴史を感じさせてくれ、一昔前の古町(福間)や原町(はるまち・旧唐津街道・宗像市)に似ていた。
 
 集会参加者は、実行委員会に人数を報告。1200人と発表された。
 帰りの車中、友人に電話が。話の内容から、相手が誰だかわかった。
 17時半には帰り着いた。「あっ、ヤエ子さんの食事にまだ間に合う」と思ったが、少しだけ休んでいこう、と、腰をおろしたのが間違いだった。20時30分、昨日から東京へ行っていた寅彦さんの帰ってきた気配で目が覚めた。

 「集会は、3時過ぎには、終わったっちゃろうも、なんしよったと。5時過ぎはまだ車の中やったね」と、帰ってくるなり。
 「貸切バスの到着が遅れて始まりが遅なったもんねー」と私。
 (この遅れで、集会前のうたごえも延長され、久しぶりに思いっきり歌って気持ちよくなっていたのに、いきなり現実に)
 集会もデモ行進も終わって、みんながある程度散り、車に乗るまでに時間が。やっぱ、多かったとよねー。会場では、最後の最後まで、自分たちの団体の参加者数を調べよう人もおったし(ま、ちょっと、じゃまやったけどね。仁比さんや赤嶺さん、田村さんの顔が、そのおじさんにかくれて、見えんごとなるっちゃもんね)。
 中学生のときの10万人集会には、ちょっと及ばないけど、久しぶりに、やっぱり多かったのよねー。


6月4日(日)午後1時から築上町で
6・4県民大集会があります 詳細はコチラ

♥ More..Open




| Top |