FC2ブログ

  「ちょっと変だぞ日本の自然」 or 「老老介護」

気分もよくなったので、テレビを。
消灯時間前なので眠ることはないだろう。
が、ダブッてしまった。
病院では録画もできず、再放送を期待して、「ちょっと変だぞ日本の自然」
(NHK総合 8/16放送)の途中で「老老介護」(NHK教育 8/16アンコール
放送)をを見ることにした。


  いま考える2006夏(2)「ちょっと変だぞ日本の自然」

今、一人一人が地球環境のことを考えなければ、100年後は大変になる
ぞ、と。
砂漠化したアマゾン川、猛暑のパリ、超大型台風に襲われ、家も吹き
飛び、豪雨に見舞われる日本。

以前にも地球温暖化に警告を発する番組があった。
それは、増え続ける二酸化炭素をこのままにしておくと、こうなります
よ、と、コンピューターでシミュレーションしたものだった。
今回は、それを身近な事柄や、私でも知っている俳優さんたちを登場
させている。
幅広く多くの人に見てほしい、という製作者の意図があったのではないか。
番組中の「一人一人が考えなければ」という言葉には、大企業のトップも
一人の内に入っているのかしら?と思ってしまう。


  温暖化で北上するナガサキアゲハ

正確な名前かどうか忘れたが、ナガサキアゲハを我が庭で見つける
楽しみが増えた。
毎年、アゲハが庭にいるのだが、名前を調べたことがなかった。
見分け方(尾の有無、ナガサキアゲハは無い。雌雄の色で)も覚えたし、
来年の夏が楽しみだ。


  老老介護

[昨年7月1日 名古屋での事件を取り上げて。夫が妻を絞殺]
司会者は、介護保険ができて7年も経つのに、なぜ、このような事件が、
という。
なぜ制度を知らない人が多いのか、とも。
ゲストの人は言った。
以前は措置制度で、役所の方から出向いていたが、今はサービスを選ぶ
ことができる。
が、選ぶことができる人はいい。
自己責任というが(名古屋市では老老介護の50数%が制度を知らない)、
知らなかったのが悪いと言えますか、と。
正確には覚えていないが、こういう事件をなくすためにも、コーディ
ネーションとしての自治体の役目を強調していたように思う。

介護保険ができて7年も経つのに!
と、司会者(NHKアナ)は言うが、介護保険そのものが、どうしたら
国民から税金をしぼりとることができるか、と考え出された新制度。
その証拠に、いろいろなサービスがありますよ、と1軒1軒出向いては
こないけど、保険料だけは、本人の了解がなくても、高齢者は年金から
天引きやもんね。


  財産差し押さえます

年金額が月に1万5千円以下は、直接役所に。
払わんやったら、財産差し押さえます、やもんね。


  北九州市も有名になったばい

差し押さえ、といえば、番組のあとのニュースで、「北九州市は財産の
差し押さえなどを強化…」と、60億か61億か忘れたばって、市税の
増収があったことを報道したとよ。
「など」がついとうき、差し押さえばっかしで増収したとやないて
わかるばって、新聞で言やー見だしの部分が「差し押さえなどを強化」
やもんね。
生活保護の申請を受け付けてもらえず餓死した人が出た市には、的確な
言い方やったねー。


 ★ 関連記事 ★
    Birth of the 50s:“老老介護“の死角
    精神保健福祉士への道:「老老介護」の死角





| Top |