先日、大久保さんが、会派代表者会の結果を知らせにきた。

○ 市民福祉委員会の希望者が少ない。
○ 会派に所属していない人 2人。
○ 私と大久保さんの委員会の希望を替えてもらうわけにはいかない
 だろうか、という話もあったそうな。

広報委員を各委員会から2名選ぶのだが、そのための交替らしい。
建設と総務を入れ替わる、というものだが、私は断った。
委員会の委員は、最終的には、議長と副議長に任せてください、という
ことなので、断っても断らなくても結果は同じやろうけど。
ま、明日の議長選挙がどうなるか、やね。


★ 関連記事 ★
  議会も活動開始(07/01/06)



30日 NHK夜9時のニュース

“夢見た祖国”残留孤児の現実

 残留孤児への不当判決。残留孤児の人たちから、悲鳴のようなものが
 あがった。
 安心して老後を過ごしたい、という当たり前の願いさえ東京地裁は
 認めなかった。


司法までもが

 中国「残留日本人孤児」訴訟
 国の責任認めず(東京地裁)


3度 棄てられ

 1945年8月9日、ソ連軍が侵攻すると、旧日本軍の関東軍は
 真っ先に逃げ帰り、開拓民など民間人を見捨てて置き去りにした。
 棄てられたのである。

 さらに、敗戦後も。国は、早期帰国の支援を怠り、1959年に
 制定した「未帰還者特別措置法」で1万3600余人の残留邦人を
 死亡したものとみなして、戸籍から抹消した。
 またもや棄てられたのだ。

 そして、永住帰国が始まってからも、身元保証人を要求するなど
 制約を課して妨害。
 その上に帰国してからの支援金はわずか16万1900円程度の
 一時金。
 北朝鮮による拉致被害者にたいする給付金のような継続的な給付金
 制度も作らなかった。

 国から3度も棄てられ、そして、司法の場までもが見捨てたのだ。


31日日刊紙一面(少しだけ紹介) 加藤裁判長は、国による第二次
世界大戦前の「満州国」(中国東北部)の建国や移民政策などが孤児
発生の原因だったと認定。
しかし、国の実質的な植民地政策や戦争政策は高度の政治的判断に
もとづくとして、「本来、司法審査の対象ではなく、戦前の国策も
例外ではない」との判断を示しました。

昨年12月の神戸地裁判決は、「戦前の政府の政策は、自国民の生命・
身体を著しく軽視する無慈悲な政策だった」と、国の棄民政策を断罪し
て「国は残留孤児を救済すべき高度の政治的な責任を負う」と、国の
賠償責任を認めました。

東京地裁判決は、この神戸地裁判決と正反対の結論となり、原告団・同
弁護団は同日、記者会見し、「原告の思いを一顧だにしない、きわめて
非情で冷酷な判決」とする声明を発表。直ちに控訴することを明らかに
しました。

おかしいのは閣僚ばっかりやなかったとね。



厚労相の問題発言

なん考えとっちゃろか
「女性は産む機械」って考えとうなんて


たぶん28日やったと思うばって、夜ラジオで聞いたとよ。
「エーッ」とびっくり。
しかも言った人が厚生労働相っていうっちゃき驚いたばい。


すぐ書かな!

 ところが、肩書き・名前を書こうにも、間違いなかったかいな~、と
 不安になったとよ。で、昨日 遅くきた(家から家族が配達)日刊紙
 確かめろうと、二面を必死に探したとよ。
 ばって載っとらんき諦めたと。


29日付け一面に

 この前の麻生さんの発言が二面やったき、二面ばっかし見よったら
 一面やったとよ。
 イラク反戦の記事を読み返しよったら横に載っとうやない。
 うかつやったね~。


厚労相「女性は産む機械」
 大臣の資格欠く 市田氏批判

 の見出しの後に記事が載っとったと。
 柳沢伯夫厚生労働大臣の発言だけ書いておこうーっと。
 「女性の数は決まっている。産む機械、装置の数は決まっている
 から、あとは一人頭で頑張ってもらうしかない」


今日の国会中継で顔を見たばって、見かけで判断したらいけん、と
わかっていても、言いそうな人やね~と思うてしもうたばい。


美爾依さんのブログを見ると、この恥ずかしい発言は、アッちゅうまに
世界中に広がったてよ。


「高齢者は迷惑するくらい元気」

 ついでに麻生太郎外相の発言も紹介しとこうね。

 19日、愛知県春日井市で、少子高齢化問題に関して講演。
 「65歳以上で寝たきり老人や、要介護老人はたった13%。
 87%は、周りが迷惑するくらい元気が良い。 しかも(お金を)
 持っとる」と発言。
 70歳以上が日本の個人金融資産の半分に当たる700兆円を所有
 しているとした上で、「(高齢者はお金の)使い方が分からない、
 持っているだけ。年金を貯めることを前提で、年金(制度)を
 つくったのは日本だけだ。高齢者のお金の使い方を教える商売が、
 一番良いこれからの商売だ」などと述べました。(20日付け日刊紙

 だいぶ前に、年寄りに金を使うのは枯れ木に水をやるようなものだ、
 みたいなことを言うた人もおったばって、自民党の人も相変わらずやね。



29日付け
 しんぶん赤旗 日刊紙

 27日、ワシントンでイラク撤退を米政府と議会に求める集会とデモ
 行進が行われ、50万人が参加しました。赤旗は一面に大きく取り
 上げていますが、ポラリスを見ると、他紙では、扱いが小さく、その
 上、参加人数も大変 少なく書いてあるそうです。ぜひ、ポラリスの
 数字を見てみて。
 この日は、西海岸のサンフランシスコなど全米二十数ヵ所で集会や
 デモなど反戦の声を上げる取り組みが繰り広げられたそうです。

 ワシントンでは29日、集会参加者が議会を訪ね、イラク撤退を
 求める決議案、法案に賛成するよう議員に働きかけるようになって
 いるそうです。



耳から聞くのは、やっぱーいい加減やったばい。
日経18日は間違い。14日付けやった。
足だけやないで耳までおかしゅうなっとうばい。


福津市のところだけ書いておくね。

まず大きな見出し 自治体会計に変革の波

少し前おきがあって
小見だし
夕張破綻が象徴

 「このままだと将来、子供一人当たり三十万円のツケを回すことに
 なります」――。福岡県北部に位置する福津市の池浦順文市長は、
 ことあるごとに市民にこう呼びかける。同市は二○○五年一月、
 二つの町が合併して誕生。行政のスリム化を目標に市長が取り組んだ
 仕事が、合併時の財政実態をもとに将来の住民負担を予測した独自の
 バランスシート作成だった。
 職員の退職引当金や、施設維持に必要な費用もすべて見込んだ負債
 総額は約四百億円。これに対し全資産は約二百二十七億円で、差額を
 人口(約五万六千人)で割った額が「ツケ」となる。市は「それでも、
 様々な事業にもっと税金を使いますか」と問いかける。


この後、群馬県太田市を紹介。
そして、また説明。

 市は「それでも、様々な事業にもっと税金を使いますか」と問いかける。
 この文見ると、またまた言いたくなるとよね。「そのままそっくり
 お返しします」とね。他の文の紹介は後日ね。消灯時間やき。



「公平なご負担をお願いします」

 NHKの朝ドラ「芋たこなんきん」を見ながら朝ご飯を食べようとよ。
 その前に、平良とみさんがNHKの宣伝をしよったい。
 沖縄の風景はいいばって、最後の方で、字幕がでてくるとよ、
 「公平なご負担をお願いします」ってね。

 NHKのアナウンサーが口頭で言いよう時もイヤやったけど、あげな
 言い方したら、意地でも払うもんか!って気にさせるね~。

 そもそもちゃんとしとったら払うとよ。
 不正もなく、中立だったらね。
 でも、今、払えん人が増えようよね。格差社会で。


公平な負担って?
 
 聞く度に思うとばって「公平な負担」って、どういう意味やろか。
 1軒に?1人?見る時間量?資産?な~んていうことを考えてしまう
 とよね~。


胃に悪いわ~

 見る度 聞く度 腹がたち、食事の前には、「見たくないね~」と
 思いながら、少し前にスイッチを入れるもんやき、ついつい見て
 しまうとよね。
 言葉を変えてもらうごとNHKに投書してみろうかしら。


うち?

 払いたくないけど払いようとよ。
 30年ちょっと前、今の所に引越して来た時、NHKのおじさんが来たとよ。
 その時の言い方が頭にきたもんやき、うちの家族と何回か言い合いに。
 ある時、前の家の人が外に出とんしゃったと。それで、言い争いは
 醜いので止めたとよ。ばって集金の度に、おじさんの顔を見るのが
 イヤやったき、銀行引き落としにしたと。それも年払いでね。

 「公正な番組作り、公平な日本をめざします」ぐらいの字幕でいいばい。



アメリカ言いなり

日米安保条約のもとで、経済も軍事もアメリカの言いなりっていうのは
わかっとったばって、この頃よく耳にする「年次改革要望書」が、いつ
から出されていたか記憶になかった。
今週の日曜版に載っとったき、忘れんごと日記に書いとこ。


2007・1・28号
しんぶん赤旗日曜版

経済これって何?
米国年次改革要望書


日本に露骨な干渉

 米国政府は昨年の12月5日、2006年版 年次改革要望書を日本
 政府に提出しました。来日中のカラン・バティア米通商代表部次席
 代表が、外務省の藪中三十二外務審議官に手渡しましたが、日本側も
 対米要望書を手渡しました。

 この要望書の中で、米国政府は、安倍政権による経済改革のいっそう
 の前進を歓迎するとしています。また、現段階を、小泉政権時に開始
 された、「成長のための日米経済パートナーシップ」という合意に
 基づく交渉分野、「規制改革イニシアティブ」の6年目と位置づけ、
 両国間の貿易経済関係の緊密化に大きな役割を果たすことを期待して
 います。

--------

 06年版要望書で米国は、電気通信、情報技術、医療・医薬品、金融
 サービス、競争政策、商法・法律サービス、透明性、政府機関の
 民営化、流通、そして農業と幅広い分野にわたって規制緩和、競争の
 促進、日本市場の開放を要求しています。

 このなかで、米国政府は、電気通信の分野で支配的位置を占める
 NTT再編の議論が2010年まで延期されたことに失望すると
 しながらも、日本政府に、電気通信分野の競争環境の創出を要望
 しています。

 また、情報技術に関連して知的財産権の保護、米国の革新的医療
 用具・医薬品の日本市場開放、金融市場のいっそうの開放、そして、
 国際的「三角合併」促進を要求しています。
 この「三角合併」とは、外国企業が日本法人を通じて、自社株との
 交換で日本企業を買収できるシステムをいいます。
 このシステムの促進によって、日本企業の買収が容易になることを
 米国政府は考えているといえましょう。

 また、米国政府は、郵政民営化に引き続き大きな関心を持ち続ける
 とし、民間銀行、保険業との平等な競争条件を確保することに日本
 政府は必要な手段をとるべきだと要望しています。

--------

 この要望書は、94年9月、日米包括経済協議の決着をみて、その年
 の11月15日に初めて両国間で取り交わされることになりました。
 それ以降、日米首脳会談と前後して、06年まで毎年 休むことなく、
 「規制改革」について要望書が提出され、この要望書が、米国企業の
 日本市場進出の手段となってきたことは、よく知られている事実です。
 この要望書を取り交わす主管機関は、米国側は米通商代表部、日本
 側は、外務省となります。

 郵政民営化は、第2回目の年次改革要望書(95年11月21日)の
 「保険および金融サービス」の項で要望されていましたし、「大規模
 小売店舗法
」の廃止、「酒類販売の規制緩和」、「人材派遣業の原則
 自由化」など、日本のさまざまな構造問題に事細かに要望を提出し、
 着実に「成果」をあげる仕組みが築き上げられてきました。
 こうしたシステムは、米国による日本への露骨な内政干渉の道具と
 なっており、即時廃止することが望まれます。

  萩原伸次郎(はぎわら・しんじろう 横浜国立大学教授)
                          (以上)


いっつも思うばって、あつかましくいう方もいう方ばって、言われる
ままに動く方も動くほうたい。
一人の人間として、とか、自分は何をしたらいいのか、とか、考えて
行動しよっちゃろーかね~。

この日曜版の一面は、税金も人の金もわからんごとなっとう東京都知事
のことが載っとうき、こっちも読んでみて。



特大のイジメ

 こどもたちの間にもイジメがあり、「シカトする」というのを聞いた
 ことがある。
 石川島播磨重工業の思想差別は、それの大掛かりなもの、しかも、
 分別のある大人が、大人を使って「シカトさせる」のだ。


許せないのは

 会社のレクリエーションに親子連れ(こどもさん小学生)で参加。
 競技後、他の参加者には弁当や飲み物が用意されていたのに、○○
 さん親子には無かったこと。こどもさんの心を考えると、これを
 やらせた会社のトップに、そのまたトップに腹がたってたまらない。


今週の日曜版にも石播のことが

 「仲間を信じ40年」森啓二さん(58)を取り上げているが、
 森さんも「忘れられない」と言っているのが、会社の運動会。
 4歳の娘さんを連れて参加。弁当やジュースどころか、競技にも
 参加させてもらえず、こどもさんが「帰ろう」と言ったそうだ。
 森さんは、「こども心にも異様なものを感じたんでしょうね」と
 言っているが、こどもにまで、それほどの異様さを感じさせる差別
 は、はんぱじゃないと思う。



たたかってこそ(記事、最後の方より抜粋)

 思想・信条の自由を保障する憲法に違反して共産党員というだけで
 不当な差別をする―。労働委員会への申告や裁判所への提訴を
 はじめ、職場内外で労働者のたたかいが広がりました。
 そのなかで石播が、共産党員をゼロにするという「ZC(ゼロコミュニ
 スト)計画管理名簿」や、共産党員を定年まで最低の身分に据え置くと
 いう「個別管理計画」をつくっていた極秘資料が明らかになりました。
 表向きは差別を否定する石播を窮地に陥れる資料で、会社は今回の
 和解に追いこまれました。
 妻の和子さん(59)=中学教師=はいいます。
 「夫はいつもいっていました。『差別する人、黙っている人、本心
 じゃない。みんな良心を痛めている。誠実に対応すれば心は通じる。
 僕はみんなを信じている』と」
                (以下省略、日曜版でぜひ続きを)


なぜ、こんなにも

 なぜ、「日本共産党員」というだけで、差別されなければいけないのか。
 私が生まれるずっと前から差別はあった。

 私の父は、私が生まれる前から党員だった。
 父の従兄弟は、決まっていた就職が取り消された。
 従兄弟の身元調査にきていた人に、父がパッタリ会ってしまい(こう
 いう言い方はおかしいかもしれないが、顔見知りだったらしい)、
 就職は ぱー。従兄弟は、その後、高校の2年に編入したらしい。
 編入の前は、どこかの学校に行っていたらしいが、会ってもその辺の
 ことは聞いたことがない。私の持っている同窓会名簿に10年先輩で
 載っているので、高校にいったことは間違いない。

 私が就職試験(町立保育所 保母)を受けた時、面接官(町長)は、
 開口一番、「あんたが鹿雄さんの娘さんな」、と言った。
 今計算すると、父は、その当時、党公認の町議だった。
 父は、「なあも言わせんぐらい点を採ってみい」、と言ったが、
 最初の受験は面接だけ。次は面接と作文やったかな?
 その次は学科試験もあったばって、採用が一人くらいで、「今度多数
 採用する時に」と言われた。多数採用されるときは、手続きの時、
 長女をおんぶしていたように記憶している。
 学科や作文まではいくのだが、最後の面接がね~。
 
 さいわいに友人から、あゆみ保育園に来ないか、という話しがあり、
 それ以上は受験しなかったけどね。
 我が子も面接で落ちたけど、我が妹は、最初から県内をあきらめ、
 県外で就職したとよ。ばって、たった一人の妹が遠くにおるっちゃ
 便利悪いよね~。近かったらお互いにこどもたちの面倒をみれたのに
 なあ、と、何度思ったことか。


入党のきっかけは?

 こどもの時も今も、日本共産党って名前に違和感は持ったことがない
 し、18歳になったら入党するとが普通、と思いよった。それやき、
 入党のきっかけは?と言われたら困るとよ。
 どういう世の中にしたいですか?と言われた方が まだましやね。


治安維持法まで遡ると、差別というより弾圧やね。
天皇ではなくて、主権は国民に、なんて言おうものなら死刑やきね。
この話しは別な日にね。
石播の人々のたたかいは、日本共産党員として、「日本共産党」という
名前にますます誇りを持つね。


★ 関連記事 ★
 花・髪切と思考の浮游空間:機会の平等-差別を伝えるいくつかの記事にふれて
 プロメテウスの政治経済コラム:石川島播磨 40年にわたる思想差別 法廷外で「反省」と和解

  


無数の事実で伝えたい

(日刊紙1月24日付 九州・沖縄のページ)

今週の「'07水曜随想」は、参院比例候補春名なおあきさんが書いている。

春名さんの文章は、「今度こそ真の自民党政治の対決者、改革者の
党をぐんと伸ばし、二大政党制づくりを粉砕したい。」と締め括られ、
春名さんの決意が伝わってくる。


元気をくれる人、春名さん

 春名さんとは、街頭でも室内でも一緒に立ったことがあるが、
 元気で、よく体が動き、話を聞けば、「なるほど、そうか!」と、
 やる気が出てくる。
 ぜひ、その春名さんの文章を読んでほしい。


(記事より)
 2003年11月、私にとって3度目の選挙となった総選挙。
 党と後援会のみなさんの大奮闘にもかかわらず議席を失ってしまい
 ました。あのときのつらく申し訳ない気持ちは片時も忘れることは
 できません。その1ヵ月ほど前、民主党と自由党が合併。いわゆる
 二大政党制が本格的にスタートし、その影響は大きなものがありました。

 あれから3年数カ月。二大政党制づくりとは何だったのか、国民に
 どんな災いをもたらすか、ずいぶん見えるようになってきました。
 憲法改悪は自民、民主の共同作業。昨年末の防衛省設置法案も自公民
 の共同作業で強行。自民党の中川秀直幹事長が自身のホームページで
 「自共は信念対信念の一大論戦を展開することになるだろう。
 しかし、民主党だけ憲法問題から逃げている」と記していることは
 実に興味深い。

 民主党は今度の国会を「格差国会」と位置づけるそうですが、それ
 ならばと問いたい。
 派遣対象原則自由化や裁量労働制対象拡大に賛成、不安定雇用を増大
 させてきた自らの態度をどう説明するのか。
 母子家庭の命綱、児童扶養手当を五年で最大半額に削除。介護保険の
 負担を重くし、命を削る法案改定にどうして賛成したのか。大型店の
 出店を野放しにする大店法廃止に賛成、2年前の国会では年金財源の
 ためと「消費税増税」を法案として提出していたことをどう説明する
 のか。

 小泉さんが登場した予算委員会の論戦で、当時党首だった鳩山由紀夫
 氏が構造改革を支持し「抵抗勢力にあって倒れたら私が骨を拾って
 やる」とエールをおくったことは私の脳裏から離れません。

 外資50%以上の企業からの献金解禁、事務所費の多額計上問題では
 どっちの政党の幹部も顔を出しています。腐敗政治も二人三脚。

 思えば'03年、民主と自由が合併したのですから政党名を「自由
 民主党」とすれば国民も間違わずにすんだのに。無数の事実を丁寧に
 伝え、今度こそ真の自民党政治の対決者、改革者の党をぐんと伸ばし、
 二大政党制づくりを粉砕したい。
                           (以上)



1月20日、日刊紙の3面に載った記事を少し紹介します。
(赤旗には、名前も写真も載っていますが○○さんにしました)


同僚・上司と普通に話せるのがうれしい

石播思想差別勝利和解

石川島播磨重工業で思想差別と長年たたかい勝利和解をかちとった
労働者と遺族たちの喜びが19日、東京で開かれた報告集会の会場に
あふれました。そのなかには、東京の職場で40年近くたたかってきた
○○さんの姿がありました。(内野健太郎)


「春が来たみたいです」

 ○○さんはしみじみと語ります。職場の雰囲気はここ数年で大きく
 変わっていました。ついに会社が「反省の意」を示しました。

 「昼めしを食いに行きましょうよ」。同僚の言葉に、○○さんは
 「えっ」と驚きました。
 「おれと食べて、迷惑が及ばないのかな」ととまどいながら、社員
 食堂に行くと、同僚は二人分の席をとって「ここ、ここ」と手招き
 します。一昔前には考えられませんでした。
 別の同僚も、食事に誘ってくれました。食べながら、よもやま話に
 花を咲かせました。
 「ごく当たり前のことなんですよね。その当たり前のことが、この
 石播では許されなかった」

 石播は日本共産党員や支持者を"企業破壊者"だといって、徹底的に
 差別してきました。インフォーマル(秘密労務)組織を通じて、「口を
 きくな」「目を見るな」「香典を受け取るな」と仲間はずれにしました。

 ○○さんは、高校を卒業し1965年に入社、開発部門で働いてきました。
 職場で日本共産党員と親しくなると、会社の上司に「かぶれている
 のか。手を切れ」と懇々と説得されました。「共産党は要求を取り
 上げて頑張っているのに」と憤り、「こんな話には応じられない」
 と、自らも労働組合の青年部協議会の役員に立候補し、労働条件を
 改善しようと訴えました。

 激しい差別にさらされます。研修を受けさせてもらえず、一つひとつ
 が独学です。多数の特許を申請し、独創的なアイデアを出して、
 携わった開発が機械学会で表彰されたこともありました。
 一昨年の愛知万博で高い評価を得た燃料電池の主要機器の開発にも
 貢献したと自負しています。
 しかし、社内での表彰に、○○さんだけはいつもはずされます。同期
 入社の仲間が課長や課長代理に昇進しているいまも低い等級のままです。


子どもにまで

 ○○さんが一番つらかったのは、同僚と仕事のこと以外の交流が
 できないことでした。仲間が飲みに行くときも誘われません。20年
 ほど前の年末のこと。同僚全員が突然いなくなりました。別室で仕事
 納めの乾杯をしていたのです。一人しらふで門をでました。

 会社のレクリエーションに当時小学生だった息子を連れていきました。
 競技の後、インフォーマル組織が弁当や飲み物を用意していましたが、
 ○○さん親子にはありません。「なんで」という子どもに、「さあ、
 街でおいしい物食べよう」と明るくふるまいました。
 「おれは間違ったことは何もやっていない。おれが頭を下げる必要は
 ない」という思いが、○○さんを支えました。

 門前で党のビラを配布していて、手で払いのける労働者はごく数人。
 ビラを受け取らなくても多くがそっとうなずいていきます。「たとえ
 口をきいてくれなくても、気持は通じる」。○○さんの労働者に
 寄せる信頼が変わることはありませんでした。
 差別されると分かっていても、会社の行事には出席しました。会社の
 運動会で、飲食物の出ない○○さんに、「おい食べろ」と周りの目を
 気にしながら、そっと焼き鳥を差し出す労働者がいました。外に飲み
 にいくと目につくからと、夜、誰もいない部屋で酒をくみかわす場を
 設けてくれた上司もいました。


7000人を首切り

 共産党員への差別は、自由にものが言えない職場をつくり出しました。
 1986年の七千人首切りをはじめ、無法がまかり通りました。上意
 下達の企業運営はやがて経営困難をもたらし、橋りょう談合も摘発
 されました。
 石播は「自由に本音で話し合える職場」を掲げるようになりました。
 いまではビラを配っていても、はばかることなく受け取っていく若い
 労働者が多くなっています。

 「おれは、会社の顔色をみて立ち回るような生き方はしなかった。
 それで信頼してくれる人がいるのかな」○○さんは、少し照れくさ
 そうに語りました。
                       (赤旗記事ここまで)


今日は、記事の紹介だけにします。



初外出の革新懇新年会で、日経1面に福津市が載っていた、と聞いた。
読んでくれたが、「何それ!」、と、言いたくなった。
反論したくなったのは強烈に覚えているのだが、細かいところは、全然
覚えていない。でも言いたい。


市長の発言、そのまま、こっちが言いたい!

 福津市の財政状況について、400億円?の借金に対し、資産が
 200億円?
 これに対し、市長が何か言っているのだが、同じ言葉を市長にその
 まま言いたい、と、強く思った。(数字も市長発言も日経で確かめ
 なくては、ネ。たぶん近い将来の数字だと思う)


なぜ、借金が。そんなに作らなくてもいいのに

駅東区画整理事業 53億円

  独立行政法人 都市再生機構(旧・住宅公団)が事業主体
 一度中止されたものを、議員や町長がお願いして再開させた。
 日本共産党は反対。全国17の事業中、3ヶ所再開(12月議会で
 20ヶ所中、という発言も)。
 そのためにいろいろな約束をしたんだと思う。
 私たちには言わんけどね。機構と協定も結んでるしね。
 これからどんどん膨らむかも?


公共下水道

 400億円(議会での説明は、その内半分は国が補助する)。
 西日本新聞によると、400億円でなく607億円になっていた。

 駅東区画整理事業のために、下水道事業を急いだ。
 浄化センターを海岸ではなく、少し離れた所に。事業費、割高に。


● JR福間駅建替20~30億円

 駅東区画整理事業のまちびらきに間に合うように、JR福間駅を建て
 替える。
 新しい市になったからといって、新しい駅にする必要はないと思う。
 しかし、人にやさしい駅、裏側から利用できる駅は必要。
 JRが建て替えたいなら、JRに造ってもらいましょう。

【便利な駅に】
 1)裏側に道を造る 2)裏側に改札口を 3)表裏の自由通路を
 4)JRにエレベーターを設置させる


● 駅前広場 20億円

 今、大変混雑して危険。広場の整備もだが、この混雑早急に解決する
 ためには、駅裏から利用出来るようにすることが最優先だと思うけど。


今後の予定

● 道路

 国道3号線と旧3号線を結ぶ道

 国道495で玄海・津屋崎から福間までは、渋滞なくこれるが、
 あとは、花見とか原町の団地の中を通勤・観光客の車が。
 住民は危険にさらされている。

 そもそも国がいい加減。
 北九州から福岡までの海岸線の道を、途中までで止めとうとよ。
 道路建設は、後先考えてしてほしいよね。

 政府が環境問題をもっと考えていたら

 津屋崎からの西鉄宮地岳線の利用で、車は減っていたに違いない。

 売れればいい、儲ければいい、という世の中ではなかったら、車で
 通勤、というのも減っていただろう。

 労働時間にゆとりがあれば、車通勤も減っていたに違いない。
 そうなっていたら、JRをくぐるような、お金がかかる道は、必要
 ないかも?
 「せまい日本、そんなに急いでどこへ行く」という標語があるけど、
 福間って狭いとよ。
 国道3号線と旧3号線を結ぶ道は、福間をでてすぐの古賀市花見と、
 宗像市の手前の小竹からの二カ所にあるとよ。
 ゆったりした生活なら、この2ヶ所で十分だとは思うけどね。


● 市庁舎

 市長が初心表明で、「任期中にどちらか1ヶ所(今2ヶ所。分庁方式
 で、福間と津屋崎に)に決めるか、新築するか、市役所は1ヶ所に
 する、と。新築だと何十億円かかるか?


すでに多額の

● ゴミ焼却場 に毎年 数億円

 ゴミ減量で焼却場は適正な規模にすべきだが、なぜか、福間にあった
 焼却場を建て替えた時、宗像市と古賀市の2ヶ所に建設され、しかも
 大きなものが。
 福間から古賀に決まった経過も?
 また、説明では、一旦燃え出すとゴミだけで燃え続ける、という話
 だったが、ゴミが足らなくて、助燃剤が使われている、ということも
 聞いた。


まだ消えていないずっと前からの計画

● 水道事業

 宗像市と福間の浄水場を一本化し、宗像の多礼から福津市すべてに水を。

 昨年度から、福岡水企業団の海水淡水化事業の水を買っているが、
 水は要らなくても、お金は払わなくてはならない。

 ダムができれば又その水を買う。ダムの建設費まで含んだ高い水を。


ベッドの上で思い出し思い出し打ったので、正確に書けないのが残念!
こどもの時と較べると、記憶力が、ガタンッと落ちとうね~。


♥ More..Open

 



久しぶりにテレビ漬け

昨日の日曜日は、久しぶりにテレビ漬け。
またまたでてきた大林組


日曜日は暇

 歩く練習をしても2~3分。
 次はベッド上で、足首を動かす。
 目は暇なのでテレビをつける。


一旦つけたらダメなのよね~

 サンデープロジェクトから始まり、第12回全国都道府県対抗男子
 駅伝競争大会
まで、しっかり見てしまったばい。

 サンデープロジェクトは、後半の「総力取材イラン本当の姿にきっと
 驚きます」から見たけど、題のわりには、驚かんやったけど、アメリカ
 こそ悪の枢軸、という感を強くしたね。

 駅伝やらは、見ると、目が離せんね。
 ま、それやき今まで見らんやったとばって。
 見だすと、テレビに釘付けで仕事にならんとよ。
 私って、みはまるとよ。

 特に、今回は、いつも最後の方を走りよる沖縄が、がんばっとうし、
 とにかく九州勢から目が離せんやったね~。


北九州市長選始まる

 誰か知った人が写らんかなー、と、ニュースの度に見たばって、
 なかなかおんしゃれんもんやね。
 ばって、政令市ともなるとマイクの数がすごいね。
 テレビ局のをまとめて持っとんしゃっちゃろか。
 指が短い私には出来ん芸当ばい。ま、お呼びもかからんけどね。


まだまだ続きよったっちゃね

 昨夕、突然「大林組」というのが耳に入ってきたとよ。
 おととしの名古屋市営地下鉄で談合したらしいけど、(大林組元顧問が
 仕切り役やったみたい)その時に、今年3月までの落札予定者をもう
 決めとったみたいね。

 しかもよ、さすがというか、途中で、「談合はしません」、という
 「決別宣言」までしとったげなよ。

 その上、談合情報がもれたとなると、業者同士いれかわって落札した
 らしいよ。
 今日にも、実態を解明する、て言いよったばって、どうなったかね~。
 地下鉄工事って、駅まで含めると、990億円だって(工事の延長
 距離は聞きもらした)。談合してでもとりたいはずやね。

 夜8時になると、宮崎県知事の当確。
 宮崎県も、談合問題も、この先、どうなるっちゃろうかね~。



昨日の一面は、圧巻よ!

石川島播磨
 40年の思想差別反省
 労働者175人と和解
 再発防止を約束

これがどーんと左に
右には

 いっせい地方選政策共産党が発表
  「オール与党」の悪政と対決
  住民要求実現へ全力

その下に

 2人が声あげ 7500人に雇用保険
  太陽生命 全外交員に適用へ

この三つに囲まれて

 授業時間を10%増
  教育再生会議 第一次報告案
  「いじめ」で出席停止も

の記事よ。
選挙もこれでいきたいね~。
「オール与党」の悪政をみんなで包囲しよう


 ★ 関連記事 ★
   ポラリス:元気付けられました!



教育再生会議かなんか知らんばって、よう言うよね~。

こどもを出席停止?

 誰が、こげーなるまで、ほったらかしとったとよ。
 再生会議のメンバーを決めた人たちやろも。

 出席停止にするなら、今、事務所費やらで嘘ばっかり言いよう人
 たちを出席停止にせんね。
 あ、そしたら国会、成り立たんかもね。

 とにかく美爾依さんのを読んでみて。
 教育関係の二つの事が書いちゃーき、ちょっと長いけどね。



昨日は、入院して初の外出をしました。
革新懇の新年の集まりです。
「夕方、出かけます」と、朝、同室の人たちに声を。




 声をかけたことすら忘れていたら、「何を着て行かれます?」と
 聞かれました。
 最初は何を言われているのかわかりませんでした。
 「ああ、夕方 着ていく服のことか」とわかるまで、ちょっと時間が。


みなさん変身されて、お出かけ

 優雅なドレスっぽい服の方、黒で決める方、とにかく、私が見ると、
 「おっ」、と言いそうになる変身ぶりです。
 とにかくカッコイイのです。


私は

 娘に「適当に上着を」と頼んだら、愛用の服を持ってきてくれました。
 何年も前に生協で購入し、長さも色も気にいったので、もう一枚購入
 していたものです。
 地域の行事に着ていけば、同じ服を着た人に会います。
 新婦人の集まりに参加すれば、そこでも同じ服を着た人に。
 もう何年も前に買い、何度も何度も洗濯機で洗ったのに、どうも
 なっていません。
 ズボンは、ウエスト84cm、選挙中ずっとはいていた、というより、
 それしか入らなかったのですが、それを持ってきてもらいました。
 入院する時にも、もちろんはいていました。
 送ってくれた娘に、「クリーニングに出しとって」と、寝巻に着替え
 た後、頼みました。
 すると娘が、「洗濯機の『ドライ』で洗っちゃーよ」と言ったのです。
 せっかく言ってくれたから、ま、いいか、と、諦めました。
 洗ってもらったズボンを見ると、シワはあるし、ツヤはないし、で、
 ガッカリしましたが、それをはいて出かけると、みなさんの方が
 ガッカリされるのでは、と心配になりました。

 夕食もそこそこに、前開きの寝巻を脱ぎ、お気に入りをスポッと
 かぶり、短パンの上からズボンをはいて出かけました。
 同室のみなさんは、まだ食事中でした。
 「もう食べたと?もう着替えたと?」と、あっけにとられていました。
 さっと出かけ、帰ってきた8時は、みなさんカーテンの中です。
 見られることはありませんでした。
 「ただいま帰ってきました」と、声をかけて終わり。
 ホッと一安心


話し言葉で書かなかったら、大変時間がかかりました。
時間をかけても何だかおかしな出来上がりになってしまいました



1・17余波

修学旅行

 息子は当時中2。2月になれば京都へ修学旅行の予定だった。
 冬の京都は寒いらしい。全員防寒用の服を準備していた。
 ある日、突然の学校からの呼び出し。緊急学級委員会が開かれ、
 多数決で行く先 変更(南九州)となった。
 空からでも見れるのなら、見せておきたい!と思ったのだが。

 年中半袖Tシャツで過ごしていた息子が、中学生になり仕方なく
 学生服を着た。親は、仕方なく、ジャンバーを買った。
 あのジャンバーはその後どうしたのか、記憶にない。


京都に行きたい!

 口癖のように言っていた息子から「今、京都だよ~ん」とメールが
 きたのがたぶん去年。職場の仲間との旅行でやっと念願の京都に。


私も記憶力が落ちたばい

 息子は何かあると「京都に行ってくる」と言っていた。
 あまり言うので、無職青年の時にもしかしたら、バイクで行っていたかも?
 その辺の記憶がはっきりせんとよ。
 ここ数年の記憶は、あまりの慌ただしさに、時の感覚がおかしく
 なって時間の間隔がわからんごとなっとうしね~。
 それにしても、書きよったらいろいろ思い出すね~。
 12年以上前のことまで。



1月17日

朝のニュースで、今日が、阪神淡路大震災から12年ということを知った。


病院ボケかしら

 あれだけ毎年思い出しては、1年の決意を固めていたのに。
 あの寒さの中で、校庭や体育館で過ごされた人たち・亡くなられた
 人たちを忘れないでおこう、と、決意していたのに。
 何年たっても孤独死のニュースが。
 それを見る度に思いを新たにしていたのに。


今もまだ

 被災者向け住宅にまだ3万世帯が。
 しかも、家賃の補助が打ち切られるという。
 昨年、被災者むけ公営住宅での孤独死66人。
 昨年末までの死者数、462人。


日本政府はなぜ こんなに冷たいの

 震災当時、家族の安否を心配して、被災地に残る人はいるだろう。
 でも、他の人を、温かな部屋に、なぜ移動させないのだろうか、と、
 当初から怒りがあった。震災地を一歩出れば、そこは別世界。
 何事もなかったかのようなニュースがテレビに映し出される。
 日本中の旅館を貸し切って使ったらいいじゃないか、と思っていた。
 私の妹一家は大阪に住んでいる。とても人ごととは思えなかった。


このことと

 同じ年9月、沖縄で、米兵による少女暴行事件がおこった。
 それによって、様々な沖縄の実態を知った。
 一人の日本人として、私は今まで何をしてきたのだろうか。
 その時から、私は少しずつ動き出した。
 1995年は、私にとって、決して忘れてはいけない!年となった。



昨日は、宮崎の鳥インフルエンザ(生活補償はあるのだろうか、という
ことなど)のことを書くつもりでしたが、消灯時間に寝せつけられました

「はい、ギブスにしましょうね」
「自分でしますから」
「踵の方は、まだ、出来ませんよ。…ハイ、電気消しますね」と、
布団までかけてもらったので、ごそごそ起きだすわけにもいかず、
じっとしていた。そしたら眠ってしまったのだ。
しかも夜中に3回も行くトイレに、1回しか行かんやったとよ。

今、昨夜の看護師さんが、「装具はいつ着けましょうかね」と、来られた。
「自分でしていますので。着けたあと、見てもらっています」と断った。
だって着け変える時に、ガサガサのところにハンドクリームをつけるとよ。
へびの抜け殻みたいな皮膚が、だんだん人間の皮膚に戻ってきたばい。
看護師さんに着け変えてもらったら、そげんこたーされんもんね。



携帯、思いだすままに

息子から電話あり

 「入院しとう、と、わかっとうとに」と、思いつつ、ベッド上で
 携帯に出る。
 「元気?」と。「元気よ」と小さな声で。
 用件は、携帯の電話料金を私から切り離し、息子の口座から
 引き落としてくれ、というものだった。


家族割引

 我が家の携帯は、家族から強制的に持たされた私が、第一号。
 次に購入する者は、家族割引がある、ということで、何だかわからん
 ばって、新規・買い替えは、私の了解がいるところとなり、料金も、
 一括で引き落とし(3人のみ)。


家族は、バーラバラ

 昨年、次女が「家族割引に入ったよ」と(4人目)。
 そこで、初めて知った。料金は別々に払ってもいいようになったことを。

 次女から四女に伝えられ、利用することに(5人目)。
 「甘やかしたらいかん!」と、2人の娘が。
 息子にも、料金別々に払えるようになったことを伝えた。
 「ふ~ん」と返事が。そして数ヶ月、やっとその気になったらしい。
 ばって、本人は、動かんき、結局私が。ま、あと1ヶ月ぐらいで、
 手続きに行けるやろうし。電話料金が少なくなるのは嬉しいばって、
 ちょっぴり寂しい気もするね。


便利なもの?

 始めのうちは、持っていくのを忘れた。
 「持っていかんなら携帯の意味がないやない!」と、よく言われた。
 本当は、「携帯せんなら携帯の意味がない」と言われたと。
 ダジャレのごとあるしね~、書きたくなかったばって。
 言うた本人は、真面目な顔しとうとよ。
 注意されよう方は、吹き出しそうになったばい。
 今は、だいたい持って行きようね。
 少しは使い方もわかるようになったし。
 どこにおるかワカラン、と言うのがいいね。
 声は元気やき、いちいち入院中です、なんて言わんでいいもん。


メールは、めんどくさい?

 静か~な病室で、ちまちま打てるのは、いいとばって、喋らんき
 イライラするとよ。
 口でゆうたら、ア~ッというまに済むとにね。
 読み返せるのはいいばって。


開票速報は携帯で

 今度の選挙、立ち会いの人が、携帯で知らせてくるごとしとったとよ。
 事務所では表まで作って今か今かと待っとったと。
 1回目は、み~んなゼロ。
 しばらくすると次の電話。でも何かおかしいとよ。
 私なんて骨折しとうきじっとしとったら、「ホームページ」と言う声が。
 それを聞いて「あっ、そうか!」と、思い出したわけよ。
 この前、立ち会い人になった時、職員がパソコンに直接入力しよった
 とをね。
 その頃は、パソコンにも触ったことがなかったので、単なるワープロ
 機能ぐらいしか考えつかんやったとよ。
 で、開票速報は、パソコンを立ち上げ、福津市のホームページ
 見て、印刷もした、というわけよ。

 昔の開票速報は、車で事務所まで知らせるか、一つしかない公衆電話
 で、待って待って報告しよったね~。
 携帯が出来て便利になったと思いよったばって、世の中それより
 すすんどっちゃね。
 わたしゃ、ゆっくりでもいいばって。



安倍NATO演説 他

おやつを忘れとった

 な~んかいろいろ思い出しよったらもう夕方の5時よ。
 おやつの時間も忘れとったや。
 好きでもない牛乳を、「たけのこの里」のつまみで飲んだ。
 それから日刊紙を広げ、一面から裏へ。


 北海道深川
 市長逮捕で出直し選 今日告示

 見出しに引き付けられて、つい読んでしまった。
 「市長室でわいろを受け取るなんて、ばかじゃなかろうか。
 市民をなめとうね 」と思い、ひょっと上を見ると、
 「憲法度外視の危険な踏み込み」という文字が。今日の主張だった。


運悪く

 昨日の夕食時、地方ニュースでも、とテレビをつけると、数分で
 「首相記者会見」、となってしまった。
 切ろうか、とも考えたが、たまには自分で直接聞くのもいいか、と、
 食事しながら聞いてしまった。
 (この頃は、美爾依さんのブログで安倍さんの発言を)


消化に悪いばい

 そりゃ最初の顔は、美爾依さんたちのブログに出てくる写真そっくり
 (当たり前か)の安倍さんの顔に笑ってしまったが、「何、これ、
 アメリカの代理で行ったと?」と思ってしまった。


アメリカの代理として

 しょっぱなから、ナトー、ナトーと出てくるし、アメリカのイラク
 派兵では、NATOの中でもバラバラ。なのに、NATOの中が
 まとまっているような言い方をするし、食事中に聞く話じゃなかったね~。


「主張」には書いてないけれど

 NATOの意思決定機関である北大西洋理事会(NAC)で、安倍さんは、
 英語でしゃべったげな。
 間違って訳されたらいかんき、英語でしゃべったっちゃろうか。
 それとも、ブッシュさんから頼まれたことを一言一句間違えんごと
 英語の原稿見ながらしゃべったっちゃろうか、どっちやろかね。
 それにしても、ちゃんとしゃべりきんしゃったやろか。
 記者会見の時は、短い質問への応えも、下をチラッチラッと見よん
 しゃったき、留守部隊としちゃ心配ばい。日本の代表やきね。

 記者会見時、フランスの記者が、「アメリカより先にヨーロッパへ。
 まわる都合でしょうが」みたいなことを言ったけど、四角四面じゃ
 ないところが、よかったね~。
 日本の首相は、アメリカ様様 、というのは、
 知れ渡っとうね~。



コメントへの返事

やっぱりおかしいばい」にコメントをいただきました。
そのコメントへのコメントを、今日のブログに書くことにしました。

(以下コピーです)
コメント有難う。そういう国があり事実なら、また、一外国の政党(日本共産党のことです)であっても、きちっと言わなければならない時は、日本共産党として、きちっと、中央委員会が言っています。
私のフログは私のまわりのことを主に取り上げていますのであしからず。
米軍の移転の件ですが、私が住んでいる福岡県の築城にも来ます。今までの米軍の様子から考えると、築城の上空だけをぐるぐる回るだけではないでしょう。福岡空港(米軍板付基地)にもくるでしょうし、隣の遠賀郡には、自衛隊の芦屋基地もあります。この辺り一帯が訓練場となってしまいます。また、ベトナム戦争の時は、ここ、福岡県の板付空港からも米軍機がベトナムに行っていました。私は、こども時代、芦屋の隣の岡垣村(今は町)に住んでいました。海岸もすぐでしたが、松林は鉄条網がしてあり、米軍の演習場となっていました。米軍のヘリコプターは、我が物顔で田んぼの中に降りて来ますし、狭い道にサイドカーは走りまわるし、恐怖を感じたことを覚えています。ああいう怖い思いをさせたくない、そういうことまで書きたかったのですが、あの日は、異常に時間がかかりましたので省略してしまいました。
( 以上でコピー終わりです)

あとちょっと書きたかったのですが字数に制限がありましたので、打ち切りました。


三里松原

 岡垣の海岸は、白砂青松の大変きれいな海岸で「三里松原」と
 呼ばれていました。
 吉木小学校の校歌にも「三里松原」はでてきます。
 (吉木小学校は私が入学した学校)


海水浴はバスに乗って

 海岸には、当時一度も行きませんでした。
 海はあるのに、海水浴はバスで波津まで。


英語が苦手なのは、この時から?

 でも、松林は、広い松林です。
 こどもたちだけで、恐る恐る出かけたこともありました。
 道の右側は、ずーっと鉄条網で、英語と日本語で書かれた注意書きが
 ぶらさがっていました。
 射爆場で弾拾いをしていて亡くなった人も。
 そういう話を聞いていましたから、鉄条網と英語の注意書きを見た
 だけで恐かったのかもしれません。


今では懐かしい思い出です

 浜のグミは、今食べると、ものすごく酸っぱいのですが、みんなで
 採りに行きました。
 大人たちと一緒の松葉かき(風呂の焚き付けに使う)、その合間の
 キノコ採り、今では、み~んな懐かしい思い出です。


書いているうちにいろいろ思い出し、感傷にひたっている時、娘が
訃報を持ってきました。中学の同級生です。
1週間前の見舞いの花がくたびれてきたので片付けろうと思いましたが、
綺麗な分だけ残すことにしました。
今日は、一人で友人を偲ぶことにします。

花 1週間前 1週間後の花 今日



久しぶりに「ちゅらさん」を見ました。
朝ドラの時は、真面目に、楽しみにして見ていました。

今まで単発は見たことがなかったのですが、今日の日刊紙石子順さん
解説文、最後の「ぜいたくな作品」に引かれて見てしまった。

ずーっと前、マンガに凝っている時、石子さん紹介のマンガをよく
よんだものである。


突然、上妻日記に

 今日は、いろいろしている以外は
 靴を履くのがまず大変。
 寝る時は、ギブスに。今朝から、本格的に装着の生活が。

 看護師さんにギブスを外してもらい、装着。
 「あ、靴は自分で履きますから」と、言ってしまったのよね~。
 簡単に出来る、と思ってね。
 それから約5分。永久に履ききらん、と思うたばい。
 やっと履いた!と思ったら、いつもの、器具での朝のリハビリ。
 靴を脱いでベッドの上に。

 終わると、ちょっぴり時間短縮で、また靴を履く。

 同室の人にお風呂の番が。次は私、と、ベッドに腰掛けて準備。
 この時、膝の裏側に装具が当たって痛いのに気付いた。
 風呂の準備が終わると、靴は脱ぎたくないので、ベッド上で、足を
 まっすぐ高く上げて、番が来るのを待った。
 読みが外れ、間に別な部屋の人が入り、延々と同じ格好で待つことと
 なってしまった。
 こどもの頃からよくしている格好だから慣れてはいるが、「体操?」と
 看護師さんから聞かれた時は、答えようがなかったね~。
 やっと番が来て、シャワーを浴びたけど、また靴に時間が。

1ヶ月ぶりに体重計に

 まず、装具と膝のサポーターを。二つで、1.4キロ。
 次に両足で、もたもたっとしながら私が。
 なんとなんと64.5。骨折してから3キロ以上も太っているのだ。
 あの 10キロ減量 は何処へ、という感じやね。


午後のリハビリ時にいろいろ尋ねた

 装具を着けたからといって、10分以上ぶらっと下げているのは、
 よくない、ということだし、膝のうらの痛みもどうしようもない、
 ということだった。
 で、結局、トイレに行った時 少し歩き、あとは、ベッドにゴロリ、よ。
 夕食 間際に目覚め、ちゅらさんが始まる少し前に「ギブスにしましょう
 かね」と起こされた。
 危うく見損なうところだった。


で、恵文さんが言う「おばあやおじいが大事にされないと。おばあが
いばっていないと沖縄じゃない」というような意味のセリフに「そうだ
そうだ」と相槌打ちながら、今、高齢者がおかれている状況、我が親の
ことなど思い浮かべ、涙がでてしまった、というわけよ。
その前には、ついつい笑ってしまう場面もあったし、来週が、た・の・し・み。



やっぱりおかしいばい

昨日は、ニュースを見れば、最初は延々とバラバラ死体遺棄事件のこと
ばっかり。

今夜もやっぱりそう。
毎日毎日、これでもかこれでもかと、よう報道するよね~。


同じ人殺しでも

 アメリカのブッシュさんは、イラクで、何十万人殺したかわからんと
 いうのに、しかも新たな殺人者集団を二万二千人、イラクに送る、と
 いうのに、ブッシュさんのことは、ちょろっとしか報道せんとね~。
 おかしいと思わん?


その上によ

 沖縄の嘉手納基地などで行われよう人殺しの訓練を、千歳(北海道)、
 百里(茨城)、小松(石川)、築城(福岡)、新田原(宮崎)、
 三沢(青森)の自衛隊基地にまで拡げるとよ。
 沖縄だけじゃ足らん!と、日本全土で訓練するとよ。
 しかも、その引越しの費用を日本が75パーセントも負担するとよ
 (12日付 日刊紙)。


 人殺しの訓練は、アメリカでやってほしいね。
 日本政府もおかしいばい。
 人殺しの訓練のために、北から南まで、全~部国土を提供して、その
 上、お金まで出すなんてね。
 しかもよ、こげなおかしいことを、日本のマスコミがほとんど取り
 上げないなんて、これもまた、ものすごおかしいばい。

 おかしくなるはずよね~。
 文部科学相ゆうたら、こどもたちの模範にならないかんのに、その人
 たちが嘘はつくし、お金の使い方はおかしいし、これじゃあね~。

 ますます、やる気がでてくるばい 参院選 。がんばらなくっちゃ。


あとがき(?)

 12日朝から書き始めて、今、13日の1時15分です。
 合間合間に書くのも大変です。
 書こうと思ったことを忘れたり、書き始める度に、最初から全部読み
 直さなくてはいけないし(単に忘れているだけ)、今日(と、いって
 いいかどうか)は、ものすごく疲れました。

 久しぶりに二足歩行、あ、杖がいるからまだやけどね、装具ができて
 きました。
 まっすぐ立つと、傷がつっぱるのか、ものすご痛いです。
 傷が破れて血が吹き出しとっちゃないやろか、と心配ばい。



英語は苦手

昨夜、「ためしてガッテン」で、高血圧のことをみる。
健康に気をつけなくちゃね、と、いつもより、早く寝ました。


朝かな?

 ぐっすり眠って「朝かしら」と携帯見れば、まだ11時半。
 その次に目が覚めたのが、2時半、5時半よ。その度にトイレよ。

 今から寝たら…
 6時半に起ききらんな~と思い、そのまま起きていた。
 この際、ゆっくり見てみよう、と、いろいろのホームページへ跳んでみる。


わんばらんす
 の『まやかしのカタカナ語を・・・使わないようにしよう!!!』に
コメント
を書いたので、今日の日記に書くことにした。
(省いた分、加筆した分あり)


 ひとみです。むやみやたらに使ってほしくないですよね~カタカナって。
 お偉方は、カタカナで国民をけむにまきます。
 個人的に言わせてもらえば、「議会の中で使わないで!」と、叫び
 たいですね。「マイナス・プラス」くらいはいいですよ。
 うちの市長さんって、町長時代から新しもん好きで、討論に、最初の
 うちはついていけず、帰ってから辞書で調べたりしました。
 2年前の合併時から、パソコン関連のカタカナが多くなり、少しは、
 覚えないかんかな、と思っています。
 でも、私、外国語はダメなんです。
 中学の最初の英語の授業、あれが、いかんやったとよね~。

 私にはチンプンカンプンの教科書を友達がスラスラ読むとよ(私は、
 教科書をきれいに丸写しして、そこにいろいろ記入するぞーと授業に
 臨んだ)。
 大きな家に住む男の子やったけどね。
 今のごと、ほとんどのこどもが塾に行きよう時代やないとよ。
 塾という言葉も知らんやったばい。
 お金持ちとの差をこども心に感じたっちゃろうね。
 それで、「もう、英語やら勉強せんばい!」と、決めたとよ。
 「単語を覚える努力は しないぞ」と、固く心に誓った、というわけよ。
 数も曜日も十二の月も、ほとんどダメ。メーデーのいわれから、
 5月が「メイ」というのは知っとったばって。

 あまりにも横文字だらけの今、公式の場では、日本語を、と思って
 いますが、簡単な会話ぐらいは、出来た方がいいかな、と、感じる
 この頃です。
 親類のこどもが、姉妹とも英語圏の人と結婚したんです。
 結婚式に出席している人ほとんどが英語でなんかしゃべりよんしゃー
 とよ。
 ばって私は、それらの会話が意味不明やき、式の間中、ス・マ・イ・ルよ。     
                             以上
 

欲をいうなら、日本共産党綱領ぐらいは、英語版でも解るごとなりたいね。
死ぬまでの課題かな。



今日の日刊紙から

 志位委員長、ハノイ到着

米爆撃犠牲者の記念碑を訪問。献花
日本軍占領下の二百万人餓死者の記念碑を訪問、犠牲者を追悼し、献花

【記事より】

 1944年から45年にかけて日本軍の食糧収奪、軍用作物の強制栽培など
 で発生した飢餓により約二百万人が餓死しました。
 志位委員長は一行を歓迎した地元のハイバーチュン区人民委員会の
 ゴクビック副委員長に、「日本軍の占領下で二百万人のベトナムの
 人々が餓死したことを日本国民として決して忘れてはならないと
 思います。ハノイを訪れる日本人がこの記念碑を訪れるように
 『赤旗』の紙面などで紹介していきたい」と語りました。


 こういうことを日本軍がやってきた、というのは知っていましたが、
 人数までは知りませんでした。

 友人たちの中には、先月ベトナムに行った人もいるし、これから、と
 いう人も。
 知らせていかなくては。


一口に二百万人と言っても

 餓死に至るまでを想像するだけで、日本軍がどんなにひどいことを
 したか、ひとりの日本人として、戦争は絶対にしたらいかん、と思う。
 普通の感覚の人やったら、同じように考えると思います。


ところが、安倍さんたちは

 違うとよね、あの人たち。金持ちと貧乏人の考え方の違いやろか。
 今までの発言をちらっと聞いたかぎりでは、頭の良し悪しとは違う
 みたいやしね。
 参議院議員選挙では、貧乏人の底力を教えてやらなね



言われたくな~い

「大人の自覚どこへ…」

 久しぶりに西日本新聞を斜め読み。
 朝は、結構先客がおられ、なかなか見れない。
 左足に負担をかけたくないので、必要最小限しか部屋をでない。
 部屋を出たついでに新聞を見るのだ。

 羽織袴、バイクで信号無視、とか、引き逃げで、捕まえたら、成人式を迎える日だった、みたいな記事よ。
 そりゃ、引き逃げで、人を殺したら悪いよ。
 たまたま引き逃げした人がハタチで、成人式が挙行される日に事件をおこしただけたい。
 それを「大人の自覚どこへ…」とか言ってほしくないね~。
 言う相手が違っとっちゃないと!
 採用試験問題もらしたり、ヤラセやらする人やら、い~っぱいおろうも!

 若い人は、なっとらん!みたいな書き方やないで、若い人がやる気がでるような書き方は、なかったのかね~。


タ・ト・エ・バ

 新政権初成人式

 首相思惑通り
  危険を省みず  羽織袴で若者
   赤信号突破

 早くも先取りか
  人ごろしの訓練

この見出しじゃダメかしら?



上妻日記 1月9日

週に一度の回診

 上妻先生だけでなく、リハビリの先生も含めての回診。
 「そろそろ動かしましょうかね」と。


傷口点検(夕方近く)

 いつもの、血の流れをよくするリハビリも終わり、1階の処置室で傷口を診てもらう。
 「きれいになりましたから、シャワーはいいですよ」
 ヤッター、と思った。
 付け替えの度に拭いちゃんしゃーばって、足の表面が、へびの抜け殻みたいになっとうとよ。
 ものすご気になりよったと。


部屋でリハビリ

 理学療法士の方とは思うばって、名前は知っとうばって、資格名は知らんばい。

 選挙中頑張ってくれた膝のリハビリ2日目。
 この最中に見舞い客。先生は、「かまわず話されていいですよ」と。
 結局3人でいろいろ話す。
 その中の一つ。「足だけはきれいでしょう?」と友人。
 そのあとに「化粧はしないし、、、」と。
 すると先生、「足はきれいですよねー。自分が診た中でベストテンに入りますよ」と。

 私の足って陽に焼けてないのだ。
 免許とりたてのころ(次女が生後3ヶ月の時、自動車学校入学。今年、結婚39年になるき、何年前かな?)は、車がよくパンクしたとよ。
 しかも通勤途中よ。何回タイヤ交換したかわからんばい。で、ぱっと足広げたり、変な格好するき、スカートは、はかんやったとよ。
 それで色も白いとよ。




スカートを持たないわけではないのだ

 新婚の頃はスーツで薬院まで通勤しとったもんね~。
 このころは、免許無し。
 長女を生んで半年であゆみ保育園勤務。
 翌年4月次女を出産。そして7月から免許取りに。
 ウーン、だんだん思い出してくるね~。
 それからは、ズボンよ。でも、たまにはスカートもはくとよ。
 子宮ガンの検診時やろ、葬式やろ、夏のアッパッパーやろ。
 夏は結構、家ではスカートよ。涼しいとよ。
 普段ズボンやき、スカートはくと、裸でおるごとあるとよ。


いよいよ明日は
ギブスを外してのリハビリに


すぐ動きそうな気はするばって、聞いたら、痛いんだって。楽しみやね~どれだけ痛いか



新年のごあいさつ     松尾ひとみ

 市議選でのご支援、ありがとうございました。
 市議選直前に右足首を骨折し、入院中です。
 このニュースが届くころには、装具を着けてリハビリ中だと思います。
 今度の選挙ほど「すぐ、お会いしなければ」と思った選挙はありません。
 選挙カーからのうったえを、じっと聞いておられるお年寄りの方が
 何人もおられました。
 ある人などは、私の話が終わると、両手をきちんと揃え、「ありがとう
 ございました」と言われるのです。
 「共産党」というだけで、ビラさえ受け取らない人もまだおられる
 地域です。思わず涙が出そうになりました。

 自民・公明の政治が、いかに人々を苦しめているのかを、まざまざと
 みせつけられた思いです。
 来年は、更に医療制度の改悪で、社会保険の家族となられている高齢
 者からも医療保険料が引かれようとしています。
 早く政治を変えなくては!の思い、ますます強くなります。
 七月の参議院議員選挙を、その突破口にしたい、そのために一日一日
 を大事にし、日本共産党をみなさんの中に広く知らせていきたい、と
 決意しています。
                       2007年1月8日


これで880字。後援会からの、原稿依頼は、20字×15行で300字よ。
難しいね~。
今晩寝れそうにないね~。



委員会といえば

最初は、勉強のため、と総務委員会に。これは希望通り。


この後が問題よ

 30人学級と介護保険のことを議会の度に質問してきたばって、
 関連の委員会にならんとよ。2年で交代やき、1回ぐらいはね~。


あるとき、反対を

 文教厚生委員会になりたくて、「そげー私の希望通りにしたくないと
 なら」と、第1希望を建設にしたとよ。
 そしたら議長が何て言うたと思う?
 「あ、松尾議員、希望通り、建設にしとったよ」と、わ・ざ・わ・ざ
 声をかけてきたとよ。
 しかもそのあとの言葉が「女性は一人ばってよかろ?」よ。
 悪いちゃ言われんき「いいですよ」と言うたよ。


男性の中に一人

 そりゃ私はいいよ。でも、他の議員は、がっかりした人がおったろうね。
 一番女性らしくないのがきたっちゃきね。
 しかも、酒は飲まんき、お酌もせん、おもしろなかったろうね。
 (送別会などで、自分が、この人は、という人には、体調を知った
 上でするけどね)


これでも男女共同参画?

 上記は、福間町時代のことばって、議員定数20名中7名が女性
 やったとよ。
 審議会やらは、男女の比率をできるだけ同じにしようと、条例まで
 決めとうとに、それより低い、6対1よ。
 委員会は三つやき、他は、女性が3人・3人よ。


福津市では

 総務と文教がいっしょになっとうとよ。
 議員団3人で(23日までは。24日からは新議員で2人(打ち合わせ
 をした時、条例がいろいろでてくるき、総務には入っとかなね、と、
 決めたとばって、思い出して、書類出してよく見たら、総務文教委員
 会、と、なっとうとよ。
 略していうもんやき忘れとったばい(合併した時、今までの委員会とは
 受け持つ任務が変わりました)。
 今度はどうなるかね~。
 文教に入れるか、入れないか。タ・ノ・シ・ミ



「おはようございます」の声で

 時計を見ると7時。慌て「今、体温計りますね」と言った。


絶対、寝過ごす、と

 なしか知らんばって昨夜も、よう寝たとよ。
 しかも、上布団の上に足を乗せたまんま。
 テレビで池辺さんの顔を見て、オーケストラの演奏を子守歌(に、
 したいわけじゃなかったとよ)にしてね。
 10時過ぎにテレビは消したけど。
 そして目が覚めたのが4時50分。そしてトイレへ。
 今度はちゃんと布団を着て、また、眠りに。
 そしたら、いつもの(私のではありません。朝、6時少し前に
 鳴ります)目覚まし時計が鳴るとよ。今日に限って延々とね。
 かといって起きたくはなし。絶対寝過ごすばい、と思いながら
 いつのまにか
 そして、7時、というわけよ。


この1時間の間に夢を

 久しぶりにカラーやったばい。
 正月からこっち、頭に入ってきた人たちが総出演よ。
 青年や孫・こどもたち全員で何かして、そのあと、風呂にみんなを
 入れろうとしたら、ごえもん風呂よ(「佐賀のがばいばあちゃん」の
 せいかな)。
 しかも、その中に、石鹸やらなんやら落ちとうと。
 次の場面は、みんなに食べさせようと西瓜を買いに行くシーンよ。
 その途中で、西瓜を馬車いっぱい買って帰る同級生に会うたとよ。
 同級生が言うには「なして広宗(ヒロムネ)に貰いいかんとよ」と言うと。
 おもしろいよね~夢って。広宗は宗像市にある地名で、父の従兄弟が
 花作りで生計を。
 その前はトマト。トマトの時は時々貰いにいって、衣裳ケースいっぱい
 を職場で分けよったとよ。
 同級生が馬車いっぱい積んだ西瓜は、大小様々、色・皮は、まるで
 完熟トマトよ。
 次のシーンは、狭い歩道に人がうつぶせにバタッとしとうとよ。
 横の車道にその人のバイクが。
 この場面って、さっき見たテレビ(眠って殆ど見ていない「青海
 チベット鉄道」再放送)の中に出てくるとよ。
 ごたいなんとかっていって、2~3歩行って、バタッと大地に額を
 つけて拝みながら、ラサ・ポタラ宮まで行くとよ。
 ただし、こちらは、横にあるのは、付き添いの人が引く、テントや
 食料を積んだ、リヤカーみたいなものやったけどね。
 見とらん、と思うとってもチラッとぐらいは見たかも、ネ。


夢といえば

 こどもの時から、汽車に乗って、ずーっと旅をしたかったとよ。
 1週間くらいは乗りっぱなしでね。
 1週間とか贅沢は言わんき、せめて、チベット行きの列車には
 乗ってみたいね~。


叶わぬ夢かしら

 ずーっと前に取ったパスポートも使わんで期限切れよ。
 国内も行きたいとこだらけなのに、国外なんて夢のまた夢やね。


今、私に

 掃いて捨てるほどのお金があるなら、仙台まで焼きうどん
 食べに行きた~い


今日は、二組6人の見舞い客がありました。
いつもなら、3時に、煎餅食べ食べ、朝の牛乳を飲むのですが、ヒトがいるので、牛乳だけにしました。
今、お腹で音がしています。ひもじさか、牛乳の影響かわかりませんが。
牛乳大好き!ではないとよ。飲まないかんき、飲みようだけ。つまみがいるとよ。
夢のことを書きよったら、保育の全国合研の時食べた焼きうどんを無性に食べたくなったとよ。バラライカでね。





| Top | Next»