FC2ブログ

朝、チラッとテレビを

 スパ
 モニ  という字が隅のほうにあったき、たぶん、
     スーパーモーニングと、思うばって。

正確には思いだせんばって、
 
 大谷さんが、「普通に真面目に暮らしている人が、普通に、、、」
 鳥越さんは、「経済界の大物だと言われている、品川さんが、
        こんなことを言っているんですよ」と。
        こんなこと、というのは、聞いていません。


テレビ番組のタイトルを見るために日刊紙を見たら
 
 スーパーモーニング
  植木等さんさんの死と昭和...平等の時代から格差の時代

そういや、若い人が、昔から格差はあったとかなんとか、聞きよったら
イライラするようなことばっかり言いよったね。
私も人間ができとらんね。それとも学習不足?(そうです!)
そしたら鳥越さんが「今 大阪城から見えるブルーシートが、昔(?)は
ありましたか」(説明の仕方に納得!)と。

鳥越さんと大谷さんと、もしかしたらどっちがどっちかわからんごと
なりようばって、さすが、大人やね。(顔の区別はつきます)
若い人への説明が的確やったね、しかもやさしく、いきまく相手にね



うちから歩いて5分、もかからんかもね

 若木台ができてすぐ、公民館はここを借りていました。
 隣組の懇親会をここでしたこともあります。
 ずいぶんお世話になりました。
 このすぐ裏が、夫の生家です。

津丸公民館

 すぐ裏ですが、今は、コンクリート壁があるので行けません。
 風情のある細い道を少し歩かなくてはなりません。  
 私が嫁いだころは(もうちょっと違う言い方ないかなあ)、
 コンクリート壁はなく、公民館の裏から、ちょろちょろっと行って
 ました。

 大きな声では言えませんが、当時は生ごみを、裏に、ポイと捨てて
 いたみたいです。(茶の葉とか野菜くず)
 大きな生ごみは畑に。燃えるものは風呂に。五右衛門風呂でした。
 
 生家、とかいうと、なんか有名な人が生れた家みたいやね。


公民館の前の桜がだいぶ開きました

 選挙の掲示板は、この桜をバックに立っています。

公民館まえの桜


選挙、といえば、実家に行く時、民主党の候補の出発式みたいなのに
出くわすし、実家で父と話しをしていれば、すぐ家の前をもう一人の
候補者が選挙カーでくるし。
仕方ないね~、このへんで育っとんしゃあき一番にくるっちゃろうね。
学校は1年先輩。今の家も近く、こどもは同級生。
政策は全然違うばって、気安く話すよ。ご近所さんやもんね。

この時、父が、「名前を知りんしゃれんばい。覚えにくいとやろか」と。
「そうね~、言いにくい、というのは私も聞いたばって」と。


「うるさい!」と怒鳴る人の気持ちが

 県議は候補者をたてきらんやったとよ。
 県が変われば、ぐっと変わるってわかっとうとばって。はがゆいね~
 年度末の仕事がたまっとうとに、仕事必死の時にきんしゃ~もんやき
 集中できんとよ。
 事務所は、なんたって1丁目1番地の1やもんね。
 若木台の顔の部分やき、演説しんしゃあとよ。
 私なんて、ご近所は、いつも遠慮ばっかりよ。
 な~んて、遠慮しようわけじゃないとばって、循環バスが通るように
 なって、軽自動車というても停めづらいとよ。


明日は、生活と健康を守る会の花見です。
お年寄りが多いいき、名前はいよいよわからんやろね。
しょうがない。「ひとみちゃんの、 、ですよ」と、叫ぶかね。


津丸公民館の紹介のつもりがとんでもない方向へ。
せっかくの桜のところに、ポスターの掲示板やらがあるもんやき、
思い出してしまったろうも。



久~しぶりに生協の品物を取りにご近所へ
(正月用品《31日配達のみ注文していた》は入院で取りにいけず)

 何ヶ月ぶりかの班の人とのおしゃべりとあいさつ。
 配達のお兄さんには、「初めまして」と、あいさつを。
 
 ここで、うれしいことが。
 「ブログ見ています」、と若い男性が。

 班の人と親しく話しよんしゃあき、誰やろか~と考えよったら
 「息子です」と。

 うちの娘と同い年よ。ご近所に5人同年が。全然わからんやった!
 男の子って変わるっちゃね。
 うちもずいぶん前に、「おたく、息子さんは2人やった?」と、
 言われたことがあったっけ。
 それにしても、ホント、わからんやった!

 遠くからでも若木台のことがわかるように、書かないかんね。


母に頼まれ久しぶりに魚を買いに

 注文は母が。私は受け取るだけ。もちろん、お金は預かってね。
 ばって、食べるとは、我が家が一番食べるけど。


せっかくやき海を

 魚屋さんは海岸の近くやき、久しぶりに海を眺めたとよ。
 波の動画を撮る前に、写真だけでも、と。
 久しぶりの潮の香は、気持ちよかったよ~
 だ~れもおんしゃれんやろう、と思ったら違っとったや。

海岸  福津の海


バイバイ

 帰りに西鉄宮地岳線の踏切を通ったとばって、「31日まで」の
 看板が。
 すぐ近くでは、女性が幼児を抱いて、「バイバイ」をさせよんしゃあ
 とよ。
 どうかならんっちゃろうか。あれだけ地球環境が叫ばれようとに。





| Top |