FC2ブログ

お玉おばさんのところで、辺野古から緊急情報、を知りました
沖縄は、私の原点なのに、知りませんでした、このブログ。
早速、お気に入りのフォルダ、「オキナワ」に追加しました。
以下は、記事のコピーです。




平良夏芽さんからの緊急声明です。各方面に流してください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

緊急声明「バルブ事件に関して」

 被害を訴えている平良夏芽です。多くの方々にご心配をいただいて
おりますが元気です。様々な情報が飛び交っておりますので、事実と、
私の思いを公にしたいと思います。

 ことは、7月21日(土)午後12時30分頃に起きました。順を追って説明
します。パッシブ・ソナーという機材を海底に固定するための台座の
杭の打ち直し作業が行われようとしていました。作業ダイバーたちが
タンクを背負って海に入ったので、私もタンクを背負って潜りました。
14リットルのタンクに満タン(200)を確認し、バルブを全開にしてから
半回転戻すという基本操作をして潜りました。

 皆さんに知っていただきたいのは、作業ダイバーが作業を強行する
時もお互いの安全確認がなされていたということです。この日もダイ
バーのリーダーは、海底で何度も何度も私の安否を問うてきました。
私が押しつぶされるたびに、私の目の前にOKサインを出して確認して
来たのです。私のタンクがはずれた時に背負い直す手伝いをしてくれた
のもダイバーのリーダーであり、急浮上した私を介助してくれたのも
ダイバーのリーダーです。

 それゆえにエアーが止まって急浮上した時、私はバルブが閉められた
とは夢にも思いませんでした。船上にあがって落ち着いた私は、作業
ダイバーが乗っている船に阻止船を近づけてもらって「助けてくれて
ありがとう。エアーがゼロになってしまったみたい」と告げているぐらい
です。
 ダイバーがそんなことするはずがないという思いと、海底でかなり
息が荒れていたのでエアーの消費が激しかったのだと判断した私は、
原因を確かめることもせずにお礼を言いに行ったのです。
 しかし一緒にいた仲間たちから「バルブをさわっていたようだが閉め
られていないか」と確認され、改めて確認してみたらバルブが閉まって
おり、エアーの残量も150もあったのです。船上の仲間たちはもちろん
バルブをさわっていません。状況として作業ダイバーがさわったとしか
言えないというのがはっきりと言える事実です。更にこれを補完する
資料として映像があります。前日に購入したばかりの防水ビデオカメラ
に現場の映像が映っていますが、じっくりと見ないと分かりにくい映像
です。

 現在、ブログ等で出回ってしまっているくっきり写っている写真は、
バルブが閉められて瞬間のものではありません。確かにバルブに手が
伸びており、半回転ほど回っているようですが、閉めたとも言えますが
開いているのを確認したとも言える映像です。ですから、この部分の
映像や写真を現場写真として使用することは止めてください。関係の
ないダイバーを巻き込むことになります。

 もう一つ大切なことは、辺野古の闘いは「相手との関係性を大事に
して来た」ということです。基地建設計画が白紙撤回されたとき、作業
をしていた人たちと酒を飲めるような、そんな阻止行動を目指してきま
した。現実は厳しいもので、なかなかそのようにはいきませんが、目指し
ていたのはそのような関係性です。バルブを閉めた本人は、その責任を
負わなければなりません。しかし、必要以上にその個人を責めるのでは
なく、現場の作業員をそのような精神状態に追い込んでしまった権力に
こそ、その矛先を向けて欲しいのです。
 
 施設局は、これまで多くの怪我人を出してきました。気を失って救急
搬送された仲間もいました。どんなに危険な状況が生じても、一切の
責任を負わず、ノルマだけを業者に押しつけ続ける施設局こそが糾弾
されるべきです。これが「防衛」という言葉を使っている人々の実態
です。現在は現場に責任者もおかず、すべての責任を業者だけに負わせ
る体制をとっています。全国の皆様、このことをこそ問うてください。
絶対に許してはならないことです。お願いします。
 
 壊れてしまった信頼関係を回復することは非常に困難です。しかし、
この困難を克服しない限り本当の平和を創り出して行くことは不可能だ
と思っています。
 基地建設に繋がる作業の強行がなされないように厳しく対峙しながら、
個々人を追い込まない方法を模索しています。どうぞ現場の思いを
理解し、ご協力をよろしくお願いいたします。

              2007年7月26日

            うふざと教会牧師
            平和市民連絡会共同代表  平良夏芽




自分のブログを打つのがやっとで、なかなか他の人のを見る、というのが。
良いのがあったら紹介してくださいね。



この前、仁比さんから聞いて、みんな怒っとったとよ
今日の日刊紙に載っとうき、読んでみて

政党助成金 ため込み65億円
自・公・民・社 使い残し返却せず
共産党は受け取らず



 定率減税の廃止など、庶民に増税を押しつける一方で、日本共産党を
除く各党が、国民の税金である政党助成金をせっせとため込んでいる
実態が明らかになりました。

 1995年からはじまった政党助成金。各党が得たぬれ手でアワの
交付金は、今年4月までの総額で、約3840億円という巨額にのぼり
ます。日本共産党は、憲法違反の制度として政党助成金の受け取りを
拒否。政党助成金の廃止を主張しています。

 各政党はこれを人件費や選挙CMなどにあてていますが、問題は使い
残した助成金を「政党基金」としてためこみ、利子で増やすなど運用
までしていることです。


 その総額(支部分を含む)は、民主党の約28億円を筆頭に、六党で
64億9600万円になります。(グラフ参照)
政党助成金


 政党助成法は、「その年の政党交付金または支部政党交付金について
残余を生じた場合」、総務大臣は「返還を命ずることができる」と明記
しています。「国民の税金なのだから使い残したら返せ」というのは、
国民感情からして当然ですが、自公政権は「各政党の判断にゆだねる」
などとして、国民の声を無視しつづけています。

使い道 カーナビ・飲み食い…
 政党助成金は、いったん政党に渡れば、何に使おうと勝手放題な
“つかみ金”です。選挙違反対策の弁護士費用から、除雪費、ストーブ代、
カーナビ代、「議員研修費」の名目による、料亭での飲み食い費、携帯
電話のストラップ代など、自民、公明、民主などの政治家によって好き
勝手に使われてきました。

 政党助成金は、もともと「政治改革」の中心課題として、政治家個人
への企業・団体献金の禁止と引き換えに導入されたものです。ところが、
政治家が支部長をつとめる政党支部で企業・団体献金を受け取り続けて
います。政党のあり方が問われていますが、自民は収入の60%、民主
は収入の84%を助成金に依存(05年)しているのが実態です。

許しがたい審判下そう 
日本共産党の佐々木憲昭衆院議員の話 国民の税金である政党助成金
を、山わけして使い残したうえ、ため込んでいるという許しがたい事実
は、私が国会で追及して明らかになりました。ほんとうに腹が立ちます。
企業・団体献金を受け取ったうえ、税金まで懐にいれるような政党に、
国民の痛みがわかるわけがありません。こんどの参議院選挙で、厳しい
審判を下そうではありませんか。




記事をコピー。漢数字は算用数字に直したものも。



今日の日刊紙に(27日付け)

 昨日の留守電の医療費のことが今日の日刊紙に。
 日本全国で苦情がきよっちゃろうね~
 この記事持って、選挙が終わったら、ゆっくり説明に行こうかね。
 昨日は、電話だけの説明やったきね。それにしても頭にくるよね。
 70年代は、無料の医療費が、3割よ




高齢者 医療費ズシリ
自公が改悪 来年4月から

 来年4月から、お年寄りの医療費負担が大きく変わります。75歳
以上を対象にした「後期高齢者医療制度」が始まると同時に、70-
74歳のお年寄りは2割負担に。65歳以上は、国民健康保険料が年金
から天引きされます。昨年6月の医療改悪法で、こんな「お年寄り
いじめ」の政策を決めた自民、公明両党の責任は重大です


75歳超も保険料

 来年4月から、75歳以上は、いま加入している国民健康保険や組合
健康保険などから抜けて、後期高齢者医療制度に入ることになります。
約1300万人が対象になります。

 新制度では、75歳以上のすべての高齢者が保険料を支払わなければ
なりません。現在、子どもの扶養家族になっていて保険料負担がない
高齢者も、例外ではありません。

 保険料の額はこれから、都道府県ごとに決められます。厚生労働省は
1人あたり平均で月6200円、年間7万4千円になると試算しています。


年金から天引き

 年金を月1万5千円以上受けている人は、保険料が年金から天引き
されます。「保険料を確実に徴収するため」(厚労省)です。75歳以上の
うち、8割程度の人が天引きの対象になります。

 すでに年金から天引きされている介護保険料(平均で月4090円)
と合わせると、平均で月1万円を超える保険料が年金から自動的に
引かれてしまいます。

 しかも、これに便乗して、65歳以上の国民健康保険料も、来年4月
以降は年金から天引きされることになります。


窓口負担倍増に

 後期高齢者医療制度の導入とあわせて、来年4月から、70-74歳
の窓口負担も、現行の1割負担から2割負担に引き上げられます。 
「現役並み所得」(夫婦二人世帯で年収520万円以上)の人は医療
改悪法によって、昨年10月から3割負担にされています。


保険証取り上げ

 負担増だけではありません。保険料が払えない高齢者から保険証を
取り上げることまで始めようとしています。

 いまは、75歳以上の人の場合、国保料を滞納しても保険証は取り
上げていません。しかし4月からは、滞納した人は、75歳以上で
あっても、容赦なく資格証明書を発行して保険証を取り上げます。

 資格証明書では、病院の窓口で、かかった医療費を全額(10割)
払わなければなりません。貧困で苦しむお年寄りから、医療までも
奪い取るものです。



共産党、改悪制度の全面見直し訴え

 日本共産党は、後期高齢者医療制度の創設を盛り込んだ医療改悪
法案に対して、「高齢者に対する過酷な保険料取り立てと差別医療の
押し付けになる」ことを追及し、きっぱり反対しました。参院選政策
では「制度の全面見直し」を訴えています。



以上記事より。漢数字は直しています。
国保料は、福津では、国保税と、読み替えてください。
後期高齢者医療制度は、以前にも書きましたが、この記事がまとまって
いますので、もう一度書きました。といっても、コピーですが。
今、絶対に実施させてはならない、保険証の取り上げなんてとんでも
ない、と、がんばっています。

高齢者 医療費ズシリ



私のパソコン、インターネットをクリックすると、日本共産党

 ここ数日、画面がおもしろい(と言ったら失礼かな
 見たことがない画面が時々混じって動くのだ。
 マンガ大好きな私は、それが楽しい
 
 「しんぶん赤旗」をクリックしても、以前よりわかりやすい。
 ずっと前は、みんなに見てほしい、と思っても、インターネットより
 やっぱり紙の方が、と思ったのがたくさんだったが、最近、写真や
 グラフが増えたように感じる。

 日本共産党を知ってほしい。それには、日本共産党をを見てほしい。
 同級生のみなさんブログを訪問されたみなさんぜひ、見てね。

おもしろいためになると思われたら
ぜひ、ご購読ください「しんぶん赤旗」

本物の、紙の方がずっとずっとおもしろいし、紙面の構成の楽しさも
楽しめる。
なんたって、インターネットで見れない分が見れる
そして、日本共産党の財政面を支えているのが、党費とカンパと、この
購読料の一部なのです。

みなさん、この3本の柱を、ぜひ、太く大きくしてください
私もがんばります。

ぜひ、購読





| Top |