FC2ブログ

日刊紙4日5日を読み、今の思いを、読者の方に届けました
 届けたものには、私の写真がくろ~く入っています


日本共産党、がんばりどき
 
  憲法九条  

 先日、若い人たちの生き生きした姿を見ました。
 11月3日、日本国憲法公布の日、楽しく憲法9条を考えるつどいが、警固公園で催されました。
 司会はもちろん、出演者にも多くの若者が。
 舞踊の朝鮮学校のこどもたち、ふくおか南の少年少女の合唱構成、
牧師の木村公一さんと歌う若 い人たち。久しぶりに感動した、という
声も聞かれました。


乳幼児医療費を無料に

 新宮町では、若いお母さんたちが、12月議会に向けて署名に取り組ん
でいます。
 四女から「応援してやって」と、メールが。
 今、5000筆ほど集まり、議員さんへのアンケート活動や訪問に
取り組んでいる、ということです。
 人の中に入る事さえ経験していなかったお母さんたちが奮闘している、
とのことでした。
 全国でも、新婦人の若いお母さんたちが、すごいエネルギーを発揮して
いるそうです。「1千億円・戦闘機10機分で無料にできる!」と。


感激の11月1日 自衛艦インド洋から撤退

 「進路を日本へ」この言葉を聞いた時、感動を覚えました。
 参議院選挙で自民公明が後退した、自公政権に国民がノーを突きつけた、このことを実感した日でした。


暮らしが破壊されてきました

 相談は増え、深刻な問題が多くなりました。
 自民公明の政治で、「あたりまえに暮らしたい」という願いさえ踏み
にじられてきたのです。
 19年前、社会保障のため、と消費税が導入されましたが、社会保障は
よくなったでしょうか。
 家族介護の負担を軽くする、介護の社会化だ、と、介護保険制度を新設。
 40歳以上から、あらたな保険料を徴収。しかも高齢者からは、少ない
年金から天引き。保険料・利用料の大幅な負担増。
 しかも、来年4月からは、世界でも例が無い高齢者だけのあらたな医療
制度でさらに負担増が。
 しかも、滞納者からは保険証を取り上げる。病院からも締め出そうと
しています。


大企業・大資産家・アメリカには大盤振る舞い

 国民には負担増の一方で、大企業や大資産家には税金を負けてやる、
しかも、財界は消費税をさらに上げれ、と要求しています。
 米軍にはいたれりつくせり。そのうえ、再編には、3兆円をポンと約束
する。このままでは、国民の生活は、とんでもないことになります。

大企業・大資産家には応分の負担を
日米安保条約をなくし平和な日本を

 参議院選挙で、多くの国民が「政治を変えることが出来る」と実感したのではないでしょうか。
 アメリカ言いなりの政府や財界。
 残念ですが安保条約をなくそう、と主張している党は、まだ日本共産党だけです。
 今、日本共産党のがんばり時だと思っています。
 多くの方と力を合わせて政治を変えたい、急がなければ、と決意しています。

                          2007・11・9





| Top |