FC2ブログ

議会運営委員会を傍聴しました

 急にあるき何事かと
 議員報酬を元に、とかいうのが出てくるのかと思うたばい。


議案は、報告含め4つよ

 1番大きな議案は、公共下水道の管を埋める場所の変更の事よ。
 深く静か~に掘りよったら、岩盤に当たったげな。
 それやき、コースをちょっとだけ変えると。
 もちろん、金も工期も増えると。それやき、議決がいるとよ。
 12月の議会まで待たれんげな。急ぎようもんね~
 
 1億5千万円以下やったら議会に、かかっとらんやったろうばってね

 契約金額 変更前 1億5225万円
               変更後 1億8194万4千円 
    
        工期は、来年2月28日までが3月21日までに
      請負業者は、若築建設(株)九州支店

着工前には、調査委託費も。そん時わからんやったのかね~

19日本会議で決めます。

♥ More..Open


今日の日刊紙「大連立」の動き、国会対応について
志位さんの ことばは、「そうよ、こりゃわかりやすい言い方たい」と。


NHK「日曜討論」 志位委員長の発言(大要)

 日本共産党の志位和夫委員長は十一日、NHK「日曜討論」で
インタビューにこたえました。聞き手は影山日出夫解説委員。

この中からちょっとだけね

 衆参の「ねじれ」状況

悪い法案は通らない、いい法案は通りやすくなった

影山 今回の「大連立」という話は、そもそもいわゆる「ねじれ」現象をどう
 解消するかというところから出発しているんですけれども、共産党は
 衆参の「ねじれ」現象は解消する必要はない、野党と与党が対立して
 いる問題についてはいっさい法案が成立する必要がないというお考え
 なんでしょうか。

志位 国民の立場からいいましたら、今の状況というのは、なにか
 不都合が起こっているわけじゃないんですよ。

  たとえば、インド洋に派兵していた海上自衛隊の艦船が初めて撤収
 するという事態になったわけですね。これは、戦前、戦後を通じて、
 国民の声で軍隊を撤収させたというのは歴史上初めてのことで、
 私はなかなか喜ばしいことだと思うんですよ。

  それから先ほどから(他党のインタビューで)いわれている被災者生活
 再建支援法、この問題については、かねてから、“住宅本体の再建に
 たいする公的支援を”という被災者のみなさんの長年の運動があった
 わけです。この問題について私は記者会見で、(参院選の結果を受けて)
 与野党を超えて、そういう方向に踏み出したんだから、超党派で(改正
 案を)成立させようじゃないかというよびかけもしましたけれども、
 これが実ることになりました。

  ですから、国民からすれば、悪い法案は通らない、いい法案は通り
 やすくなる状況が生まれている
わけですから、何も不都合はないと
 思います。


ねじれねじれと言われるばって、これがあたりまえよね。
悪いものは、国会を通したらいかんと




あわせて、まだ読まれていない人は、11・12日日刊紙・特別党学校交流会 不破哲三社研所長の発言を、ぜひ

 一気に読んでしもうたばい。
 元気が出る今の国内外の情勢も、未来への展望も、ようわかるばい





| Top |