FC2ブログ

何を書こうとしていたのか!忘れたと。すぐ書かないかんね~

 11月17日は、福間(今、福津)に引っ越してきた日よ。
 そげんことは覚えとらんやったと。
 朝から地区の事務所で議会報告印刷。その足で実家へ。


「今日は何の日か知っとうを?」

 顔を見るなり母が。
 この前三女の誕生日は終わったしなあ、24日には日にちがあるし
 数秒かけて思い出したと。「福間に引っ越してきた日やろ」と私。
 「あんたは覚えとったったい。お父さんは覚えとらんとよ」と母。
 思い出してよかったあ


「どうした寒いとこやろか、と思ったばい」

 母が当時の事を話す。海岸近くの木造のアパート・二階建て長屋?は
 浜風が強く、部屋には隙間あり、で冬に向かう時に越してきたので
 寒 かったに違いない。
 まだ話す事が、という母を置いて、新婦人の会議へ。


51年目の1日目だというのに余韻?に浸る暇は無い

 あわただしく毎日を過ごしているけど、会議が終わって
 「投稿(コメント)はしていないけど、読んでるよ。500円の
 ブログの本を、今度見せて」と。
 読んでいる、というのを聞くのは、うれしい。それが、51年目の
 1日目であればなおさら。福間に越してきてよかった、と、関連の
 無いことでも うれしくなる1日だった。

写真の公開は覚えたし、議会で忙しくなるし、当分新技術?はお休み。
明日は本を持っていこう。
 
踏まれても・秋のタンポポ

 



臨時議会報告

「がんばん等の関係で」(地中を進んでいました)

 議運の時、市長が言んしゃったとよ。
 「がんばん」と。「岩盤」と思うたばい。
 違っとったとよ。鉄片が出てきたげな。
 橋の土台?に行き当たったみたいやね。
 「岩盤」やなかったと。「等」がついとったもんね~


公共下水道事業来年度供用開始目指して、やっぱあ急ぎよんしゃあとよ
いろいろ質問は出たとよ。
聞きたいことはあったばって、み~んな聞いちゃんしゃったばい。

設計の段階でわからなかったのか、ということに関して
  土木事務所に資料がなかった。橋台から3m離れたらいいだろう、と
 判断した、ということやったばい。


議案は、理由をきくとしょうがないき賛成したばって、何があるかわからん
き、書類は、5年やないで、橋の耐用年数ぐらいは、保存しとかなやね。


ついでに、他の質問の答
  URの事業(区画整理事業?)若干遅れ気味。
  議案の下水道の事業は、URの協力のおかげで、すすんでいる。
 と、いうことがわかりました。
 
 区画整理事業は、ず~っと遅れとったら、田んぼが残っていいかも
 と、言うことには、ならんやろね~
 工事が進みようとを見ると、胸が痛むばい。どげかならんやろか

残したい!田んぼ  見えません



声をあげよう!

今日19日の日刊紙発言を読み、30年前は、そうやったね~と、あらためて

弁護士・生活保護問題対策全国会議代表幹事

     尾藤 廣喜さん

ちょっと紹介すると(記事中より)

 私が厚生省保護課に勤めていた三十数年前は、生活保護は将来なく
 なっていくと考えていました。
 なくなればハッピーという不思議な課だと思っていました。
 当時のセーフティーネットの一つは、終身雇用制度で、一度労働者が
 企業に入ればまず企業がそこで支えます。
 それがだめになったら年金や保険で面倒みましょう、それもだめに
 なったら生活保護でみましょう、というように三つの網があったんです。
 いま、どうですか。一つ目も二つ目もなくなって、三つ目の網も穴が
 あいている。だから餓死が出たりする痛ましい事態となっているのです。
 

あとは、記事を読んでね

尾藤さん


夕日に映える秋のバラ
  


今日の日刊紙に加藤周一さんの講演の要旨が

 早稲田大学で開かれた「Peace Night 9」で評論家の加藤さんが講演

   「老人と学生」

     この国の未来開く協力を

小学校時代のことを思い出しながら、そうよ、そうよ、と。
日刊紙には、参加者の思いも。「ゆうPress」ぜひ読んでね


加藤さん



ちょっとさみしいき、近くの秋のバラを

秋のバラ



18日、久しぶりのミカン狩り

 毎年あっていたのですが、不作とかちょっと違った事を、と、久しぶり
 この冬?一番の寒い日です。津丸公民館集合で、畑まで歩きます。
 私は、バイクです

        
ミカンもあるけど、柿に見とれました

柿  ミカン狩り


若者にとってもらいました

 杖をつきつき背伸びはできず、かといって、しゃがむのもね~
 目の前にもあるとばって、ちぎってもろたと。
 小さい時から知っとうき、頼んだと。

とってもらいました


スミレがあちこちに

 贅沢ですが、視力がいいのも
 畑のあちこちにスミレが咲いています。
 足元注意!の私には、踏まれるスミレが目に入ってきます。
 草、といえばそれまでですが。
 好きな花の一つが踏まれる、というのは、ちょっぴり胸が痛みます

スミレ





| Top |