FC2ブログ

7月3~5日は予定がびっちり・おまけに今日6日も

 で、3日の「花」だけ公開しとこうかね。

 3日、二つ目の会議・新婦人支部委員会でふくとぴあへ
いつもの人の、初めて見る花


 この会議が終ってすぐ、ももちパレスへ
 アンケートびっしり書いてあるのも・よかったもんね~
 「花」とはくらべものにならない、若者の「笑顔」
 いいね~
           族譜、お疲れ様!


 族譜の感想を。わたしじゃないよ。若い人。
 私の隣の席が小沢和秋さん、その隣に座った青年の感想です。
 メールをコピー。(だまって、公開します、ごめんね)


  (この前にあいさつがありますが、省略しますね)

 「族譜」いい芝居でしたね。行って良かったです。

■僕の感想■
1910年~45年の35年もの長い間(35年間はホントに長い!)、日本は朝鮮半島を植民地にしていたという事実…。朝鮮の人たちに何が起きて、どういう辛酸を舐めさせられた時代だったのか。

衝撃を受けました。知っていたつもりだったけど、僕の認識は「1910年韓国併合」「創氏改名」という年号やキーワードの暗記で止まっていたことを痛感しました。

先日、映画『ひめゆり』を観ました。当時の状況をおばあ達が語るドキュメンタリー映画です。

そこにも生々しい事実がありました。

憲法九条は、どういう歴史の中で生み出されたのか、まだまだ私は知れていません。
「族譜」や「ひめゆり」を通じて、「憲法九条守ろう」の言葉がよりリアルに言えるようになった気がします。
ではまた〓







| Top |