FC2ブログ

日刊紙見て思い出した。
付則があったことを。
すっかり忘れとった~
あの当時は、街宣で言ってたのにね
自公の時の法律で、鳩山さんが4年間上げない、というなら
やる気をみせてほしいね~
日刊紙、コピーしとこ。

財務副大臣発言 消費増税の付則“有効”
      NHK討論 小池氏、削除を主張
            過度の大企業減税 財政に穴

--------------------------------------------------------

 野田佳彦財務副大臣は、31日放送のNHK「日曜討論」で、2011年度までに消費税増税を含む「税制改革」を行うとした09年度税制「改正」関連法の付則は「生きている」と発言。日本共産党の小池晃政策委員長は同番組で「任期中(4年間)には消費税を上げないという鳩山政権の言明と矛盾する」「付則は削除すべきだ」と厳しく批判しました。(小池氏の発言詳報)

-------------------------------------------------------

 財源の議論の中で野田副大臣は「社会保障がテーマになったときには当然(消費税増税問題を)議論しなければならない」「付則は大原則だと思っているから残している」と述べました。この発言を受け、自民党の与謝野馨経済政策調査会長は「それはちゃんとやってもらわないと」と、消費税増税を求めました。

 小池氏は、「付則は『生きている』と聞いてびっくりしている。これでは消費税増税ということになってくる」と、財源を消費税増税に求める議論を批判しました。

 92兆円の来年度予算案のうち国債が44兆円を占めている原因について小池氏は、負担能力に応じて負担をしていない「大企業減税の積み重ね」を指摘しました。

 小池氏は「税収が37兆円に下がっているがこれは85年の水準です。その当時は消費税はなかった。GDPはいまの6割だった。85年の法人税は12兆円で、来年度の見込みは6兆円です。GDP(国内総生産)6割のときの半分の法人税になっている。(財源の議論のとき)こういったことこそしっかり見直すべきだ。行き過ぎた大企業減税の積み重ねが、いまの財政に大穴をあけた。ここを見直す議論が必要だ」と強調しました。

 野田副大臣は「誤解しないでほしい。だって(付則は)生きているでしょう。法律はあるんだから」と弁明。小池氏が「じゃあ、削除するんですね」と迫ると「それはこれからの話」「議論しながらの判断」だと、削除は明言しませんでした。


--------------------------------------------------

 消費税増税に向けた「付則」 自公政権は、消費税増税のレールを敷くため、昨年3月に強行した改定所得税法の付則104条で「消費税を含む税制の抜本的改革を行うため平成23年度までに必要な法制上の措置を講ずる」と明記しました。




ラジオから流れてきた気になった部分を探しました。
風邪で、とて~んとしとうき、時間はたっぷりよ。
ばって、見ながらポチポチはめんどくさいと。ちょっとだけね。


②目指すべき日本のあり方
  (このあと省略)

[「新しい公共」によって支えられる日本]

 人の幸福や地域の豊かさは、
企業による社会的な貢献や政治
の力だけで実現できるものでは
ありません。

 今、市民やNPOが、教育や
子育て、街づくり、介護や福祉
など身近な課題を解決するため
に活躍しています。昨年の所信
表明演説でご紹介したチョーク
工場の事例が多くの方々の共感
を呼んだように、人を支えるこ
と、人の役に立つことは、それ
自体が喜びとなり、生きがいと
もなります。こうした人々の力
を、私たちは「新しい公共」と
呼び、この力を支援することに
よって、自立と共生を基本とす
る人間らしい社会を築き、地域
のきずなを再生するとともに、
肥大化した「官」をスリムにする
ことにつなげていきたいと考えます。


読んでみてわかった
最初の4行があるき、頭にきたっちゃね。
そのあとに、市民やNPOときとうもんやき、総合計画と
おんなじや~と思うたっちゃろうね~
企業や政府の責任逃れの言い方は止めなばい。
政府もやります。企業にも負担してもらいます。
細かいところは、どうか協力してください、ぐらい言うといいとよ。
政府が言わんでちゃ、キョウドウが始まっとっちゃき。






風邪で事務所はお休み。メールの点検にちょっとだけ寄る。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━                         ┃◆Q&A 千島問題をなぜ「北方領土問題」と呼ぶ?
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

問い〉政府やマスメディアは、千島問題を「北方領土問題」と呼んでいます。日本共産党の全千島返還要求との違いを教えてください。(東京・一読者)

(答え〉千島列島は、北海道に近い国後(くなしり)、択捉(えとろふ)からロシアのカムチャツカ半島の南西に隣接する占守(しゅむしゅ)までの諸島を指します。この千島列島全体が、1855年に江戸幕府と帝政ロシアが結んだ日魯通好条約と、75年に明治政府と帝政ロシアが結んだ樺太・千島交換条約とにより、戦争ではなく平和的な交渉で日本領土として確定しました。

 これらの島と、もともと北海道の一部である歯舞(はぼまい)、色丹(しこたん)とを、第2次世界大戦直後に不当に併合したのがソ連でした。ですから日本共産党は、ソ連および今のロシアに対し、全千島と歯舞、色丹を返還するよう主張してきました。

 ところが日本政府は、千島の南半分の国後、択捉と、千島に含まれない歯舞、色丹のみ返還を求めています。これは日本政府が、1951年に各国と結んだサンフランシスコ平和条約で千島列島を放棄するという重大な表明をおこないながら、56年になって「国後、択捉は千島に含まれない」との見解を出し、歯舞、色丹と合わせ「北方領土」として返還を求め始めたからです。この立場は国際的には通用せず、日ロ間の交渉の行き詰まりと迷走の一因ともなっています。

 そもそも日ロの領土問題は、第2次世界大戦末期の45年2月のヤルタ会談で、ソ連が対日参戦条件として千島列島のソ連への「引き渡し」を求め、アメリカとイギリスが認めたことに始まります。これは米英ソ自身が公約した「領土不拡大」という第2次大戦の戦後処理の大原則に反する行為であり、日本政府はそれを正すという大義を明確にする必要があります。具体的には、サンフランシスコ条約にある千島放棄条項を絶対視せず、歴史的な根拠、国際的な道理を示して堂々と全千島返還をロシアに求めるべきです。歯舞、色丹については、千島列島の返還や日ロ間の国境画定・平和条約を待つことなく、速やかな返還を求めるのが筋です。(田)

 〔2010・1・27(水)「しんぶん赤旗」掲載〕

だいぶ前に、地図入りで見とったとい、すっかり忘れとったばい 

だいぶ前に見た地図ってこれより古いと思ったとばって





| Top |