FC2ブログ

昨日の粕屋行きにも、宗像市に行く時も

 最近は、「ちょっと中身を変えたいね~」と思いながら車を運転。

今日は、宗像署へ行くぞ~

 手帳にも携帯にも「宗像署へ行くぞ~」と。
 (でも、先月忘れていて、例月より1日ずれたと)
 「設備外積載」(スピーカー)は、3ヶ月有効。
 「道路使用」は、1ヶ月しか。
 だいたい、工事の許可やないとやき、規制緩和してもよかろうも。
 先月ずれたぶん見るために、車から書類を降ろし、見ながら

宗像署へ行く前にメールの点検とちょっとだけ日刊紙

 昨日は、1日会議で、そりゃ楽しかったよ。
 ばって疲れとったっちゃろうね~
 電話で飛び起きたら、夜10時半やったばい。
 家に帰りついたのが夜8時過ぎ。
 晩ご飯食べて、娘のみやげのサーダアンダギーを山ほど食べ、
 食後2時間は寝たらいけんですよ、と会議でいっしょだった人から
 言われたばっかりやったのに
 いつ寝たかも
   2時間経っとらんよね~

 で、今日、メール点検後、ネットの日刊紙へ、というわけよ。
 いつもなら1番下までは見らんと。
 ところが今日は、魔が差したのか(ちゃ言わんね~)
 下までいって、ウッ 
 宣伝作成の日付が2月の6日になっとうやない!
で、宗像署へ行く前に吹き込んだと。
 たまには紹介しようかね、宣伝テープの原稿

しんぶん赤旗宣伝テープ原稿(ホントの題は?)


 日本共産党です。きょうは、「しんぶん赤旗」を、おすすめにまいりました。

●「しんぶん赤旗」は、日本と世界の政治の流れ、経済の動向、くらしの先ゆきを見通し、ニュースの一歩先を伝えます。
 明日の日本を見通せる「しんぶん赤旗」をぜひお読み下さい。

 日刊の「しんぶん赤旗」は、毎日お届けして、一カ月2900円。週刊の「しんぶん赤旗」日曜版は、毎週お届けして、一カ月800円です。ぜひ、お読み下さい。

●日本共産党は、国民のみなさんと一緒に、政治を前にすすめるために頑張ります。
 失業率の落ち込みは過去最悪です。雇用はますます深刻になっています。労働者の賃金は、この10年で1割も減らされました。
 大企業は“経営が大変だ”といいますが、この10年で200兆円ものばく大なお金をためこんでいます。このお金の1%を取り崩すだけで、正社員を大はばにふやせます。
 日本共産党と一緒に、雇用とくらしをまもる「ルールある経済社会」をつくりましょう。

●日本共産党は、国民のみなさんと一緒に、政治を前にすすめるために頑張ります。
 中小企業の倒産と廃業は深刻です。
 工場の家賃、機械リース代、水光熱費などを補助する。大企業による「下請け切り」をやめさせる──日本共産党は、中小企業の経営をまもる具体策を提案します。
 日本共産党と一緒に、雇用とくらしをまもる「ルールある経済社会」をつくりましょう。

● お年寄りを“うば捨て山”においやる後期高齢者医療制度。民主党政権は、選挙の公約をやぶって、あと4年も続けると言っています。
 そのうえ保険料の負担を、4月から平均8800円もふやそうとしています。
 日本共産党は、後期高齢者医療制度のすみやかな撤廃を求めます。
 「しんぶん赤旗」をぜひお読みください。

●年に7兆もの大企業へのゆきすぎた減税。5兆円もの軍事費──自公政権がつくった、この「2つの聖域」にきりこめば、くらしのための財源はつくれます。
 ところが民主党政権は、大企業への減税はそのままにし、軍事費は自公政権時代よりもふやそうとしています。これでは自民党・公明党の政治と同じです。
 日本共産党は、税金の集め方、使い方をおおもとからきりかえて、国民のくらしと社会保障を予算の主役にすることを提案しています。

 日本共産党です。きょうは、「しんぶん赤旗」を、おすすめにまいりました。

 日刊の「しんぶん赤旗」は、毎日お届けして、一カ月2900円。週刊の「しんぶん赤旗」日曜版は、毎週お届けして、一カ月800円です。ぜひ、お読み下さい。

●日本共産党は、子育て安心の社会をつくります。
 保育所に子どもを詰め込めるよう国の基準をゆるめるやり方に反対です。
 保育予算を増やして、本格的な保育所の建設をすすめます。子どもの医療費の無料化など、総合的な子育て支援の充実をめざします。
 子育て世代の交流の輪が広がる「しんぶん赤旗」をぜひお読みください。

●日本共産党の大会に、農協中央会や全国森林組合からもメッセージが寄せられました。。
 日本共産党は、農産物価格の保障や所得の補償、担い手づくりを支援し、農業を守り育てます。
 日本のコメに壊滅的な打撃を加えるFTA=日米自由貿易協定には、反対を貫きます。
 日本の農林漁業の再生を訴える「しんぶん赤旗」を、ぜひ、お読みください。

●日本共産党は、地球温暖化を食い止め、地球環境を守るために力を尽くします。
 政府は、国際会議で表明した、温室効果ガス25%削減の目標達成にむけ、率先して努力すべきです。
 大事なことは、温室効果ガスの8割を出している産業界、大企業に、削減を義務づけるようにすることです。
 環境問題がよくわかる、「しんぶん赤旗」を、ぜひ、お読み下さい。

●民主党の小沢幹事長の疑惑に批判が高まっています。
 政権が変わっても後をたたない政治資金の疑惑。大企業から政治家への献金が野放しになっていることが最大の原因です。
 日本共産党は、「いまこそ、企業献金を全面禁止せよ」「政党助成金を廃止せよ」と訴えています。
 企業献金をいっさい受け取らない日本共産党の「しんぶん赤旗」は、政治腐敗を鋭く追及します。

●沖縄県の名護市で、「新しい米軍基地はつくらせない」という市長が当選し、沖縄県民の意思が、あらためてはっきりと示されました。
 沖縄の米軍は、けっして「戦争を抑止する力」などではありません。日本を足場に、海外に攻め込んでいくための侵略部隊です。
 民主党政権は、普天間基地の移転先探しなどやめて、「普天間基地の無条件撤去」をもとめて、アメリカと堂々と交渉すべきです。
 日本共産党は、対等平等な日米関係をつくるために、軍事同盟からぬけだすことを提案しています。

 日本共産党です。きょうは、「しんぶん赤旗」を、おすすめにまいりました。

 日刊の「しんぶん赤旗」は、毎日お届けして、一カ月2900円。週刊の「しんぶん赤旗」日曜版は、毎週お届けして、一カ月800円です。ぜひ、お読み下さい。

●「しんぶん赤旗」は、世界の流れがわかると好評です。世界各地に特派員がいて、アメリカ中心では見えてこない世界の新しい躍動をリアルに伝えます。

●「しんぶん赤旗」は、暮らしに役立つ情報がいっぱいです。暮らしの視点で分かりやすく解説する経済報道、悪徳商法などを警告する記事が好評の社会面、法律、年金、社会保障、教育など悩み事に専門家が答える「電話相談」など、読者のみなさんから喜ばれています。

●「しんぶん赤旗」は、暖かい交流と連帯の広がる新聞です。子育て世代の悩みごとなどが交流できるくらし・家庭面、若い世代の交流を通じて生きる希望のわく若者のページ、雇用破壊を現場から告発する国民運動面、読者同士の暖かい交流がひろがる読者の広場など好評です。

●フェアプレーを大事にした視点が新鮮なスポーツ面、見たい番組がわかり報道のあり方にも切り込むテレビ・ラジオ欄、著名人や各分野で活躍する方々のインタビュー、学問・文化・科学、釣り、囲碁・将棋など、みなさんの好奇心、趣味や関心にこたえ、読みたい記事がきっと見つかる新聞です。

●「しんぶん赤旗」日曜版は、家族そろって楽しめ、面白くてためになる新聞です。一週間の政治・社会のホットなニュースから、芸能・文化、料理、レジャーまで、豊富な話題で、魅力いっぱいの新聞です。
 「しんぶん赤旗」日曜版は、毎週お届けして、一カ月800円です。ぜひお読みください。
(了)

♥ More..Open




| Top |