FC2ブログ

集合時刻を予定に入れてなかったので朝、9時半にカメリア到着

 それが、議会事務局から電話よ。担当の職員さんにね。
 職員さんの携帯で事務局と。
 なんと、9時半から会派代表者会が始まっています、という電話よ。
 「知りません」
 「昨日、FAXを」
 「FAXは全員協議会のやなかったと?」12日の案内がくることに。
 「もう一つ送りました」「見とらんばい」

 見とらんはずよね~
 9日は、全員協議会が終わってから、上妻へちょっとだけ。
 それから、ニューヨークに持っていってもらう核廃絶の署名とりよ。
 終わると、全員協議会で貰った資料を、市政懇談会用にコピーよ。
 そしてまた、上妻へ。ちょっとだけ実家へ寄り生存確認。
 「生きとうね」と私。「死にかけとう」と母。
 そして、その足で、市政懇談会会場のふくとぴあへ。
 そして10時近くに事務所へ。10日になって帰宅。
 娘も眠っていて真っ暗。
 電話は娘の枕元よ、見るはずないやない。
 まあ朝でも見ればよかったっちゃろうばって、原稿打ちで忙しかったとよ。
 風呂から上がって3時半に寝て、6時半には起きたばって
 出来上がるはずないよね~「男女共同参画の視点から」なんて

 ワッもう8時半、とあわてて食後の薬(ご飯は食べずに茶ばっかり)を。
 打ち合わせがあったら、と30分前に。
 ばって打ち合わせは昼食中に、と言んしゃったき、ホッと
 そこに議会事務局から職員の携帯通じて電話よ。何事かと心臓がドッキリよ
   あとで携帯を見れば、事務局より
   「もうすぐ会派代表者会が始まります」と優しい声で。


 結局、午前の部は、ほとんど聞けず、よ。
 お弁当にはまにあってホッとしたけれど。

自己紹介だけは、キッチリ2分間原稿が出来上がっていたのに
    ここでまた原稿がたくさん消滅。そろそろ保存、と
    思っていた矢先よ   おんなじ文は書けんばい

弁当が「なかしま」やったと。
 ついつい昔を思い出して、原稿に無かったのに自己紹介で一言
 それがいかんやったね~
 「時間ですよ」みたいな合図が。
 頭は真っ白になるし、何で締めくくったかも覚えとらんし
 福間に越してきたときの大家さんが「なかしま」よ。
 「なかしま」の人が、岡垣で、近所にお嫁さんに。
 その縁で、労金に勤めるようになった父が、「西鉄電車で博多へ」と
 福間に越してきたと。
 せっかく作った原稿やき公開しとこうかね。

私の父も母も日本共産党員です。
父の仕事の都合で福間町に引っ越してきて52年が過ぎました。父は、福間町で初めての日本共産党の町議になり、2期つとめましたが、党の仕事に専念するため、若い人と交代しました。
そういう家庭ですから、当然18歳になると日本共産党に入るものと思っていました。入るのは入りましたが高校卒業して1年で結婚しましたので、子育てと仕事、子どもが大きくなると、夫の母が倒れる、と会費を納めるだけでなかなか活動まではできませんでした。

その私が動き出したのが1995年です。
阪神淡路大震災で政府の冷たさを知り、沖縄の少女暴行事件で、戦後数十年も経っているのに、基地の中に沖縄がある、としかいいようがない沖縄の現実を見て、一人の日本人として、今まで何をしていたのだろうか、これではいけない、と少しづつ動き出しました。

そういうときに、同居していた夫の祖母が亡くなりました。102歳でした。
昼間は一人です。テレビだけが相手。ニュースを見ては、「戦争が起こる」と心配していました。その祖母の1周忌の翌日に「補欠選挙がある。候補者に」という話があり、祖母の遺言かな、と引き受けました。
その時は落選したのですが、それから欠かさず議会傍聴に行き、1年半後のいっせい地方選で当選し、もうすぐ11年になる、松尾ひとみです。よろしくお願いします。


どう?2分ってけっこうあるやろ
  
 ここでまたまた原稿がたくさ~ん消滅、泣くに泣けんばい 
 おんなじ文は書っきらんね~その時の気持ちで書きようきね


女性議員4名が・勉強して参加しとう人もワードで。コピーよ。

 どこの段階で発言しんしゃったか
 頭真っ白が、イキナリ目覚めたと

ちょっとだけ、ひとみメモ

  正社員6万人しか増えてなかった
  (「女性労働者は7百何十万人増えているのに」
  と、その前に言んしゃった。そして続けて)
  女性を取り巻く状況厳しいものが、自分にできるところから
              (メモは、これだけ)

 コーディネーターの弁護士さんが、ヤ・サ・シ・ク

  今のご指摘は重たいですね~
  女性は働く人は増えたけど非正規とかパートとか労働条件
  が圧倒的に違う
  母子家庭・・・・父子家庭・・・
  全く同じ形態(働き方)で違っていいのか
  日本の大問題。よそは、解決してきましたから(メモ終わり)

気になると7百いくらか、がね
「赤旗」の記事をチャッチャカチャッチャカ見ていったばい
 みつけたき、こぴーしとこ
  2008年4月4日付けでした。

女性正社員47%に低下
 50―54歳賃金 男性の56%
     07年版 女性労働白書

-----------------------------------------------

 女性の雇用者全体に占める正社員の割合は十年前の58・2%から46・5%に落ち込んでいる―。厚生労働省の二〇〇七年版女性労働白書でわかりました。

 男女間の賃金格差の改善も、最近十年間では縮小幅が小さくなっています。一般労働者(常用労働者から短時間労働者を除く)で最も男女間格差が大きい50~54歳では、男性の賃金の56・1%にすぎません。

 今年の白書は、07年の働く女性の実情とともに、男女雇用機会均等法が制定された1985年以降の長期的な変化もまとめています。

 07年の女性の雇用者数(農林業を除く)は、2230万人で1985年の1516万人から714万人増えています。増加の多くがパート労働者(短時間雇用者)です。333万人(85年)から931万人(07年)へと、598万人も増え、約3倍になっています。

 07年の女性短時間労働者の時給は962円で、前年に比べ22円増加。しかし、女性の一般労働者の時給換算額の70・1%にすぎません。1985年の73・0%と比べまったく縮小していません。

 勤め先での呼称にもとづく雇用形態別の雇用者数の推移をみると、女性の正社員数(正規の職員・従業員)は、1985年の994万人から97年には1172万人に増えました。しかし、その後減少に転じ、2007年には1039万人となりました。

 10年間で正社員が133万人も減る一方で、「派遣社員」や「契約社員・嘱託」などが199万人も増えています。男性の場合も、10年間で派遣社員などが163万人増となっています。

 1999年の労働者派遣法改悪により、派遣労働が原則自由化されたことが、正社員の減少と雇用の不安定化をもたらしています。とくに女性の場合、パートの急増もあり非正規の占める割合が5割を超えています

 賃金の男女格差は、従業員千人以上の大企業では1985年以降の20年でほとんど改善されていません。100~999人の中企業では1985年からの10年余で、100人以下の小企業ではこの20年間、賃金の男女格差が改善されています。

 2007年の女性の農林業を含む雇用者数は2297万人。雇用者総数に占める女性の割合は41・6%です。産業別でみると、「卸売・小売業」が503万人で最も多く、「医療・福祉」(429万人)、「サービス業」(344万人)、「製造業」(331万人)と続きます。

 職業別では、「事務従業者」が738万人で、この10年間でみると変化はありません。「管理的職業従事者」は、1985年からの二十年間で倍増しています。

雇用形態の推移08年4月4日付け日刊紙より



♥ More..Open


社会保障推進協議会から送ってきました

 県庁付近で配るげなばって、行かれんきブログで紹介
 ちょっとだけ着色

 県庁に怒鳴り込んでいきたい気分ばい
 75歳にもなっとらんとい、後期高齢者よ、友人たちは。
 後期高齢者医療に加入せんと障がい者医療の助成が利用されんとよ。
 保険料計算時は、家族の年金も算定基準のひとつよ。
 保険は別々にしとってからに
 矛盾しとうばい
    安い年金から保険料が天引きされるとよ。
    22年度は全国平均で8千なんぼ上がるなら
    年間保険料、7万円超すかも


後期高齢者医療制度の即時撤廃を!




| Top |