FC2ブログ

診療所の行き帰りには「しんぶん赤旗」宣伝テープを

 ちょっと古くなったなあ、とか思いながら
 いや、もう変わっとうはずよ、と先日のぞくと、5月8日に新しいのが。
 
 原稿を印刷してちょっとだけ読んでみたけど息が続かない
 最低でも12分を一気に読まないと、バックの音楽がつながらない。
 聞いている人はわからないだろうけど、私の気持ちが。
 しょうがないので、苦心の末、CDにコピーし、ラジカセでテープに。

 まだきついき、とりあえずは、これでガマンガマン
 ひとみちゃんの声じゃないばって、なあも流さんよりはね

原稿、コピーしとこっと。

「しんぶん赤旗」宣伝スポット

 日本共産党です。きょうは、「しんぶん赤旗」を、おすすめにまいりました。

●「しんぶん赤旗」は、日本と世界の政治の流れ、経済の動向、くらしの先ゆきを見通し、ニュースの一歩先を伝えます。
 明日の日本が見えてくる、「しんぶん赤旗」をぜひお読み下さい。

 日刊の「しんぶん赤旗」は、毎日お届けして、一カ月2900円。週刊の「しんぶん赤旗」日曜版は、毎週お届けして、一カ月800円です。

●沖縄・普天間基地の問題をめぐる政府の対応について、沖縄県や徳之島をはじめ、全国で大きな怒りがひろがっています。
 沖縄の米軍は、日本を守る「抑止力」などではなく、日本を足場に、海外に攻め込んでいくための侵略部隊です。
 危険な基地は、日本のどこへもっていっても同じです。
 広がる反対の世論や運動を刻々と伝え、「移設ではなく基地の無条件撤去を」と訴える、日本共産党の「しんぶん赤旗」をぜひお読みください。

●鳩山首相が、「最低でも県外に」と言っていた公約を投げ捨て、新たな基地建設を押し付けることは許せません。
 日本の首相としてやるべきことは、沖縄の声をアメリカに堂々と伝え、交渉することです。
 日本共産党の志位委員長は、普天間基地は無条件撤去しかないことを、アメリカ大使に会って伝えるとともに、党首としてはじめてアメリカを訪問し、日本共産党の立場を伝えました。
 アメリカにも堂々とものをいう、日本共産党の「しんぶん赤旗」を、ぜひお読み下さい。

●「構造改革」の掛け声ですすめられた自民党の「成長戦略」では、一部の大企業は利益をあげても、国民の暮らしは良くならず、失敗だったことが証明されました。
 日本共産党は、経済危機から国民の暮らしを守る「5つの提言」を示しています。
 経済政策の軸足を、大企業中心から国民生活中心にきりかえ、雇用、中小企業、農業、社会保障で、国民のくらしと権利をまもるルールをつくりましょう。
 ルールある経済社会への改革をすすめ、日本経済の健全な成長をめざす、日本共産党の「しんぶん赤旗」をぜひお読みください。

 日本共産党です。きょうは、「しんぶん赤旗」を、おすすめにまいりました。

●民主党政権の労働者派遣法「改正」案は、財界の圧力に屈して「抜け穴」だらけです。
 大部分の派遣労働はそのまま。これでは、「使い捨て」の働かせ方は解決しません。
 日本共産党は、労働者派遣法の抜本的改正に力を尽くします。かつてない就職難を打開するため、国や自治体、経済界に真剣なとりくみを迫ります。

●お年寄りを“うば捨て山”においやる後期高齢者医療制度。民主党は、選挙公約で「廃止する」と言っていたのに、政権につくと、あと4年も続けると言っています。
 それだけでなく、対象をこれまでの75歳から、65歳にまで拡大しようとしています。
 日本共産党は、後期高齢者医療制度の即時撤廃を求めます。
 「しんぶん赤旗」をぜひお読みください。

 日刊の「しんぶん赤旗」は、毎日お届けして、一カ月2900円。週刊の「しんぶん赤旗」日曜版は、毎週お届けして、一カ月800円です。ぜひ、お読み下さい。

●中小企業・自営業者の状況はきわめて深刻です。
 中小企業は、日本全体の企業数の99%、雇用の7割を占める、日本経済の「中心」です。
 日本共産党は、大企業による中小企業いじめをやめさせる、国の中小企業予算を増額するなど、中小企業政策の根本的な転換を強く求めます。

●日本共産党は、子育て安心の社会をつくります。
 政府が、保育所の基準を緩めて、子どもをもっと詰め込めるようにするやり方に反対です。
 日本共産党は、保育予算の増額、本格的な保育所の建設を求めます。子どもの医療費の無料化など、総合的な子育て支援の充実をめざします。
 子育て世代の交流の輪が広がる、「しんぶん赤旗」をぜひお読みください。

 日本共産党です。きょうは、「しんぶん赤旗」を、おすすめにまいりました。

●農業、林業関係者と日本共産党との対話と共同の広がりが注目されています。
 日本共産党は、農産物価格の保障や所得の補償、担い手づくりを支援し、農業を守り育てます。
 日本のコメに壊滅的な打撃を加えるFTA=日米自由貿易協定には、強く反対します。
 日本の農林漁業の再生の道を示す「しんぶん赤旗」を、ぜひ、お読みください。

●政権が替わっても、「政治とカネ」をめぐる問題が後を絶ちません。
 鳩山首相の疑惑、小沢幹事長の疑惑、小林議員の北海道教組からのヤミ献金など、次々と噴出しました。
 日本共産党は、「真相を明らかにせよ」「いまこそ、企業・団体献金を禁止せよ」と訴えています。
 日本共産党の「しんぶん赤旗」は、政治腐敗を鋭く追及します。

●民主党政権は、労働者派遣法の「改正」、後期高齢者医療制度、沖縄の米軍基地の問題など、肝心の問題で、国民の期待にそむき、公約を破りすてる裏切りをかさねてきました。
 新政権の路線に、「異常なアメリカいいなり」「大企業・財界の横暴な支配」という、古い自民党政治の「二つの異常」を正す立場のないことが、大問題です。
 日本共産党は、自民・公明政治にノーを示した国民のみなさんの熱い思いを受けとめ、政治を前に動かすためにがんばります。

 日本共産党です。きょうは、「しんぶん赤旗」を、おすすめにまいりました。

 日刊の「しんぶん赤旗」は、毎日お届けして、一カ月2900円。週刊の「しんぶん赤旗」日曜版は、毎週お届けして、一カ月800円です。ぜひ、お読み下さい。

●「しんぶん赤旗」は、世界の流れがわかると好評です。世界各地に特派員がいて、アメリカ中心では見えてこない、世界の新しい躍動をリアルに伝えます。

●「しんぶん赤旗」は、暮らしに役立つ情報がいっぱいです。暮らしの視点で分かりやすく解説する経済報道、悪徳商法などを警告する記事が好評の社会面、法律、年金、社会保障、教育など悩み事に専門家が答える「電話相談」など、読者のみなさんから喜ばれています。

●「しんぶん赤旗」は、暖かい交流と連帯の広がる新聞です。子育て世代の悩みごとなどが交流できるくらし・家庭面、若い世代の交流を通じて生きる希望のわく若者のページ、雇用破壊を現場から告発する国民運動面、読者同士の暖かい交流がひろがる読者の広場など好評です。

●「しんぶん赤旗」は、フェアプレーを大事にした視点が新鮮なスポーツ面、見たい番組がわかり報道のあり方にも切り込むテレビ・ラジオ欄、著名人や各分野で活躍する方々のインタビュー、学問・文化・科学、釣り、囲碁・将棋など、みなさんの好奇心、趣味や関心にこたえ、読みたい記事がきっと見つかる新聞です。

●「しんぶん赤旗」日曜版は、家族そろって楽しめ、面白くてためになる新聞です。一週間の政治・社会のホットなニュースから、芸能・文化、料理、レジャーまで、豊富な話題で、魅力いっぱいの新聞です。
 「しんぶん赤旗」日曜版は、毎週お届けして、一カ月800円です。ぜひお読みください。






| Top |