FC2ブログ

日刊紙を購読できない地域にいる友人にちょっとだけ
 インターネットも繋がらないときがあるんだって


今日の日刊紙1面


ネットで見れたら、こんだけ載ってま~す

つながる 社会変える/全国青年大集会に5200人 東京・明治公園

「普天間」包囲1万7000人/基地撤去求め「人間の鎖」

富山・朝日 共産党員町長が誕生/前町議の脇氏 全国9人目に

町工場に元気 方策探る/東大阪でシンポ 政治の支援 今こそ/市田書記局長 党の政策説明

主張/大企業決算/利益還元させて悪循環を絶て

普天間問題 「政治とカネ」/集中審議・証人喚問を/NHK「日曜討論」
穀田国対委員長が主張/「国会改革」法案を批判

「全国青年大集会」での/志位委員長のあいさつ

普天間問題/「県内移設」に反対/宜野湾・名護市が共同声明

全国青年大集会/たたかいに確信・共感/“私たちは一人じゃない”/あきらめが希望に

高学歴ワーキングプア解消を/研究者・大学院生ら シンポ/ノーベル賞 益川さんが講演

「得意先7社も廃業・倒産」「10年以上借金を返すだけ。何も残らない」/中小企業の苦境切々/東大阪 ものづくりの街で/市田氏 経営者と懇談

NHK「日曜討論」/穀田国対委員長の発言

英選挙結果 米で関心/2大政党制不信背景に

つないだ手 基地いらぬ/普天間包囲 雨の中、世代こえ参加

ホンダ、再び期間工募集/更新最大1年「また使い捨てか」

きょうの潮流 2010年5月17日(月)

ネットで見ることができなかった場合を想定して、「潮流」だけコピー

きょうの潮流
--------------------------------------------------------

 その写真は、真っ青な空の向こうに白い雲が浮かび、かなたの山かげに
 向かって農道が一本、まっすぐに走っています
▼「明日は自由主義者が一人この世から去って行きます」という所感を残し、
 22歳の若さで特攻死した上原良司の故郷、長野県安曇野の風景です。
 カメラマンの安島太佳由さんが東京・新宿で開いている写真展
 「上原良司と特攻隊」にかかる1枚です
▼写真の解説文にこうあります。「良司が故郷に最後の別れに来たのが
 1945年4月。『さようなら、さようなら、さようなら』と三度も
 言った。家族に。故郷に」
▼鹿児島の知覧基地から沖縄方面へ飛び立つ1カ月前のことでした。
 良司は特攻の件は家族にも明かしません。なにげなく顔を合わせた末の妹・
登志江さんに「死んでも靖国へは行かないよ。天国に行っているからね」と
語ったそうです。写真展開催中に開かれた安島氏の講演会に駆け付けた
登志江さんが話しました。そして「さよならを3回私たちの前で言ったことが
忘れられません」と言って目頭を押さえました
▼こんな美しい田園風景を見ながら、死ぬことを自分に納得させていた青年の
心境はどのようなものだったか。想像をかきたてられる1枚です
▼「信念をもって、勇気をもって生きよ。心中満足できたといえる人生を
送りたい」。それを信条に戦跡を撮り続けて15年になる安島さん。
「良司はそれを国を相手にやった。かなわない」。
写真展はアイデムフォトギャラリー「シリウス」で26日まで。

どれだけ見れたかなあ





♥ More..Open




| Top |