FC2ブログ

滅多にここまでは見ないのに、「アンダンテ」が

西日本新聞17日付「春秋」


【春秋】学校や仕事に行かず、自宅に閉じこもっている「引きこもり」の人が…
                     2010.08.17 朝刊 1頁  


 学校や仕事に行かず、自宅に閉じこもっている「引きこもり」の人が
全国に約70万人いると推計されることが、内閣府が今年2月に初めて
実施した調査で分かり、対策に乗り出した

▼家にこもるようになった時期は20代、30代が計6割を超え、
大人になってからが多い。そうなったきっかけは、職場になじめなかったり、
就職活動がうまくいかなかったり、いろいろ挙げられる

▼旭(ひの)爪(つめ)あかねさんは20代後半から10年間、
対人緊張などで家に引きこもった。近くの水田地帯に散歩に行くことだけが
息抜きだった。稲を揺らして風が渡る景色の中にいると、
すさんだ心に澄んだ風が流れるのを感じた

▼旭爪さんは稲作について知りたくなり、千葉県の農業青年たちが企画した
米づくり教室に通った。植えた苗の列が曲がっても「だいじょうぶ。
曲がって植えても稲はまっすぐ上を向いて伸びるんだから」と
言ってくれた

▼体験を基に小説「稲の旋律」を書いた。都会の引きこもりの女性と
農村の男性の交流を、日本の農業を取り巻く問題を絡めて書いた。
このほど「アンダンテ-稲の旋律-」の題で映画になり各地で上映中。
九州では今月21日からはKBCシネマ(福岡市)で上映される

▼アンダンテは歩く速さでという意味。田園の物語は大地を踏みしめて
ゆっくり進む。風にそよぐ稲穂の映像が気持ちいい。
穂の波の上を流れる旋律が美しい。瑞穂の国の原風景にいやされる。

福津でもします。券も持っています。ぜひ

9月5日(日) 福津市中央公民館
   ①10時半   ②14時半
 

 チケットは、駅前の井原書店でも取り扱っています。 



♥ More..Open


16日、朝からあちこち、でもないか、家にいないだけか
この間に友人亡くなる。
福津市なら守る会にお任せだがよその市ではそうもいかず、私が
市の担当課に何度か行き、生活保護の受給手続き等を。

医師からは、余命1年か半年、と。よくがんばったよね~

葬儀屋さんからの電話で、生活保護からは葬式代は出せない、
親に出してもらいなさい、と市の担当が言った、というのを。
そんなことはない、よそは出している、とかけあっている、と。

親の葬式代をこどもにまわせとでも言うのだろうか
生活保護から支給される21万円のお金では、世間でいう人並みの
葬儀は出せない。

私は自分が死んだあとはどうでもいい、と思うのだが、残された
人たちにとっては、ちゃんと葬式を出してやりたい、と思うのが
普通ではないだろうか。
まして、母親なら。

失対事業で働き、80近くなってなお、シルバーで働き、失業した
こどもをかかえ、必死で明るく前向きに生きてこられたおかあさん。

つれあいを早く亡くし一人でがんばってきた母親に
もう一人の子の葬式代を出せというのか

市の担当課からやさしいことばが聞けるような
そういう世の中にしたい、とつくづく思う。

今日10時からの葬式、「よくがんばったね~」と心の中で友人代表挨拶。
市の担当課と話したときのあの嫌な感じを忘れず、冷たい政治を
変える、変えたい!その思いを秘めて。 ♥ More..Open




| Top |