昔、といってもちょっと前の日記ですが。
2008年9月です。古い方の日記です。
明日17日の原稿を作るために、ここに並べて考えよう  



数字は並べてみるものです

 後援会ニュースに、100字程度、と言われ、書いてみましたが
 とても100字じゃ、おさまらんばい。ボツになる前に公開しとこ。


10月の決算審査のため、先日、決算書が手渡されました。
数字を並べて、あらためて、増税に怒りが沸きます。

平成17年度市民税(個人)収入済額
  19億6506万円

 18年度
  21億4026万円

 19年度
  25億8347万円

 地方のことは、地方が好きなように、税源も移譲します、と言って
やられた結果がこの数字です。

 国からの交付税は年々減らされ、市が直接徴収する市民税は、
定率減税廃止・老年者控除廃止などや、税率のアップで増えるばかりです。
 給料も年金も上がっていません。なのに、市税は上がるばっかり
 政府は、所得税を減らした分、住民税を上げた、と説明していますが、
所得税もかからないような低所得・少ない年金の人ほど大増税になったのが
小泉改革です。その改革を引き継ぐ、と言っている総裁選の立候補者です。

 選挙で変える以外にありません。
 ぜひ、日本共産党とごいっしょに政治の中身を変えようではありませんか。

10月からの国保税年金天引き、来年10月からの住民税年金
天引き、消費税増税のこと、まだまだ書きたいことはいっぱい。
でも、100字じゃ
街頭で訴えるしかないか



そのまた前の日記です。2007年4月12

待ったなし。悪政との競争
                  
 三月議会で総合計画が決められました。(日本共産党は反対)
 自主財源が不足するから、逆風に負けない力を、というのです。

 今までは、自主財源の不足を、国からの交付税や、補助金、借金など
 で補ってきた。しかし、国の借金も 約一千兆円に。
 今、国は交付税や補助金を減らし、地方に税源を移譲する三位一体の
 改革をすすめている。
 だから、これからの自治体は、国に依存せず、これまで以上に適正化
 効率化をすすめ、収入につながる事業には積極的に投資するめりはり
 のある行政経営へと変革しなければならない、というのです。


 税源移譲というのは、今までは国が徴収していた所得税などを減らし
 ますから、市が直接徴収する市民税を増やしなさい、というものです。
 それで、今年の予算は、国からの所得譲与税(3億7千6百万円)と
 いうのがなくなり、市民税が4億6千万円も増えています。

 収入は同じでも、所得税は少し減ったけれど、市民税は大幅に増えた
 のです。
 特に、今まで非課税だった高齢者は、年金は減った上に所得税が
 かかる、しかも住民税は増える、税金が高くなれば、介護保険料が
 上がる、と、大変になっています。


しかも、その上に、後期高齢者医療制度であらたな保険料が

 七十五歳以上の高齢者だけの新しい医療保険をつくり、保険料を徴収。
 しかも年金から天引き。保険料は年々高くなり、払えなければ保険証
 取り上げです。同時に国保税も 65歳から年金天引きにする、と
 いうのです。(来年4月から)


 安倍首相は、少子化対策や企業誘致などに「頑張る」自治体へは地方 交付税の財源配分を増やす、成果を出せば、さらに上乗せする、と。
 そして大企業にはさらに税金をまけてやる。これでは、格差は ます
 ます広がります。


今、ここで変えなければ

 普通に暮らしたい、その願いさえかなわない世の中になろうとして
 います。今からが踏ん張り時です。



ワードでB5に3段、でつくりました。次女が保存していた原稿の
上に打ちました。
印刷すると、文章は消していても、2枚目の紙が出てくるので、
ちょっとだけ、あせりました。
大きな字も、ブログの下書きにくると、み~んな同じになるっちゃね。


今からワードで原稿を。見てたら頭にくることばっかり 
安倍さんの名前も出てくるし 
6年前より、ますます悪者ぶりがようなっとうばい 

 


毎度まいどの、突然のお知らせ  

試写会観ました。ドラマ的にも歴史的にもよくできてるなあ、と。
若者の気持ちも、被害者の気持ちも、痛いほど伝わってきます。
ぜひ、おいでください。

福津市では、私が、券のもぎりをする予定です。
当日、申し出ていただければ、前売り券を販売いたします。
私から、こそっと買うてね  
古賀と宗像でも1週ずれて上映します。

「あまちゃん」主演の能年玲奈さんもでます。 
 

 映画





| Top |