FC2ブログ

あの人って、宗教家やったとね。




メールの点検だけで帰ろう、と、思っていたのに
 宗像市は今日も快晴。1週間、雨粒一つ無し。
 
 明日は、人権問題研究集会。お誘いの電話をかけまくる。
 でも、み~んな予定あり。
 しょうがないき早く帰って眠ろう、と。でもその前にメールだけでも。
 見たら、メールニュースが。思わず読んでしもうたろうも。


 若い人が時々口にする名前が出てきたき、コピーしよっと。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━                  
┃◆Q&A 共産主義は唯物論以外の学問は許さない?
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 〈問い〉 「幸福の科学」の大川隆法氏は出版物で「共産主義社会では唯物論以外の学問研究は許されない」と書いていますが、日本共産党の見解は?(千葉・一読者)

 〈答え〉 大川氏の著書は大手広告会社によって大宣伝され、信者に大量に購入させて幻のベストセラー現象をつくり出していますが、それらの著書に共通しているのは、日本共産党にたいする根も葉もない誹謗(ひぼう)、中傷にほかなりません。

 日本共産党は綱領に「学問・研究と文化活動の自由をまもる」「信教の自由を擁護し、政教分離の原則の徹底をはかる」と明記し、将来の社会主義・共産主義の社会においても、「さまざまな思想・信条の自由、反対政党を含む政治活動の自由は厳格に保障される。『社会主義』の名のもとに、特定の政党に『指導』政党としての特権を与えたり、特定の世界観を『国定の哲学』と意義づけたりすることは、日本における社会主義の道とは無縁であり、きびしくしりぞけられる」ことを根本方針としています。

 日本共産党は「科学的社会主義を理論的な基礎とする」(党規約)政党ですが、これは政党独自の立場であって、日本社会に「唯物論の立場・左翼経済思想以外の研究・学問は許されない」などということがあってはならないという見地は、党綱領がうたっているとおりです。

 今日、さまざまな宗教的立場の宗教者と日本共産党とが対話と共同を発展させていますが、これは党綱領の「当面のさしせまった任務にもとづく共同と団結は、世界観や歴史観、宗教的信条の違いをこえて、推進されなければならない」との立場に立ってすすめられています。こうした日本共産党と共産主義の立場をいちじるしくゆがめて攻撃する大川氏の態度は、社会の良識を重んじ、事実と道理を尊重する宗教者の態度とはおよそ相いれないものです。

 「幸福の科学」は、“総裁”の大川(本名は中川隆)氏が、自分は釈迦(しゃか)の生まれ変わりで、霊界の偉人・賢人と対話できると自称して、キリストや孔子との“対話”なる著書を次つぎと出版し、1991年に宗教法人になっています。(平)


知らんやったね~宗教家やったなんて。




<<とりあえず報告・宗像市議選 | Top | 10・15宗像は日本晴れ・絶好の洗濯日和・選択日和>>



「宗教家」じゃありませんよ「宗教屋」

宗教法人ってのは、「公益法人」だから、公共の利益になることをしなくちゃいけないんですが、
 カルトでも「公益なんだ」と信じてる人が多いんでしょうね。
 「自分はそれでご利益(こっちはごりやく)をもらってる」って。

 共産党も、せっかく宗教者さんとの対話を進めているんだから、
「友引葬式」みたいな、宗教的にも意味のない迷信を、行政が「火葬場休み」と言う形で「公認」するようなことをやめさせる、
ぐらいのことをしたら、科学的社会主義と宗教者の立地点の共同が進みそうに思うんですが。
(どっちが鶏でどっちが卵なのか知らないけど、「みんなが嫌がるから休業」するのか「休業するから【友達に引っ張られる】というのが定着して嫌がるのか)

 (業者言いなりで、宗教的に意味のないことを「先祖が悲しむ」とかいわれてボッタクリにあってる方は多いと思います。)
2008/10/19 08:11 URL by ×第二迷信 [ 編集] Pagetop△
ありがとうございます。












管理者のみ閲覧可能にする



Trackback
Trackback URL
» http://hitomi3.blog65.fc2.com/tb.php/1198-15c1887f
» FC2blog user only
何!年金は70歳から!?
週刊新潮10月23日号を見ていたら年金が70歳支給になるという驚く記事があった。 大津留公彦のブログ2 2008/10/21 19:11
「ブログ論壇の誕生」を読んだ。
佐々木俊尚氏の最新刊「ブログ論壇の誕生」を読んだ。 章ごとに気にとまった文章を引用しながら記事を書いてみたい。 大津留公彦のブログ2 2008/10/20 20:41
ネットワークビジネス=ネズミ講を持ち上げた人は責任を取れ!
昨日に続いて「ネットワークビジネス」の話です。 大津留公彦のブログ2 2008/10/20 01:50
| Top |