あふれました!苅目川・3日夕方近く




いつもの金曜日です。

 みちこさんを送った足で、いつもの宗像署へ。
 途中から ものすごい雨
 これはやばい!と思いましたが、ここまで来たからには、とそのまま。
 畦町から大穂へ抜ける道の八並近くの畦町では、自分が跳ね上げた水で
 前が見えず、「うわっ、もうだめ!」と思いました。
 ゆっくり走っても、同じようなことにその後、2度ほど。
    横は川と田んぼでも、道の構造でこんなに水はけが悪いのか、と。

雨はやみましたが

 苅目川へ行きました。
 市の車が数台。業者の車も。
 「ああ、やっぱり!」と。

ポンプ2台で吸い出します。「2台やき、早い」と浸水被害の方    雨量計・こんなに水は減っています。


 「この前は、浸からんやったとい」
 「いやあ、この前より早かったですよ。車やら動かす暇が」
 「小学生が。危ないですよ」
 
 あまりにも度重なるので怒りをぶちまける人、あきらめの境地の人。
 もくもくと片付ける人。
 何言いようも無いけれど、何かできるわけじゃないけれど
 やっぱり行かずにはおられない。

同じパターンだったのに

 2日前、激しく降った時は大丈夫だった、で思い出しました。
 今まで、初めての豪雨で あふれる、ということはあまりなかったなあと。
 団地になったとはいえ、まだ少し雑種地が残っています。
 そこも水を吸収できない時に、少ない雨量でもあふれるのです。
 少ない、といっても、時間雨量にすると、40ミリ以上でしょうが。

安心して眠れる日が早くくればいいのですが

  今、朝です。あまりの眠たさに書きかけで
  寒くて目が覚めましたが、「もう起きとこ」と、残りを
  


<<政党を選ぶ4つの試金石 | Top | いやあビックリ!中央委員会のHP きれいな赤よ>>



ありがとうございます。












管理者のみ閲覧可能にする



Trackback
Trackback URL
» http://hitomi3.blog65.fc2.com/tb.php/1410-c33ec781
» FC2blog user only
| Top |