FC2ブログ

密約で元記者の西山太吉さんが・西日本新聞朝刊




西山さんのお顔、講演を聞いていらい久々に

 ブログに、とスキャンしている時に発見!(というと、おおげさに)
 35ページの西山さんの隣の、2ページ「沖縄密約 法廷で証言へ
 「周知の事実 否定は時代遅れ」がパッと目に。
 広報研修を受けたばかりのひとみちゃんにとっては、
 こういう紙面の使い方もあるのか、と。
 たまたまか、編集方針か。きいてみたいね~
 新聞って1枚1枚ひろげて読む人って少ないやろきね。

どちらも沖縄密約  35(西山さん)と2ページ
29日西日本・2と35ページ

35ページと2ページ(元外務省アメリカ局長の吉野文六氏)を別々に
西山さん    2ページ・吉野文六さん

それにしても、核密約・沖縄密約と密約だらけやね~
密約とはいわんばって、一人で秘密裏にしよんしゃあことまでいれたら
政治の世界は、秘密だらけ
それじゃいかんとばってね~



沖縄密約問題と核密約、紛らわしいき、日刊紙の記事をここに

 最近、密約とか機密とか秘密裏とか、いろいろやね。

8月26日付け

日米密約 政府は隠すな
      
沖縄訴訟原告団が会見

-------------------------------------------------------------

 沖縄密約情報公開訴訟の原告団が25日、東京・霞が関の司法記者クラブで会見し、日米軍事同盟のもとでの「密約」外交、日本政府の隠ぺい体質への強い怒りを表明しました。

 弁護団の小町谷育子弁護士は、国側が、情報開示請求した文書について(1)探したが文書は無かった(2)交渉経過の文書だと思われる(3)持っていたとしても廃棄したと思われる―との回答を示したことを明らかにしました。

 これについて原告で元「毎日」記者の西山太吉氏は、「こんな粗雑な主張は国が追い込まれている証拠だ」と批判しました。

 原告の作家、澤地久枝さんは「ひとつの『密約』をすると主権者に知らせない秘密の積み重ねになっていく」と政府の隠ぺい体質を批判、「戦後の日米関係、日本の将来を左右しかねないことが裁かれている」と訴訟の重要性を訴えました。

 清水英夫弁護団長は吉野文六元外務省アメリカ局長の証人申請に外務大臣がどういう態度をとるかが「今後大きな政治問題になる」と強調しました。


-----------------------------------------------------------

 沖縄密約情報公開訴訟 1972年の沖縄返還で、日本が巨額の財政負担を約束した秘密の日米合意(密約)の文書の公開を求め、ジャーナリストの桂敬一さんらが今年3月、東京地裁に提訴しました。一連の文書は米国国立公文書館がすでに公開しています。日本政府はいまだに「密約」を認めていません。

12月6日夜追記

美爾依さんのところで思わずテレビを。
若い西山さんを見てしまった
見るたんびに、佐藤さんと岸さんってよう似た兄弟やね~と
2年前の放映やけど、知らんやったね~

鳥越さんが「ノーベル平和賞も、、、」って言ってたけれど

 TVの中で、沖縄返還で、佐藤さんがノーベル平和賞をもらったけれど
 ノーベル平和賞も???と言ってたけど、ほんとやね。

一つの密約を認めたら、その後ろには、100の密約が、みたいな話よ。
それやき認められんっちゃろうね~


<<「機密」といえばいいと思って!メールニュースから | Top | 「おもしろいものが」と大久保さん・大久保三喜男HPできる!>>



美爾依さんのとこで、「ザ・スクープ」(2年前)を。みんなウソをつくのね。証拠があがったあとでも、吉野文六さんに、「今までどおり(密約は無い)でいきましょう」と外務省から電話があったっていう話よ。
2009/12/06 23:19 URL by ひとみ [ 編集] Pagetop△
ありがとうございます。












管理者のみ閲覧可能にする



Trackback
Trackback URL
» http://hitomi3.blog65.fc2.com/tb.php/1516-ce53cb79
» FC2blog user only
デマを流すマスコミv.s.真実を伝えるブログ
明日は今学期最後の日本語のクラスがあって、何かと忙(せわ)しないので、今日は貴重な意見や情報を提供してくださったブログを紹介した... カナダde日本語 2009/12/03 13:13
| Top |