頼まれていた原稿が活字に。




昨日、5かのことです。ほとんど書き終えたら、また消えて・・
で、あらたに。4行だけは、なぜか残っていましたが。

階下からの家族の声で布団から仕方なく

 なかなか眠れず(疲れすぎても眠れない、というのを発見!)
 午前3時過ぎにやっと布団の中へ。
 7時過ぎやね~と思ったまでは覚えていたのだけれど、
 それから30分ほど
 で、階下からの声で飛び起きた、というわけ。

「電話がかかってくるぞ!」

 早朝から夫の叔父より「よくまとまっとう」の電話があったそうな。
 私は、編集者さんより「今週か来週」というメールをいただいていた
 ので、5日、ときいていたのが、「今週か来週」というのは、5日は
 無理かな、ところっと忘れていた。
 電話は、その後1本も無し。

午前中の新婦人支部委員会で「載ってたね」

 午後、大分に引っ越した友人よりよりメールで「情景が浮かびます」と。
 夜は管理人さんより「写真もお母さんが?」と。
 父・母は何も言わず。
 私のほうから「松尾ひとみという字が載っとうよ」と。
   何も言わなくてもいいのだけれど、見ていない、ということは
   それだけ、おとろえた、ということかな、とちょっと心配。

大幅に、微妙に

 題はごろっと変わっていたけれど、文章は最初が微妙に
 どう違うかわかるかな?
 行数が多すぎる原稿を渡して「削ってください」とお願いしたので
 減るのはわかっていたけれど、題が、気恥ずかしくなるほど、とは
 考えもつかんやったね~
 ま、宿場跡近くの西郷川の支流にもホタルは乱舞しとうけどね。
 
 どこがどう違ったかわかるかな

ホントは、夕日を載せたかったけど、あまりの寒さに誰もおらんかったと。絵にならんしね





<<少しだけ春を | Top | 政党助成金額決定。メールニュースより>>



ありがとうございます。












管理者のみ閲覧可能にする



Trackback
Trackback URL
» http://hitomi3.blog65.fc2.com/tb.php/1631-a462b8fa
» FC2blog user only
| Top |