娘と父の口からケンミンショー・ひとみちゃんタラワタに初挑戦




鱈の胃

今までに1~2度購入したことはあったけれど、食べられるまでには
で、今年こそはと
ネットで調理方法を。それから袋を開封。
何のことはない。商品名を書いた紙の裏に、作り方が。
開封したのが13日の朝。半日水につけてやわらかく。
半日っていったら寝る時間よ。
夜中に悩んだ末、次の工程、30分水で煮る、までに。

鍋に浸かっている鱈わたを見て娘が、「ケンミンショーで福岡の時に」と。

14日朝から調味料を入れて煮始めた。
昼食に間に合うように、まだ汁ザブザブのを実家へ。

煮れば煮るほど量が減る。
子供のとき食べた記憶では牛蒡なぞは入っていなかったが、レシピ通りに
牛蒡・大豆を。量が減ったので思い出し、レシピにあったこんにゃくも。
煮詰めて夕食に出した時は、昆布と大豆がやたら目に付いた。

15日朝、煮詰めた物を実家へ。
汁ザブザブを持っていった時は、寝ていたので話さなかった父が
「昨日のは、砂糖と醤油を入れ添えて煮詰め、ごはんにかけて
『鱈わたどんぶりにした』」と。
いろいろ話を聞くと、鱈わただけで山のように煮ないと、子供の時に
山のように食べた鱈わたの煮物にはありつけないみたい。

父、「ケンミンショーで言いよったばって、この辺だけげなね、鱈わた。
全国どこでも食べるかと思いよった。おれたち子供の時は、鱈は生で食べる
ちゃ思わんやった。兵隊の時、鱈の何とか汁、というとが。ばって、おれたち
が食べるとには、具は入っとらんやった。潮汁、というのも。潮汁の時は
海水を汲みに係が。まさか、海の水そのままやったっちゃろうか」と。

娘、ケンミンショーにはまり、その影響で私も時々。
まさか、父も見ているとは知らんやったね~


<<ひ~ばあちゃんは何歳まで生きとった? | Top | 「似た物夫婦」とか「夫婦は似てくる」とかは言うけれど、オヤコはどうかね~>>



ありがとうございます。












管理者のみ閲覧可能にする



Trackback
Trackback URL
» http://hitomi3.blog65.fc2.com/tb.php/1743-525377c0
» FC2blog user only
| Top |