宗像農業を救えるか、米粉パン。パン工房近日開店!




昨日の補正予算審査の報告です
  昨日打つつもりやったとい、夕方になると足が我が身の重さに
  で、またも早々と


 傍聴者1人あり。傍聴者がいると違うね~質問・意見多数続出よ
 みんながいろいろ訊くき、問題ありやなあ、と思うのがいっぱい。
 ばって、緊急を要する災害対策費が入っとうき賛成したとよ。

 こげんとは知らんやったね~というのが。

 一つは、米粉パン工房の建設。使うのはもちろん宗像・福津の米。

  宗像市須恵にあるJA宗像・河東支所の駐車場に。
  ひとみメモでは、パン工房の一部を改修、と。
  メモは改修ばって新築?前からあげなとこに建物があったかどうか
  見た目は建築費が高いね~。これぐらいが相場

  ひとみメモ
   建築費  2,000万円  農協が
   厨房     530万円  農協が
           250万円  宗像市が
           200万円  福津市が
 
 質問いろいろ  

  勝浦の農協跡地になぜできなかったのか
  
    経営上の・・・人の寄り付き・・・

  学校給食にも・・材料費が上がらないように安く押さえて

    もちろん・・・同時に全部の学校、というのは無理・・・
     
   曜日を変えれば幾つかの学校に対応できるだろうけど
   外から見た感じじゃどのくらいの数を生産するのか
   米は政府が買い上げて学校給食に安くやるか無料でやったら
   このままどんどん農業就業者が減ったら先はどげなるか 


近日オープンの張り紙が    向かって右隣は支所です

左側は直販所「ほたるの里」です    直販所であまりのひもじさに「エルム」・若木台・のパンを。家に帰りつくと一個だけ残っていました。パンを口に入れながら「赤旗」の流しは品がなかったね~


 大久保さんが「河東にあるとやないとね?」と。
 私、「宗像市の須恵にある、河東支所にできるとよ」と。
 河東でも間違いじゃないないばって、住所の頭に校区名は
 あの辺一帯「河東校区」やき間違えるとよ。
 親戚がある私でさえ、「校区」で言われたらわからんばい。
 団地ができて、学校増えたもんね~
 昔の地名ならわかるけどね

 もう一つの知らなかったこと 

 「放牧利用推進事業補助金」
 
  通り予算、といって県や国からの補助金を市に入れて
  そのまま、同額を市民に助成する仕組みやけど
  こげんとがあるなんて知らんやったあ
  ひとみメモじゃ、新、て書いとうばって、新しい助成か
  それとも新規に受ける人があったのか
  いずれにしても県事業よ。
  メモには、しき材、と。敷材のことかなあ
  私は、放牧、の二文字に興味が。どこで、誰が、とね 


減りつづける農業就業者

農業就業人口の推移 


関係ないけれど

9月は合間をみて宗像署へいつもの道路使用を受け取りに行く予定。
委員会終えて帰り着くと「生協から電話があったぞ。チョコレート
買ったろ?もらいすぎやき返します、て、30何円」と家族が。

宗像署は書類をすでに出しているので、13日までに受け取るだけ。
せっかくやき今日行くか、とパン工房のことを審査したその足で
宗像署、生協、JAへ。
生協へは、母から頼まれた粉石けんを買いにいくつもりやったき
ちょうどいいといえばちょうどいいけど、偶然にいくつも宗像方面が
重なったね~

ガーナチョコのこと

普通100円。私が買った日は88円だったそうな。知らんやった~
よほどの高い物でないと値札は見らんしね~
高くても100円のロッテガーナチョコよ。
値段やら見らんでカゴに入れるばい、食べたかったらね。

一ヶ月ぐらい前、冷蔵庫から出したガーナチョコを、硬いき
室温でやわらかく、と。それが忘れてしまって二日後に口へ。
室温37度の事務所よ。形はあったけどつまむとトロ~リ
それをさじですくって食べたら、ものすごくおいしいと。
昔、なかなか買ってもらえなかったチューブ入りのチョコを思い出し
で、またトロ~リ、としようと、ガーナを3箱も。

忘れてトロ~リ、となるのはいいけれど、目の前に置いて待つ、
っていうのはダメやね~
トロ~リどころか硬いまま食べてしもうたばい。
最後の一箱が昨日よ。
生協から電話やらあって思い出してしもうたろうも。思い出したら
家族にみつからんごと、冷蔵庫のチルドの奥の方に隠しとったといね~

パン工房のこと

宗像署から一目散に生協の店へ
途中にJA河東支所があるとよ。通り過ぎて気がついたと。
「エッ何かある!」反対側やき帰りに寄るごとして生協へ。
もうパン工房は出来上がっとったばい。
それとも中はまだ改修中

これは知っていました。

補正で人件費負担分160万円。機構に123万9千円

機構とは?(毎日新聞からのコピーを)

むなかた農業活性化機構
  県内初、一般財団で発足 農地まとめ有効利用 /福岡

 宗像、福津両市とJAむなかたの三者による「一般財団法人・むなかた地域農業活性化機構」(代表理事、宮部武文・宗像市副市長)が1日、発足した。農地所有者の委任を受けて、面的にまとまった耕作地を農業の担い手に貸し出す「農地利用集積円滑化事業」など、農業の効率化に取り組む。宗像市によると、同様の機構の一般財団法人化は県内で初めてという。

 三者は07年、むなかた地域農業振興センターを設置。農業の生産効率化や経営改善の支援などを進めてきた。昨年の農地法などの一部改正で、農地利用集積円滑化事業が創設されたことを受けて、その実施主体として組織体制を強化した。

 農地の利用集積以外の主な事業は(1)新規就農者と後継者の育成、確保(2)地域農産物のブランド化(3)市民の地域農業への理解推進--など。三者が300万円ずつを出資した。

 機構によると、水田の耕作面積は宗像市約1524ヘクタール、福津市約888ヘクタール。耕作放棄地は両市とも約31ヘクタールずつ。水田を主体とした20ヘクタール以上の栽培農家は宗像市2人、福津市4人。

 発足式は宗像市のJAむなかた本店隣のJAホール玄関前であった。宗像の谷井博美、福津の小山達生両市長と、寺島俊基JAむなかた組合長が看板を掲げた。谷井市長は「農業を取り巻く環境は厳しいが、力を合わせて課題を克服していこう」とあいさつした。【中原剛】


          


<<狐か狸に化かされたか、それとも私の耳が狂ったか?????? | Top | ログアウトしたのに思い出したと、もう一個頭にくること・比例削減>>



ありがとうございます。












管理者のみ閲覧可能にする



Trackback
Trackback URL
» http://hitomi3.blog65.fc2.com/tb.php/1762-e85a8852
» FC2blog user only
| Top |