FC2ブログ

2010年10月10日を過ぎましたが眠れません




「きょうの潮流」を今、ネットで。
議員になる前に、こういうこどもたちがいたなあ、と。
新婦人の会員さんたちも気をつけてはいたけれど、最後は施設へ。
今、お金さえあればなんでも買える時代。なのに買えない。
しかも、この時代に食べる物にさえ事欠く。
何とかしなければ、と目はますます冴える。

きょうの潮流

 昨年1月、赤旗編集局に年配の男性読者から電話がありました。「この記事は本当のことなのですか」▼都内の小学4年の男児が、通りすがりの人に食べ物をねだっていた、という記事でした。連載「子どもと『貧困』」第1回。男児の母親は、障害を抱えています。祖母が亡くなると、男児は食事を学校の給食に頼りました▼給食のない夏休み。プール登校の男児に、教職員がおにぎりやカップメンを持たせる。「お母さんに持って帰っていい?」と聞く男児。しかし、プールも休みのお盆の間、彼にはねだるしかなかった…▼担当記者が、読者の問い合わせに「私が取材しました」と答えると、先方はしばし絶句し、涙声でいいました。「こんなことが今の日本で起きているとは。なんとかしなくては…」。いらい1年あまり続いた「子どもと『貧困』」が、1冊に編まれました▼『「誰かボクに、食べものちょうだい」』(新日本出版社)。連載中、どれほど多くの人が「なんとかしなくては」と思ったことでしょう。弁護士の宇都宮健児さんも、「貧困の連鎖を断ち切る上で貴重な書」と推しています▼宇都宮さんが会長の日本弁護士連合会は、先の人権擁護大会で決議しました。「貧困の連鎖を断ち切り、すべての子どもの生きる権利、成長し発達する権利の実現を求める」と。「本来保障されるべき教育・支援を奪われ…、親の貧困が子どもの貧困に繋(つな)がる」(決議)連鎖。断ち切る力は、「なんとかしなくては」と思う人々のつながりから。


11日になってしまった。昨日10日は告別式に参加。

同年の市の職員が病気で、8日に亡くなったのだ。
同年が何人か集まり、しんみりとなる。
同年が亡くなるというのは、ほんとうにさみしい。

出棺後、「お世話になりました」とあいさつをしたけれど
「まだ、12月議会があろうが」と言われてしまった。
「12月議会は、30分間演説をしようか」と冗談っぽく言ったけれど
合併や何やが無かったら、もう少し長生きできたかもね~と思うと
合併がなぜ行われたか、政府がどれほど自治体に合併をせまってきたか
市長に一言言いたいね~と。二言三言、それ以上かも。

しゃべれるだけいいか、命があるとやき。
足が悪いぐらいいいか、しゃべって文句が言えるもんね。

親族挨拶のなかに、「2010年10月10日は忘れられない日に・・・」と。
なんか、私も忘れられない日になってしまった。
議員を辞めるあいさつが、永久の別れのようにしめっぽく・・・

それにしても弔辞がありきたりでなく、しかも心がこもっていて
棺の上には本人が育てた花。
式場入った所には、ご夫婦での山登り時の写真などが。ホッとした。

告別式終わって、花を。事務所に。デジカメまたまた行方不明。携帯で



<<芋を食べながら芋を煮る・のどに詰まりそう | Top | 無知ほど怖いものはないね~「中国からのメール」>>



ありがとうございます。












管理者のみ閲覧可能にする



Trackback
Trackback URL
» http://hitomi3.blog65.fc2.com/tb.php/1790-3b9beaf5
» FC2blog user only
| Top |