FC2ブログ

世間は狭い!

隣のベッドから、「吉田鹿雄」

 「お宅は、福津、福間なら、吉田鹿雄さんって知ってござらっしゃー
 な?」と、突然 隣から声が。
 私は「はい」と答えた。
 術後間もなく、まだ麻酔も完全には覚めていなかった。
 気のない返事をしてしまった。
 ところがそのあと「○○ちゃん(父の弟)は元気やろか」と返ってきた。
 「えっ、こりゃやばい」と、今度は真面目に「吉田鹿雄は私の父
 です」と。それから叔父のこと、いろいろ。ひとしきり話したあと、
 「鹿雄ちゃんの奥さんは?」と、考えられているふうなので、
 すかさず、「喜代香ちゃん!」「あ、そうそう、きよかちゃん。
 姉と仲良しやが」
 隣のベッドの人のお姉さんの家には、母を連れて、私も行ったことが
 ある。

 隣のベッドの人は、住まいの近くの党員(元議員とか市長候補)の名を
 あげ、知っているか、と聞かれた。
 もちろん知っていたので、今度は、丁寧に答えた。


それにしても、まさか、上妻で父の名を聞こうとは夢にも思わなかった
なあ。
まだ、痛みはありますが、昨夜よりはいいので、昨日のことを書きました。
荷物の整頓は今日も出来ませんでした。

 



<<子どもにピストル | Top | 同じ病院とは言っても …>>



ありがとうございます。












管理者のみ閲覧可能にする



Trackback
Trackback URL
» http://hitomi3.blog65.fc2.com/tb.php/244-b222a8a0
» FC2blog user only
| Top |