FC2ブログ

エスカレーター事故から思う




昨日、実家の近くのスーパーで、エスカレーターでの事故がありました。
 小学校3年生の子が、身を乗り出し頭を挟まれました。
 教育委員会の報告では、まだ意識不明だとのことです。
 店に行ってみました。
 エスカレーターと壁の間は、新聞報道によれば25センチほど開いている、ということでしたが、目で見た感じでは、そんなには開いていないようです。

 もう何年も前に、ベランダの手すりの間から、こどもが落ちる、ということでベランダだけでなく、いろいろな柵の間が問題になったことがありました。
 8センチなら、こどもの頭はとおらないので大丈夫、と、あちこちで手すりがやりかえられたり、隙間が無くされたりしました。
 この経験が、エスカレーターを取り付ける際に活かされていたら、隙間が8センチ以下だったら、と悔やまれます。
 エスカレーターやエレベーターは絶好の遊び場です。特に、雨の日は。

 市長の、市政のキーワードは、『地域とこども』です。
 市内すべてを、こどもの目線で見直す、ということがやられるかもしれません。そうでないなら、私たち市民が見直し、提言する、ということが急がれます。

 このような事故は、また、おこるかもしれません。

 放課後も安心して遊べる学童保育所に、6年生まで入れたら。
 地域に児童館があったなら。
 そして、それらが無料であったなら、放課後の事故は、グッと減るかもしれません。


<<失敗失敗失敗・・・・・ | Top | 雨の日に思うこと>>



ありがとうございます。












管理者のみ閲覧可能にする



Trackback
Trackback URL
» http://hitomi3.blog65.fc2.com/tb.php/46-79834f8f
» FC2blog user only
| Top |