FC2ブログ

事実は小説より・・・というけれど。諫早干拓2




諫早干拓のことを書いた翌日に『しんぶん赤旗』に載っていた、
「よみがえれ!有明海訴訟」を支援する全国の会の岩井三樹
事務局長から、本と7日の監査理由補充書というのが届いた。
県議の高瀬さんに紹介されて、本を注文していたのだが、手元に
無い、ということだったので、もっと遅くなる、と、思っていた。
なのに、無い、という連絡を貰ってすぐに、しかも赤旗を見て日記に
書いた翌日に届いたのだ。こういうこともあるっちゃねー。

送られてきた文書によれば、造成された埋立地の配分を受けるには
条件があり、たとえ、その条件をクリアしても、配分後の営農計画が
策定されていなければならず、その営農計画は、「埋立地」そのもの
ではなく、
「・・埋立地の周辺の地域における農業経営の規模の拡大、・・」
とあり、入植者は、大規模化でうまくいったにしても、周辺はそうは
いかない。打撃を受けて、小さな農家はつぶれるだろう。

『しんぶん赤旗』は、南島原市で農業を営む農民の声も紹介して
います。
  「農業は衰退し、後継者もいない。最近もトマトの暴落で採算が
   あわず自殺者も出た。本当に干拓農地に入植者がいるのか」

政府は、農業政策を大きく転換させました。
補助金は、一つ一つの品目には出さず、一戸あたり4ヘクタール
以上の農家(北海道は10ヘクタール以上)、集団なら20ヘクタール
以上(これとて条件厳しくつけている)の認定農業者、前年の実績に
応じてなどの条件も。大規模の農家しかやっていけない政策です。
国土を荒廃させ、田舎から農民を追い出し、このあとどうしようと
いうのでしょうか。偉い人の考えはわかりません。



<<平和行進が宗像粕屋地区へ入ってきました。 | Top | 長崎・諫早湾干拓農地>>



ありがとうございます。












管理者のみ閲覧可能にする



Trackback
Trackback URL
» http://hitomi3.blog65.fc2.com/tb.php/54-4eb8ed3e
» FC2blog user only
| Top |