FC2ブログ

政党助成金、貯め込むなんてとんでもない!




この前、仁比さんから聞いて、みんな怒っとったとよ
今日の日刊紙に載っとうき、読んでみて

政党助成金 ため込み65億円
自・公・民・社 使い残し返却せず
共産党は受け取らず



 定率減税の廃止など、庶民に増税を押しつける一方で、日本共産党を
除く各党が、国民の税金である政党助成金をせっせとため込んでいる
実態が明らかになりました。

 1995年からはじまった政党助成金。各党が得たぬれ手でアワの
交付金は、今年4月までの総額で、約3840億円という巨額にのぼり
ます。日本共産党は、憲法違反の制度として政党助成金の受け取りを
拒否。政党助成金の廃止を主張しています。

 各政党はこれを人件費や選挙CMなどにあてていますが、問題は使い
残した助成金を「政党基金」としてためこみ、利子で増やすなど運用
までしていることです。


 その総額(支部分を含む)は、民主党の約28億円を筆頭に、六党で
64億9600万円になります。(グラフ参照)
政党助成金


 政党助成法は、「その年の政党交付金または支部政党交付金について
残余を生じた場合」、総務大臣は「返還を命ずることができる」と明記
しています。「国民の税金なのだから使い残したら返せ」というのは、
国民感情からして当然ですが、自公政権は「各政党の判断にゆだねる」
などとして、国民の声を無視しつづけています。

使い道 カーナビ・飲み食い…
 政党助成金は、いったん政党に渡れば、何に使おうと勝手放題な
“つかみ金”です。選挙違反対策の弁護士費用から、除雪費、ストーブ代、
カーナビ代、「議員研修費」の名目による、料亭での飲み食い費、携帯
電話のストラップ代など、自民、公明、民主などの政治家によって好き
勝手に使われてきました。

 政党助成金は、もともと「政治改革」の中心課題として、政治家個人
への企業・団体献金の禁止と引き換えに導入されたものです。ところが、
政治家が支部長をつとめる政党支部で企業・団体献金を受け取り続けて
います。政党のあり方が問われていますが、自民は収入の60%、民主
は収入の84%を助成金に依存(05年)しているのが実態です。

許しがたい審判下そう 
日本共産党の佐々木憲昭衆院議員の話 国民の税金である政党助成金
を、山わけして使い残したうえ、ため込んでいるという許しがたい事実
は、私が国会で追及して明らかになりました。ほんとうに腹が立ちます。
企業・団体献金を受け取ったうえ、税金まで懐にいれるような政党に、
国民の痛みがわかるわけがありません。こんどの参議院選挙で、厳しい
審判を下そうではありませんか。




記事をコピー。漢数字は算用数字に直したものも。



<<辺野古から緊急情報。お気に入りに追加 | Top | 1日違いやったね。ばって、これ持って行こ>>



ありがとうございます。












管理者のみ閲覧可能にする



Trackback
Trackback URL
» http://hitomi3.blog65.fc2.com/tb.php/611-b03971a2
» FC2blog user only
| Top |