FC2ブログ

感想だけで、感動の涙!沖縄返還の軌跡




大津留さんのブログで、こどもの時から、名前はよく知っていた
「瀬長亀次郎物語」がテレビで放映されたことを知った。
あらためて、1人の日本人として、今、何をすべきか、思いを強くする。
ぜひ、再放送を見なければ、と思うし、みなさんにも見てほしい
番組名は、もちろん、「瀬長亀次郎物語」ではない

NHK「そのとき 歴史が動いた 忘れられた島の戦い~沖縄返還の軌跡」

以下、大津留さんのコピーです。




不屈(瀬長亀次郎の生涯)

先の記事で紹介しましたその時歴史が動いたの「瀬長亀次郎物語」ともいえる

NHK「そのとき 歴史が動いた 忘れられた島の戦い~沖縄返還の軌跡」

を自宅への帰路ラジオで聞きました。
カメさんのすごい戦いの人生に改めて感動しました。
お玉さん ではないですがこういう番組を作るNHKには受信料を払っても
いいかなと思わせる番組でした。

瀬長さんの人生の背景には栄養失調でなくなったお母さんがあり全く
天皇が「もう一成果挙げて」と言わなければ全く不要だった沖縄戦での
死者12万人があり、戦後4年だけで150位もあった婦女暴行事件があり、
先祖代々の土地を1坪コーラ以下の賃借料で奪われた多くの沖縄県民の
苦しみがあります。

「軍政府は猫で、沖縄は鼠(ねずみ)である 猫の許す範囲しか鼠は遊べ
ない」と米軍政府幹部が行ったような状況が1972年5月15日まで沖縄に
あった。
わずか35年前まで沖縄は人間ではなく鼠だった。

私は特に「瀬長さんが那覇市長に当選すると米軍が那覇市への補助金と
融資の打ち切り、預金凍結を行うが市民は納税で瀬長を助けようとし
瀬長当選前の納税率が77%だったのに対し当選後は86%にものぼり、最高
で97%にもなった」という事実に感動しました。

人間の善意と不屈性に打たれました。

番組で流れた瀬長さんの言葉を紹介します。

「戦争は終わったが、地獄は続いていた」

沖縄が取り残されることに危機感を持った瀬長の言葉

「セナガ一人が叫んだならば、五十メートル先
まで聞こえます。ここに集まった人が声を揃えて
叫んだならば、全那覇市民まで聞こえます。
沖縄の七十万の民が声を揃えて叫んだならば、
太平洋の荒波を越えて、ワシントン政府を動かす
ことができます。」


後に瀬長が獄中でのアメリカ軍の様子を語った音声

「アメリカが今までの事をやらんと、それ誓え
ば、出すと言っておりましたがね、そうなると、
県民に対する裏切りになる、断固としてはね
つけて。」


出獄前日の日記の言葉

「残りの生命を大衆のためにささげることを
固く誓わなければならん」


那覇の大会での瀬長の言葉

「一リットルの水も、一握りの砂も、一坪の
土地もアメリカのものではない。空気は我々が
ただで吸わせている。そのうえ、今回の新たな
土地強奪である。我々は対米非服従運動を
起こさねばならない。」


那覇市長選挙で瀬長が訴えたこと

「異民族の永久支配を認めるか、 一坪の土地も
異民族の手に渡さず、沖縄の祖国復帰を実現
するか、市長選挙は県民がそのどちらを選ぶ
かの機会と権利を与えられている。」


瀬長の国会での言葉

「この沖縄の大地は、再び戦場となることを
拒否する。基地となることを拒否する。あの紺碧の
空、サンゴ礁に取り囲まれて、あの美しい海。
沖縄県民の手に返って初めて平和な島が、沖縄
県の回復ができるんだということを二十六年間
叫び、要求し続けてきた。」


番組では沖縄人民党委員長・日本共産党副委員長であったことは触れて
いませんでした。


瀬長亀次郎
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

[編集] 経歴
1907年、沖縄県豊見城村我那覇に生まれる。沖縄県立二中(現沖縄県立
那覇高等学校)、東京・順天中学(現順天中学校・高等学校)を経て
旧制第七高等学校(現鹿児島大学)に進んだが、社会主義運動に加わっ
たことを理由に放校処分となる。2年間の兵役を務めた後、1932年に丹那
トンネル労働争議を指導して治安維持法違反で検挙され、懲役3年の刑で
横浜刑務所に投獄される。その後、召集されて砲兵として中国へ派兵する。

戦後、名護町助役、沖縄朝日新聞記者、毎日新聞沖縄支局記者を経て、
1946年にうるま新報(現琉球新報)社長に就任。在任中、沖縄人民党の
結成に参加したことにより、軍の圧力で同社長を辞任。沖縄人民党書記
長となり、1950年、沖縄群島知事選挙に出馬するが、準備不足もあり
当選者の1割にも満たない得票数で落選。しかし、1952年の第1回立法院
議員総選挙では最高得票数でトップ当選を果たす。この選挙後に開催
された琉球政府創立式典で宣誓拒否したことで占領軍から睨まれること
となる。

1954年、米軍は沖縄人民党事件で、瀬長をたった1人の証言を証拠として
弁護士なしの裁判にかけ、懲役2年の刑の判決をして、再び投獄された。
出獄後、1956年の那覇市長選に出馬する。対立候補から選挙妨害を受け
るが、まったく保護されない無法選挙を戦うことを余儀なくされるが、
大方の予想を覆し当選を果たす。だが占領軍出資の琉球銀行による那覇
市への補助金と融資の打ち切り、預金凍結の措置に遭い市政運営の危機
に見舞われるが、市民は納税で瀬長を助けようとし、瀬長当選前の納税
率が77%だったのに対し当選後は86%にものぼり、最高で97%にもなった。
そのおかげで自主財源での市政運営できるようになり危機を脱する。
これに対し占領軍と沖縄自民党は7度にわたる不信任決議を提出するが、
いずれも不発に終わる。しびれをきたした占領軍は布令改定で、1954年
の裁判を理由に、瀬長を追放し被選挙権を剥奪した。市長在任期間は
一年足らずであったが、那覇市政をめぐる米軍との攻防は、瀬長に対
する沖縄県民の絶大な支持を呼んだ。

1970年の沖縄初の国政参加選挙で衆議院議員に当選する。以降7期連続
当選を果たした。日本共産党に所属し共産党副委員長などを歴任。1990
年、政治活動を引退する。2001年10月5日、肺炎で死去。享年94。

ジュリオ=キュリー賞、那覇市政功労賞、県自治功労賞、沖縄タイムス賞
(自治賞)を受賞。那覇名誉市民、豊見城名誉村民。



<<昨日は、市役所に3回 | Top | 風は泣いているし揺れるし、帰ります>>



琉球独立派さんへ
いろいろは、私が、勉強してから回答?討論?
それまで、お待ちくださいね。ただ、今、私が、思っていることは、日本人とかにこだわらず、DNAにももちろんこだわらず、そこの人たちが、自分たちは、○○国がいい、と、思えば、それでいいのではないでしょうか。沖縄は、歴史的にも大変な目にあっての「命どぅ宝」ではないでしょうか。私個人の私見ですが。
2007/08/07 18:59 URL by ひとみ [ 編集] Pagetop△
琉球独立派さんへ
コメントありがとうございました。URLをクリックするとコマーシャルが。削除しようかとも思いましたが、最後はていねいにごあいさつをしてありましたので、私の意見とは違うのが多いいのですが、公開することにしました。私がコメント欄にコピーのつもりでしたが、試しに公開してみますと、URLをクリックしても何も出てきません。で、そのまま公開させていただきます。沖縄のことは、私の活動の原点ですので。これは、私への、宿題でもあります。
他の方もご意見をどうぞ。

「マスコミを鵜呑みにしないこと、反対側の考えも知る事」
これは、その通りだと思います。
あとは、ぼつぼつ、意見を書いていきます。
時間があるかなあ


2007/08/06 11:40 URL by ひとみ [ 編集] Pagetop△
日本愛国者として瀬長亀次郎を持ち上げる為に冒頭から非科学的に歴史をねじ曲げるNHKのTV(2007.8.1.夜10時) 瀬長亀次郎特集

歴史を見れば明らか、琉球人の祖国が日本であるものか、「琉球の風」も放映したではないか、確かに現在の琉球人は国籍はニッポンだ
しかし、日韓併合と同様に琉球国600年の歴史からすればむしろ短い、つい最近の事。DNA調査でも日本と朝鮮の方がむしろ近い。
元々日本語も喋っていなかった、文化、風俗習慣も違っていた。

NHKは沖縄独立論や保守の復帰反対などを意図的に隠している、日本復帰といえども当時は選択肢として独立論や現状維持論、信託統治論、
米国の一州論などもあった、その中で何故日本復帰に多数が傾いていったのかを解説すべきであった。

人民党は余りの強大な米軍に恐れをなし、独立すべきだと言う事を解っていながら日本の平和憲法の下に保護されるという幻想を抱いて、
楽な方日琉併合へと傾いていったのではないか。考えてみれば簡単に解る事、アメリカの意のままにに占領されている日本に併合したって
沖縄の基地が無くなる訳はない。100万人対1億人、合法的民主的にに1億人の利益優先に決まっている、これが政治というものだ。

瀬長も共産主義者のはしくれなら「全沖縄民族の解放」を貫徹して欲しかった。さすれば琉球の歴史に英雄として永遠に記録されただろう。
今となっては琉球の人民と膨大な琉球の領土、資源を日本帝国に差し出した売国奴として琉球1000年の歴史に刻まれる事だろう。

番組は全く瀬長の表面をなぞるだけで掘り下げる事なくつまらないものであった。

終戦後は当然のごとく沖縄共和党、沖縄社会大衆党や沖縄人民党、日本共産党も独立を打ち出していた。

以下ウィキペディア引用------------------
人民党の結党当時は「全沖縄民族の解放」を謳い、米軍に対する感謝決議すら行っていたが、1949年10月の党大会で「自主沖縄の再建」と改められ、やがて1951年4月、本土復帰方針に変わっていく。

マスコミを鵜呑みにしないこと、反対側の考えも知る事、これが全体主義を防ぐ道です。

突然の書き込み失礼致しました。
2007/08/06 03:41 URL by 琉球独立派 [ 編集] Pagetop△
NHKを見ますと
(再放送) 平成19年8月6日(月)
16:05~16:48 総合 全国
平成19年8月24日(金)
0:10~0:53(木曜深夜) 総合 近畿のみ
平成19年8月24日(金)
1:05~1:48(木曜深夜) 総合 全国(近畿のぞく)
※再放送の予定は変更されることがあります。当日の新聞などでご確認ください。
と、ありますが。
2007/08/04 23:30 URL by ひとみ [ 編集] Pagetop△
再放送は見逃しました。残念!
誰かyoutube に載せてくれないかな・・・

記事のご紹介ありがとうございました。
2007/08/04 12:09 URL by 大津留公彦 [ 編集] Pagetop△
ありがとうございます。












管理者のみ閲覧可能にする



Trackback
Trackback URL
» http://hitomi3.blog65.fc2.com/tb.php/622-2d74984d
» FC2blog user only
| Top |