FC2ブログ

8月13日(日)快晴

  一人で過ごす13日に、いろいろと思い出す

盆の13日を一人で過ごすなんて初めてではないだろうか。(ここまで打って思い出した。初めてやないかもしれん、と)
昔(と、言ったら怒るかな)、長女出産前、13日は実家にいた。
予定日は過ぎていた。が、産まれない。
13日か14日か今ではもう覚えてもいないが、今日は産まれんやろ、と、私一人おいて、みんな祖母(宗像市)のところへ行ってしまった。
てもちぶさたで、なんとなく不安だったのを思いだした。
膝の手術がなければ、一生思い出さなかったかもしれない。
でも、あの時、夫は、どこにいたんだろうか。
今日、たまった郵便物を持って、チラッと顔を見せたように、あの日も来たのだろうか。
それとも仕事だったのだろうか。


  長女、生まれる

長女は二日間の微弱陣痛の後、21日、無事に生まれた。
長女の時は、陣痛が始まって、すぐに助産婦さんに連絡。
ところが陣痛二日間。


  今度は待たせないぞ!

次女の時は、産まれそうです、と自分で電話を。
もうちょっと早く電話せな 間に合わんところやった、と、叱られてしまった。
次女は陣痛が始まってからも早かったが、予定日にも、まだ一週間もあった。


  やっぱ、一人は寂しいばい

同室の二人には、盆で集まった親戚の人がぞくぞくと。
私のところには、毎日来る(これはこれで他の人からみるとうらやましいことかも)叔母と友人が一人。
しかも、叔母は忙しい合間をぬってきたので、すぐに帰った。
友人が来た時、ちょうどリハビリの時間になったので、友人もそそくさと帰ってしまった。
夕方に来た夫は、配達人よろしく帰ってしまうし、自分だけ見舞い客が少ないというのも、気が楽な反面、寂しいものである。

   見舞い花  友人からもらった花


  ヤエ子さんも、こんな思いを

他の患者さんに見舞い客が多い日は、ヤエ子さんの機嫌が悪かった。
知らない人がたくさんだったので、機嫌が悪いのだろうと思っていたが、もしかしたら寂しかったのかもしれない。
毎日は行くけれど、盆・正月に大勢で、というのはなかったもんね。



<<テレビ アレコレ | Top | 「あの子」>>



ありがとうございます。












管理者のみ閲覧可能にする



Trackback
Trackback URL
» http://hitomi3.blog65.fc2.com/tb.php/81-374d282e
» FC2blog user only
| Top |