FC2ブログ

今日は新婦人の班会議

 健康のことから地球環境まで話は尽きない。
 なんで地球環境の話までなったかっていうと、
 この前、福津の革新懇で、市の出前講座を(私は議会中で欠席)。
 その時参加した人が、「駅東」のことを、もっと知らないかんね、
 と、感想をだしんしゃったとよ。
 
 で、またいろいろでて、市の説明の、「高齢化しているので、収入を
 増やすためにも若い人を。そのためには、駅東区画整理事業を」と
 いうような内容に、班会議で異議がでたわけよ。

 原町(建設年度1960~) 東福間(1965~) 若木台(1973~)
 光陽台(1976~) 有弥の里(1989~)と、住宅団地が造られ、
 現在ほぼ売却済みの桜川、造成工事ほぼ完了のあけぼの、と、続く
 とよ。

 団地ごと高齢化しとうとよ。こんな団地づくりはダメ!と、反省され
 とうとに、また、大型団地をつくろうとしとうとよ。
 なん考えよっちゃろうかね~と、なったわけよ。

 しかも今度の団地は、初めて田んぼを埋めるとよ。
 今までは、山を削って団地に。これはこれでおおごとばって、田んぼ
 を埋めるのは絶対いかんばい。
 洪水、食料不足、景観が失われる、などなど、ね。
 
 考え直す時と思うばって、それも早い時期にね。


今日の日刊紙読んだら、とても開発なんて考えられんばい

 地球温暖化(記事より ちょっとだけ紹介)

  国連環境計画(UNEP)のシュタイナー事務局長は、「転換点を
  越えた」「もはや(気候変動が)起きるかどうかではなく、どう
  対処するかが問題だ」とメディアに語っています。



3月16日、浄化センター視察後、委員会傍聴


公共下水道担当課長・部長異動無し

 視察のバスの中で、4月の人事異動内示をもらったのですが
 メガネをかけなければ見えず、見ろうとすれば、酔いそうなので
 見ていませんでした。
 委員会冒頭、「前列は異動しませんので」、という、部長のことばで
 初めて知りました。


議案第43号
福間駅東土地区画整理事業地区内に関連する公共下水道(新市街地)
施設の整備に係る協定を締結することについて

 この事業は、駅東区画整理事業地内に
  雨水排水(幹線)・汚水排水(枝線)のために、管の埋設などを
  行う事業です。

 汚水排水は枝線、ということですので、福間全体の分を浄化センター
 に流す管ではありません。
 この議案の名の通り、区画整理内だけの施設の整備です。
 
 この事業が終われば、昔の面影は跡形もなくなってしまうでしょう。


執行部がわざと詳しく言わなかったのか
それとも、当然分っているもの、と、説明を省いたのか

 説明では、雨水・汚水のこの事業、40%を、補助でやります。
 補正予算で、債務負担行為の賛成はいただきました。と。

 補正の審議の時、この債務負担行為は何のためか、と聞いたんです。
 補助事業で駅東整備をやる、とはわかったのですが、もっと突っ込ん
 で質問すべきでした。
 債務負担行為、というのは、福津市が、今年度予算だけでなく、予算
 書に記入された年度まで保証する、ということですから、この事業に
 市のお金が使われる、ということだったのです。
 それを保証するための補正予算だったのです。
 補助率40%、ということで深く考えなかったのです。
 40%は、すべて国からの補助だと思ってしまったのです。
 冷静に考えればわかることなのに


 議案第43号には、協定の内容の他に、平成24年度までの
  総事業費と、国 ・ 福津市 ・ 都市再生機構の負担額が
  (財源内訳)として、年度毎の表として出されました。
  補助率40%というのは、国プラス福津市なのです。
  事業をしているのは、都市再生機構ですから、機構の側に立って
  補助、というのを考えるべきでした。

 
1.協定の目的  福間駅東土地区画整理事業地区内に関連する公共
         下水道(新市街地)施設の整備
2.協定の期間  平成18年度から平成24年度まで
3.協定の金額  826,000,000円
4.協定の方法  随意契約(地方自治法施行令第167条の2第1項
         第2号の規定による。)
5.協定の相手方 福岡市中央区長浜二丁目2番4号
         独立行政法人都市再生機構九州支社
         支社長  平 居 一 夫



覚書
 福間町と都市基盤整備公団(現・都市再生機構)は、この区画整理
 事業の円滑な推進を図るため、と、覚書を交換しました。
 議会に出されたのは、(案)というのがついたものです。
 正式なものがこれと同じかどうかわかりません。
 そのあとの議会、一般質問の資料請求にも、(案)のついたものが
 でてきました。

この覚書(案)には、(別表)事業及び事業に関連する公共公益施設
の負担、という表がついています。
 この表によれば、事業区域内の公共下水道は
  補助事業は 整備主体は福間町  
        町の負担は、補助対象となる事業費から国庫補助金
              を除いた額
        公団の負担のところは、―が書いてあるだけです。

  単独事業は、整備主体は公団。
        町のところに、―が。公団の負担は、事業費の全額

ついでに、事業区域内の「上水道」をみると、整備主体は公団。
町の負担は、―。公団のところは、整備に要する費用全額、と記入が。


覚書(案)でいくと、この議案43号は、補助事業なのに、残りを市が全部出すわけではない。仕事を請け負った機構も出す。

仕事そのものは機構がする。機構そのものが管を埋めるわけではなく、
どこかへ仕事を頼む。安くあげれば、機構が儲かるのか、ということは
無いだろうが(以前、下水道事業団との随意契約で質問。余れば補正)

となると、本来なら事業者が、家の前の道を整備する時に、水道管や
汚水管を敷設するが、それを名目上、市の事業としてやることに。
市の事業となると、市が市に補助を出すのはおかしいし、、、、。

県の補助事業・農機具購入など・に、県・市・購入者、それぞれが、
三分の一を負担する制度が。で、機械は、この三者以外から購入する。


国が補助を出す条件として、市からの補助を要求された、
と、みるべきなのだろうか。

この案件には、地権者の同意が得られてなく、大久保さんは反対。


議案第44号
工事請負契約を締結することについて
福間汚水幹線築造工事(7工区)

 これは、「地権者の同意を得ている、と、機構が」という執行部答弁
 なので、大久保さんも賛成しました。詳しくは入札結果を。


たくさん書いていたのに、、、

また、すっぽりぬけてしまいました。この文をもって財政課長に尋ね
ようとコピーして気付きました。またまたがっかりです。
財政課長は、市民部長になる予定ですので、早くいかなければ、と
思ったのが、ミスを引き起こしたのでしょう。
保存を押したつもりなのに、肝心な部分がありません。
やっぱり平常ではないですね。


19日加筆
部長さんってなると、雲の上の人のようで、気楽に話せないような気が
するとよ。財政課の前は、議会事務局におんしゃったき、尋ねやすかったとよね。合併したら、誰が誰かまだようわからんともあるし。
つい、あせってしまったんでしょうね。
知らない人にもきけるように練習しなくちゃ。
昨日は、1日かかって書き、半分以上を無くしました。
今日は、体調が少し戻ってきている感じです。自分の身体、というのが、実感できるようになりました。


初外出の革新懇新年会で、日経1面に福津市が載っていた、と聞いた。
読んでくれたが、「何それ!」、と、言いたくなった。
反論したくなったのは強烈に覚えているのだが、細かいところは、全然
覚えていない。でも言いたい。


市長の発言、そのまま、こっちが言いたい!

 福津市の財政状況について、400億円?の借金に対し、資産が
 200億円?
 これに対し、市長が何か言っているのだが、同じ言葉を市長にその
 まま言いたい、と、強く思った。(数字も市長発言も日経で確かめ
 なくては、ネ。たぶん近い将来の数字だと思う)


なぜ、借金が。そんなに作らなくてもいいのに

駅東区画整理事業 53億円

  独立行政法人 都市再生機構(旧・住宅公団)が事業主体
 一度中止されたものを、議員や町長がお願いして再開させた。
 日本共産党は反対。全国17の事業中、3ヶ所再開(12月議会で
 20ヶ所中、という発言も)。
 そのためにいろいろな約束をしたんだと思う。
 私たちには言わんけどね。機構と協定も結んでるしね。
 これからどんどん膨らむかも?


公共下水道

 400億円(議会での説明は、その内半分は国が補助する)。
 西日本新聞によると、400億円でなく607億円になっていた。

 駅東区画整理事業のために、下水道事業を急いだ。
 浄化センターを海岸ではなく、少し離れた所に。事業費、割高に。


● JR福間駅建替20~30億円

 駅東区画整理事業のまちびらきに間に合うように、JR福間駅を建て
 替える。
 新しい市になったからといって、新しい駅にする必要はないと思う。
 しかし、人にやさしい駅、裏側から利用できる駅は必要。
 JRが建て替えたいなら、JRに造ってもらいましょう。

【便利な駅に】
 1)裏側に道を造る 2)裏側に改札口を 3)表裏の自由通路を
 4)JRにエレベーターを設置させる


● 駅前広場 20億円

 今、大変混雑して危険。広場の整備もだが、この混雑早急に解決する
 ためには、駅裏から利用出来るようにすることが最優先だと思うけど。


今後の予定

● 道路

 国道3号線と旧3号線を結ぶ道

 国道495で玄海・津屋崎から福間までは、渋滞なくこれるが、
 あとは、花見とか原町の団地の中を通勤・観光客の車が。
 住民は危険にさらされている。

 そもそも国がいい加減。
 北九州から福岡までの海岸線の道を、途中までで止めとうとよ。
 道路建設は、後先考えてしてほしいよね。

 政府が環境問題をもっと考えていたら

 津屋崎からの西鉄宮地岳線の利用で、車は減っていたに違いない。

 売れればいい、儲ければいい、という世の中ではなかったら、車で
 通勤、というのも減っていただろう。

 労働時間にゆとりがあれば、車通勤も減っていたに違いない。
 そうなっていたら、JRをくぐるような、お金がかかる道は、必要
 ないかも?
 「せまい日本、そんなに急いでどこへ行く」という標語があるけど、
 福間って狭いとよ。
 国道3号線と旧3号線を結ぶ道は、福間をでてすぐの古賀市花見と、
 宗像市の手前の小竹からの二カ所にあるとよ。
 ゆったりした生活なら、この2ヶ所で十分だとは思うけどね。


● 市庁舎

 市長が初心表明で、「任期中にどちらか1ヶ所(今2ヶ所。分庁方式
 で、福間と津屋崎に)に決めるか、新築するか、市役所は1ヶ所に
 する、と。新築だと何十億円かかるか?


すでに多額の

● ゴミ焼却場 に毎年 数億円

 ゴミ減量で焼却場は適正な規模にすべきだが、なぜか、福間にあった
 焼却場を建て替えた時、宗像市と古賀市の2ヶ所に建設され、しかも
 大きなものが。
 福間から古賀に決まった経過も?
 また、説明では、一旦燃え出すとゴミだけで燃え続ける、という話
 だったが、ゴミが足らなくて、助燃剤が使われている、ということも
 聞いた。


まだ消えていないずっと前からの計画

● 水道事業

 宗像市と福間の浄水場を一本化し、宗像の多礼から福津市すべてに水を。

 昨年度から、福岡水企業団の海水淡水化事業の水を買っているが、
 水は要らなくても、お金は払わなくてはならない。

 ダムができれば又その水を買う。ダムの建設費まで含んだ高い水を。


ベッドの上で思い出し思い出し打ったので、正確に書けないのが残念!
こどもの時と較べると、記憶力が、ガタンッと落ちとうね~。


♥ More..Open

 



駅東開発の大幅見直しを・大久保(日本共産党)一般質問(2)

大久保さんへの答弁の中に、「あるチラシ」と、出てくるとよ

 「あるチラシの中に、169億と。基本的に駅東関係53億。
  極力下るように努力をしている。110億円は福間域全体のかんきょ
  の分。駅東の分も若干は入ってきますが、認識はちょっと。」


人口9千人の見直しもしている。総合計画の中できちっと。

造成工事、赤字になったらどこが負担するのか(大久保)

 事業費151億円(地権者の持ち出し)は、変っていない。
 赤字(の負担)は、市は考えていない。
 平均減歩38%で機構は詳細な計画を(している)。
 赤字になると、造成のレベルを下げるとか。
 151億円は地権者の減歩(によって。土地を売って事業費を捻出)


全国あちこち売れ残っとうとよ。赤字になりようとよ

  それやき、まとめてパッパッと売ってしまおうと思うたっちゃね。
  最初はなかった巨大商業施設の計画が急に浮上してきたとやね。


この開発、もともと無理な計画やったとよ

  住宅需要が伸びる予測が立たないのに、巨大開発にこだわって
  進めるもんやき、いかに早く、しかも赤字が出らんごと売って
  しまおうと考えたっちゃね。
  用途を見直し、計画地域107ヘクタールの13%をこえる
  14ヘクタールものゾーンを、商業施設を呼び込む計画に変えて
  しまったっちゃね。


都市再生機構の「中期計画」

 赤字を抱えた住宅公団が、民営化された都市再生機構の「中期計画」
 (国土交通省ホームページより)によれば、新規のニュータウン
 開発は、やらないという方針です。それを福津市が無理に頼んで
 計画を進めているため、それまでの開発では、やったことのない
 市負担による大サービスを次々と市民の納めた税金を使ってやろうと
 しています。
 福津の貴重な自然を壊してまで、すすめる価値があるのでしょうか。



ただ今議会中
 日が経つにつれ、ますます気になってきました、市長答弁
 
11月27日の大久保さんの質問に市長が答えたとよ。
 「駅東、大型商業施設の誘発が可能に
 なりつつある」
と。

この中でわかったのは、最初は住宅を計画していた3号線沿いに、
14haの大型商業施設を考えているということ。
  そういやー、やけにあちこちで、福津にはこんなに購買力がある
  のに、宗像や古賀に流出している、という、アンケート(市)結果
  を見せられたなあ。


東郷や田熊の二の舞にならなきゃいいけど

  隣の宗像市に大きなショッピングセンターができたばって、
  団地が高齢化し、購買力が落ちたのか、店は撤退したとよ。
  今は、違う店舗が入っているみたいやけどね。
  東郷や田熊は高校の時の通学路やけど、ショッピングセンターが
  できてからは、見る影もないほど、寂れてしもうたとよ。


困るもんね

  母は、やっと動ける範囲で、シルバーカーを押し、買い物に。
  お茶や・電器屋・パンや・八百屋・呉服屋・布団や・仕立て直し、
  ま、たいていのものは近所で揃うとよ。
  東郷のごと、個人商店が撤退したら、生きちゃいかれんとよ。


市長は、先のこたー考えとっちゃか、駅東の土地が、パッと売れるだけ
じゃいかんとよ。そげーしたら、どうなるか、考えらなね~。



昨日のこと

朝一番に印刷やさんに、チラシの訂正文を持って行く。
それから議会へ。途中で9時の時報が鳴ると、整形外科に電話で予約。
予約は、11時に。「11時には終わらんよ」と言われ、あわてて
 予約のし直し。遅くとも12時までにはきます、と。
 いやーよかったよ、予約し直しとって。


「今日の質問は2人、早く終わる」と思ったのが間違いやった

 いつもなら、もう少し早く終わる大久保さんが、駅東区画整理事業
 西鉄宮地岳線のことでねばったとよ。
 市長や部長の答弁も、長いとよ。
 福津のためには、何が何でも「駅東」。
 169億円の内、110億円は、公共下水道事業の福間全体のための
 必要な工事で、「駅東」とは、関係ない、と、とうとうと、答弁しん
 しゃーとよ。


答弁に答弁?したい!

 そんなこたーわかっとったい。
 「駅東」のために、はよ下水道を完備せないかん、と、「海岸近くに
 浄化センター建設」案を、市長は、早々とあきらめたとよ。
 町長が変わったっちき、新町長(現市長)が、地元に、お願いに
 行ったら、もしかしたら、オッケーがでて、浄化センターは、山側
 ではなく、海側になっとったかもしれんねー。
 はよ建設したいばっかりに、少し?お金は たこなるばって、山側に
 決めてしまったと。
 山といってもそんなに高くはないけどね。
 そればって、受ける浄化センターは3号線の向こうやき、ものすごー
 く深く掘ったとよ。
 上から眺めるとゾッとするくらいにね。
 そしたら、山側へも自然流下で流れる、という仕組みよ。

建設中の浄化センター


 決める時は、議員じゃなかったし、ウラも知らんやったし、松林も
 どんな松林か知らんやったし、松林を守るためには、仕方が無いのか
 なあ、なんて考えながら傍聴しよったとよ。
    (私のこども時代の松林とは違ってしまっていました。)


「駅東、、、、」は、公団・都市再生機構が一度は止めた事業

 だいたい「駅東」そのものが、公団が「止めた」と言った事業よ。
 「止めた」と公団が言った時、町長(現市長)は、
 「開かずの踏み切り解消のために、自由通路だけは、先に造る」、と
 言うたとよ。
 そのあと、他の議員や町長は、上のほうのあちこちに陳情にいって、
 見通しがつきそうになったら、町長は、「自由通路だけは」、と
 言ったのを忘れてしもうたったい。

 「駅東」のために公共下水道事業、そのために、東側から乗降できる
 ように、駅舎の新築、その時いっしょに、駅前広場に、公共下水道の
 ためのマンホールその他もろもろよ。
 工事のために、駅前駐車場は、2年ほど使えないし、西鉄宮地岳線
 廃止まで重なったとよ。
 今でも、駅前は、殺人的車の混みようなのに、工事が始まると、
 どげ~大変になるか わかっとうもんやき、2人の質問は なごなった
 とやね~。

 で、2人目の人は、ブザーまで鳴ってしまったと。
 ま、整形外科には、12時数分前に到着したけどね。


午後は、女性後援会の人と街頭宣伝とチラシ配りよ。
久しぶりの街頭からの訴え、やっぱり疲れとったっちゃね~、
うちばちゃんが、パソコンを扱いよう間に、たまらんごと眠くなり、
起き上がりきらんやったとよ。

そして今日は、駅立ち。向こう側には、大久保さんもちゃんと
立っとんしゃった。

昨日の街頭宣伝の時、言い忘れたばって、この大きな事業のために、
市長は、町長時代から、「将来の公共事業に備えて」と、あちこち節約
して、毎年、数億円、積み立てたとよ。

節約はいいばって、
福祉を削る、というのは、節約とは違うね~。

駅立ちの前とあとに、打ちました。



一般質問2日目終わってみたら

 駅東区画整理事業は、共産党の専売特許かと思ったら、二人も質問
 しんしゃったとよ。22日、24日各一人ね。
 終わってよ~く考えたら、二人とも仕事が仕事やったや。
 私でもおんなじことしようけどね。
   介護保険が始まって、ばあちゃんの風呂の回数が減った。
   こどもたちの「自分もかまってほしい」という声を叶える
    ために、30人以下学級を。
 だから、議員になってからは、介護保険の改善と30人以下学級は
 必ずとりあげてきた。

 二人とも推進者・駅東区画整理事業
  
  一人の人は、国交省に陳情に行き、議会も強力に、、、、約束。
  びっくりしたばい、突然、憲法23条の3項、という言葉が
  聞こえたき。特別な損失を被る地権者には保障、、という言葉も。

  23条ってなんやろか、とみたばって「学問の自由は、これを
  保障する。」やもんね。私も、耳が悪くなったちゃね~。
  該当するのは?と、探したら、29条みたいやね。
  「私有財産は、正当な補償の下に、これを公共のために用ひる
  ことができる。」と、あったもん。
  
  それにしても、会派の他の人に質問をしてもらえばよかったのに。
  地主さんであり、不動産業である人が質問したらおかしいばい。

  もう一人の人は、開発は計画通りに進むのか。一抹の不安、と。
  自由通路も今、設置してほしい、とも。  そして、
  駅東開発は、多くの住民の大きな期待、って言んしゃーとよ。

  私も、はよ、造ってほしいや。自由通路。
  公団(今、都市再生機構)が、計画をや~めた、と言った時、
  町長(現市長)は、自由通路だけでも先に造る、と言うたとよ。
  実際には「造る」じゃなく「ほがす」と言んしゃった気がする。


日記を書きながら質問通告見よったら、次は、大久保さんの
「駅東開発の大幅見直しを」やったや。月曜、9時半からやね。



見坂トンネルの開通後の計画について

  開通後どのような計画を考えているのか?(24番目の質問者)

   市長答弁
    このころは、駅東、造成工事が出来ていると思う。
トヨタ関連企業の優良な住宅地として、誘致を積極的に。


若宮から香椎へ車を

見坂トンネルは、本木から若宮に行く時、見坂峠がくねくねで大変
やき、山に穴を開けるとよ。
上西郷小学校の少し先から、山の方に角度を変えると。
そして、トンネルで一気に若宮へ。今は合併して宮若ていうばって。
そこのトヨタの工場から車を香椎まで持ってくると。
   香椎パークポートか香椎ポートパークか、どっちか忘れた!
   軍艦が来ても大丈夫なような港がもう出来とうとよ。
              (横文字はダメばい。)


通称トヨタ道路

何年か前から、な~も工事せんき、もう、あきらめたかと思っとった。
トヨタは、高速道路の若宮インターから車を運ぶのは、運搬賃が高い
き、いややったっちゃろうね。
で、トンネル造らして、県道は、道をまっすぐにするために、西郷川
の形まで変えたとよ。


県はせこいけど、トヨタは、そのず~っと上よ

西郷川の流れを変えるとき、近辺の土地(田んぼやったかな~)を、
県が購入。
県は、要る分しか買わんとよ。
田んぼがちょびっと残ってもどうしようもないき、売る人は、全~部
売ると。で、残りは町が金を。
2000万円ぐらいやったと思うばって。
今は、ほとんど利用する人がいない公園に変身!しとるよ。
この工事にもお金がかかったけどね。       


公園が出来たから、家が建つのかしら?

最近、この公園より、まだ山側の人と話す機会があったんだけど
「家が建つと思って楽しみにしています」と言んしゃるとよ。
悪かったばって、なんで公園が出来たか、説明したとよ。
公園用の土地、と言って買わんことには、理由がないもんね。
まさか、トヨタ道路のために、県が買わない分を買いました、なんて、
口が裂けても言われんもんね。


国会議員に会いに

今日、質問した人は、東京に行った時、渡辺ともよしさんの事務所に
寄ったげな。
そしたら、連絡が来て、19年末から着工と連絡があった、と。
県にも確かめた、て、言いよんしゃったばい。


もう、替わってほしいばい

来年は、知事選。
何千億もかけて、ダムを作る計画が県にはあるし、トンネルも、
新福岡空港も、となれば、金はいくらあっても足りんばい。
知事さんは、違う人になってもらわないかんね~。



駅東の区画整理事業を説明してほしい、と言われ、持っている資料を
コピーして出かけた。事務所でコピーした分は、すべて裏紙を使った。
最後のページには、ちゃっかりと、自分の考えを述べた意見書の裏を
使った。初めて見た、と言われたので、日記に記すことにした。


福間駅東土地区画整理事業についての意見書   2004・1・14

 福間町に住んで45年をすぎました。
 大水・台風で怖い思いをしたことは何度かありましたが、大変
住みやすい所だと思っています。
 今回、この区画整理事業のことについては、大変危惧しています。
 それは、大雨のときのことです。
 町の水田の五分の一がこの区域に入っていると聞いています。
 私が小学生のとき、西郷川はあふれ、道も田もわからなくなり、
橋も流されてしまったことがありました。
 地球環境の悪化のせいでしょうか。最近は、福間でも時間雨量50
から70ミリの雨が降るようになりました。海もすぐ近くです。満潮と
重なるとどうなるか、調整池だけでは大変心配です。

 世界では飢餓人口が8億ともいわれ、それが減ってないばかりか、
食料不足はますますひどくなると予想されています。
 そういうなかで、コメ・水田・稲作があらためて見直され、国際コメ
年となったのではないでしょうか。
 JR福間駅に降り立ちますと、目の前の田園風景にホッといたします。「帰ってきたんだな」と、しみじみ思います。

福間駅東   福間駅東02


 様々な、そして重要な役割を持つ水田をなくすことは、地球環境の
面からも人類生存の面からも大変なことではないでしょうか。
 小さな町に住んでいても、考えることは大きく、地球全体の問題と
して、とらえる必要があるのではないでしょうか。

 この事業で、開かずの踏み切り(鞍手踏切)の解消や福間・古賀間の
通り抜けのために大変危険な原町団地の交通事情の改善を、住民の
みなさんは期待されているのではないでしょうか。
 そしてより多くの人は、この事業そのものを知らないのではないで
しょうか。町が便利になればいい、という問題ではなく、それはそれで
考え、できるだけ少ない予算で満足のいく解決をするべきだと思います。

 予算の面でも、住環境の面でも大きな事業です。地権者だけへの説明
でなく、町民全体の意見を聞くべきではないでしょうか。
 広報と一緒に1枚の計画書(案)を配られたぐらいでは十分な説明
とはいえません。

 まちづくり、特に住環境の整備は、計画的に行政がやるべきでは
ないでしょうか。
 「住みやすくしてやるから土地を提供しなさい。精算金を払いなさい。」では地権者の方も納得されないのではないでしょうか。
 地権者の、減歩、という犠牲の上に成り立つ区画整理事業、事業が
終わってから「しなければよかった」ということのないよう、悔いの
残らないまちづくりを、子や孫に胸を張って誇れる福間町に、と思って
います。

いてもたってもおられず、生まれて初めて『意見書』というものを
書きました。
2004年1月、県に提出。7月、国土交通省は「この事業そのものが
水田を無くさないとなりたたないので」というような回答をよこし、
7月30日事業認可を出しました。



 朝、7時から8時まで、JR福間駅前で、『教育基本法の改悪を
やめさせよう』のビラを配る。
 高校生が何人も受け取ってくれたり、ご苦労さんの声に励まされる。
 いつものなじみの、作業車からの大きな声でのあいさつに、ウーン、
やっぱり、朝立ちは気持ちがいいなあ、と一人で納得。
 
 車がいっぱい!
 
 それにしても、送ってくる車が増えているのにビックリ!
 東側からの通路を造っていれば、こんなには混まなかったのに。
 「自由通路だけでも早く造る」とか言っていたのに、駅東の区画整理
が、中止から再開になると、それにあわせて、駅舎や自由通路の建設、
となった。
 
 田んぼをつぶしての区画整理、これには言いたいことがいっぱい。
 今までにもいろいろ言ってきた。言ってきたことは後日書くことに
するが、今日の赤旗には、日本の穀物自給率が28%になっていること、
日本が金に飽かして食料を買いあされば、アジアの人たちが困ること
などの記事があった。
 
 そういえば、区画整理事業の認可は、国連が決めた『国際コメ年』の年やった。
 飢餓人口8億、これを減らそうと計画したが、何年経っても減らない。で、国連は、『国際コメ年』を決めた。
 コメは栄養学的にみても、麦などより優れている、というので、コメ
をつくろう、となったと思う。が、日本政府は、コメの減反は続けるし、
この年、福間の駅東の水田を埋め立てる区画整理事業を許可した。

 県の宣伝カーで、福津を回った後、引継ぎの宗像市まで案内。
 事務所の前の大きな田んぼが、広い駐車場になっていた。
 自分の一部がそぎ落とされるような気持ちになる。
 
 小泉さんがいつか国会で言っていたなあ。
 「・・日本は、車などを輸出せないかんでしょうが・・」
 そのために農産物を輸入するのか、百姓が守ってきた、狭い耕地・
山間地、田畑、壊してまでも。
 人間、車では生きてはいけないが、コメだと生きていけるよねー。
 どこかおかしい人が多いいよね、政治の世界の人は。
 オット、政治の世界の人だけではなかったな。





«Back | Top | Next»